« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

原始生命体・・(2016・9月1日)

 久しぶりの花・・というか木の実。 『山ぼうし』。Dvc00002
何年も前から気になって気になって・・。 というのは自分が子どもの頃、秋になると裏山に入ってこの実を独り占めしていたものです(どういう訳かほかの兄弟はこの木にとっつくことがなかった・・)。
 なぜそんな奥
にポツンと違和感まるだしであったのか。 何代か前のご先祖様が子孫の子供にと植えたのだろうか。
 つい2~3日前、この街のあるお宅に庭木としてありました。 道路に落ちているのをいただいて、「この味に間違いない・・」と。 そしてそのお宅にお声をかけ家人にも食していただきました。 まぁ~食べれるんですね・・と。 とてもとても上品な味です。 55年ぶりの秋
Dvc00004_2の大味覚でした
 私家版「オメガのスピードラーニング」は一日30分から一時間のペースです。
 この画面の四角でかこったところは音楽ネタです。
その辺のを吹くとある音(ド)が出ます。 そのまま少し強く吹くと(ミ)の音が出ます。 もう少し強く吹くと(ソ)の音が出ます。
私たち人間がド・ミ・ソの和音を気持ちいいと感じる根源がここにあるのです。
原始生命の体が筒構造(ハラヤはマカロニ構造と名づけていますが・・)で出来ており、そのマカロニ構造は人間の体にも引き継がれているのです。
・・とまあ・・きわめて学際的な事象を面白おかしく・・というのがこの私家版の目的です。
Dvc00003
 一週間前岡山に日帰りで行ってきました。 おめあてはこの展示。
 いわゆる恐竜展などと違い魚にいたるまでの原始生命のがメインでした。 (・・なので行ったのですが。)
あまりの展示の多さと極めて専門的な内容に一般の方はどうだったのでしょうか。  ましてや子どもたちにとっては・・。
夏休みの自由研究・・的な感じで来ていた多くの子どもの中には大声で泣き出す子も。 
それがある意味不気味な場内の雰囲気にひどくマッチしていました。
原屋に事前に相談してくれれば恐竜の鳴き声とか、原始生命の動きを踊ってみ
よう・・とか、いろいろやってあげたのに・・相談なしでやるから・・モ~ゥ??




| | コメント (0)

イチ・ニイ・サンまごちゃん・・(2016・8月15日)

 お盆は混むからと帰省を一週間前倒しにして、一、二、三まごちゃん御一行が一日半ほどハラヤハウスに。Dvc00004
三まごちゃんの「ままごと」。 「キンキ!ハイ!オカシやで~」・・と、ようしゃのない関西弁で
。 しかし大きなくちを開けるわけにはいかない。
キンキの部分入れ歯を見られてはいけないので、バクが物を食べる(正確には見たことは無いですが・・)みたいにくちをすぼめたままパクツ・・といただく・・・という・・ギリギリの水際の努力を。。
 せめてマゴの前では落ち度のない人間で終わりたい・・というはかない願望が・・
(まさか実名が〔落ち度低左衛門〕だったとは葬式から10年も経って気が付きますように・・というはかない願望なのです。)。 なので私の葬儀での焼き場にはマゴ達は立ち会わせないように神さんに頼んであります。

 

 二まごちゃんは「クルマを作りたい」・・と。Dvc00003
汗だくだくで(80%はジジが)・・らしい物を・・。 しかしやるうちになにかフツフツと体が思い出したことが・・。 そうキンキ(じいじ)は子供のころ「工作少年」だったことを。
この煎餅みたいなタイヤ(のつもり)は丸い棒状のものをカットしたのでなく、平たい板を糸ノコでくり抜いたもの(これだけで一時間)。 二まごちゃんにはどう伝わったか解らないが自分のDNAはすこぶる愉快な時間でした。 60年ぶり・・ということです。 うーん工作か・・。

  いっぽう一マゴちゃんはファーブル・・なんとかを読むのに忙しそう。。 とはいってもキンキとのお店屋さんごっこはしっかりと。 ジイとしては彼女が10歳まではお店屋さんごっこをやるつもりです。
Dvc00002
 さてちかごろはクーラーの効いた公民館で『 「オメガ」のスピードラーニング 』と名づけてある手書き資料の作成に取り組んでいます。
まだ2枚目ですの10枚目ぐらいまでいったら内容を報告しましょう。 全体としては(見当がつきかねますが)40枚ぐらいになるのかも・・。

 

| | コメント (2)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »