« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

「 いのっちストレッチ 」・・(2018・3月1日)

 「生命舞踊」・・数年間お世話になってきた松江の先生から半年前に袂(たもと)を別れました。理由は先生の踊りがなよなよしてきた(・・と自分に思える)からです。 Nec_0031_2


その代わりに高知に見込んだ先生が見つかったので年3回ほど通って学ぶこととしたのです。(写真は10日ばかりも続いた大寒波も落ち着き雪の残骸・・のつもり。。近所)

 でつい先日今年度3回目として高知に行ってきました。 「先生、90歳で舞台に立ちますからその時ゲストとして来てください!」・・と言うと「まあステキ!」と。 ・・あっけらかんとした先生です。 しかし・・高知の街は『 昭和の匂い 』がプンプンプンプンしてるなぁ!!
Nec_0035



 ところでここだけの話になりますが。。 高知の街には何気に『その時のための避難階段』が見られます。 南海トラフの地震によって30メートルもの波が押し寄せるのでしょう。(写真は伯備線の庄山あたり・・野山にどことなく春のきざしが・・)
 なぜ『ここだけの話』かというと・・『高知』の知はが語源ではなNec_0034いかと。 ・・そう首を回せば



山々の中腹や頂上あたりにたくさんの集落が見えるのです。 古代の人は数百年ごとに30メートルの津波がくることを知っていて山に集落を構築したのでしょう。 (写真は伯備線の新見あたりの山に張り付いた一軒の家。 いずれもやくも号の車中から撮ったのですから不鮮明ですが)
なので新見あたりのこの山がもし高知なら、数百軒の家々が山の上まで屹立することでしょう。次回は大歩危駅でおりて少し山を散策しよう
。(けっして大歩危の谷を覗くなどはしません。ジジイはよろけて転落しますので。まあいつものように・・高説・・いつものように個人の感想とひらめきですが・・ )

 エッ。。(たかが踊りで高知まで・・贅沢なものね!)・・ あなた・・猛烈な吹雪=ホワイトアウトのなか朝4時から遭難覚悟で毎日バイトで彷徨する。。こととのバランスです。
ああ・・タイトル・・結局松江では元のおどりの生徒たち数人で「いのっちストレッチ」という名で自主練習会を3月から始めようかということなのです。 まあ部活ですね。 なにげに高知はひどく寒かった!!やっぱ海風ですもんね。

@@月末・・熊本に一週間ほど斎藤メソッドの交流に行ってきますので前倒しでUPです。

 

| | コメント (0)

「遭難中」 ・・ (2018・2月15日)

 島大キャンパスの大イチョウに雪がまとわりついています。 Nec_0029_2


ポエムを感じるより人体の血脈を連想する爺であります。 がこの下では、4月に入学するだろう学生さんの親子がアパート探しで春めいた空気も(よくわかりませんが、推薦などで入学が決定している生徒さんなのでしょうか)
Nec_0026
 この本お薦めです。 アメリカ発の本と思いますが、奇跡的に文章がやさしい。 図解も親切。 『シマウマの縞 蝶の模様』という本です。是非!!

 

 そしてさらに、この『有機化学美術館』という本もおすすめします。
Nec_0030
 中は原子構造が完全(3D)の図解でおもしろおかしく解説されています。
 思えば20年前、アルゼンチンで斎藤メソッドに偶然の形での再発見に遭遇しました。 それはまるで『遭難』のようでした。 いままた85歳までのスパンで勉学・研究にいそしむ日々はある意味『遭難中』 ・『難破中』といえると思っています。


@ 漢爺ぃノート・・「汚名をぐ」→雪(そそ)ぐ・・な~るほど。 


| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »