« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

獣道も道のうち・・(2018・4月1日)

 {月いち}でのヴォイストレーニングも軌道に乗った感ありです。{東京芸大}と{劇団四季}経歴のモモ先生から{声帯が半分稼働していない)と指摘されたブン爺にNec_0025とって、{声帯を作るには体をつくることから}との先生の指摘に、先生のプロ仕様のストレッチを漫画に画いて取り組んでいます。 なんか体が微熱に包まれています。 厳しいけど(半分の声帯を再生させる)ために今は前のめりに倒れるしかない心境です。

 

 

 Ω(オメガ)のスピードラーニングの第2弾は『 漫画 』で。 そしてそのタNec_0026イトルは『ママと赤ちゃんの理科の時間ですよ!』・・と決まったところで、また数年の荒海に漕ぎ出しました・・と先般書いたと思いますが、「ハラヤノート」に漫画の構想のスケッチのイメージ書きが三つ四つ見え始めました。 まさに「獣道も道のうち」です。 いい傾向かと。 

 

 (理科ちゃん人行)・・かどうか。
県民会館のコンコースによくいろんな展示物がありますが・・何気に一枚のポスター
Nec_0022に目が。 農水省の国産を食べよう・・とかのキャンペーン。 この青色が国産の牛肉とのこと。 ところが近寄ってよく見ると・『 国産とされる牛で飼料まで国産のはその内の11%・・との記述が。 ボクは数学は(も)ダメですが算数ならできます。 つまり40%のさらに11%ということは完全な国産の牛肉は約4.4%しかない・・ということになるのでは。 うちのカミさまなどは&~%!*+などと居丈高におっしゃるけど、結局100グラム2000円あたり以外の肉はみんな外国の飼料でできた肉ということでしょうか。

(漢爺ノート)・・@ 曲者(くせもの)の曲の部首を調べていたら⇒日にみえる部分で正確には『 日の中の横線が右に届かない字⇒曰(ひらび)』とのこと。 で「ひらび」とは口(くち)から何か発する・・という様を文字にしたとのこと。 師曰わく(しのたまわく)とか、曰く付き(いわくつき)などに使うとのこと。
@十手・・と書いて(じゅって)と読んでいたけど(って)が正しいのですね。

 

{ 春めいたPHOTをと思いましたが天候が不順で取り損ねています。 次回こそは・・ }

| | コメント (0)

「 認定老人保育士 」・・2018・3月15日

 つい先日、熊本のD保育園(もう5回目?)に斎藤メソッドの交流に行ってきました。Photo_2



まさに・・「認定老人保育士」です。 ただ地球科学の勉強のしすぎなのか初日に頭が切り替わらなくて迷惑をかけた感ありでした。。 今後は何かしっかりした対策が必要。 それと3日目あたりには声帯が衰えて・・? でも職員も園児もこんな爺に暖かく接してくれるのです。 もちろん100人を超える園児数ですので職員さんはもっとおられますが。 (肝心の副園長のSさんが写っていない。ゴメンです。) 


 『理科ちゃん人行(にんぎょう)』・・(シリーズにするつもりですが。。)
 大好きなイモトの南極行きの番組で(南極では空気に不純物がないので吐
く息が白くならない)と写していました。 なるほど!!いいぞ・いいぞ!! ところが肝心の南極点には巨大なアメリカの科学基地が・・。(その施設から排出される~~で吐く息が白かった。。 シビアだ)Nec_0028
 シマウマ・・この写真のはグレビーシマウマという種で黒の部分が特に多い種ですが。 そのことよりシマウマが何十頭と走りまわるとライオンなどは目が回るのでは・・という見解が科学書に紹介されていました。・・さもありなん。

 シリーズ・・『漢爺ノート』
せんえつな例えですが、私の「絵でみる・・」の本を「印税は入りません・・では現物で」の流れで手元に何十冊かあります。 それを一定安くお分けします・・・という意味で『価(りょうか)は○○円でいいです・』・と言っていました。 ところが先日辞書をひくと出てきません。 あれこれ探して『領価という漢字はでなく『価(はんか)』という』のだそうです。 布(はんぷ)会などでつかう字ですね。「領」は領土などの字。。 でも(りょうか)という誤用が世間で通用している気がするのは私だけ??。
Nec_0025
 D保育園からつづいて、同じ熊本のH保育園にも交流に行きました。 園から100メートルもあるけばご覧の光景が。 阿蘇(外輪山と思うけど・・)がはるか遠くに見えます。 しかし地球地理学の爺にはこの大地の下に熱せられた巨大な地下が見えてしょうがありませんせんでした。 さすがにそんなこと園の方には言いませんよ。 しかし保育者歴20~30年の方が何人もおられて質問もすごい剛速球ばかり。 大丈夫かな・・と思うけど次回の希望もありました。 真摯に向き合うしかありません。 

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »