« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

終活・・(2016・8月1日)

 奥出雲に向かう「おろちトロッコ号」の車内です。 Dvc00004_2
別にトロッコ号に乗るために・・でなく昔は松江との直通便があって1時間45分ぐらいで行き来できたのですが、今は乗り換えが2回もあって、へたをすると4時間以上もかかる。。 そのため用もないトロッコ列車に乗ったりして(別途料金まで払って)なんとか3時間で奥出雲へ。
 2年前に死んだ私の兄の墓参り・・と、仁多地区の公民館と社協に『奥出雲・田植え歌』の話をしに向かったのです。
 2ヶ月だか前、奥出雲出身の高齢の方と松江の老人施設で『田植え歌』を楽しく唄っていた・・フト・・その時、こんなすばらいい歌が地元で唄い継がれているのだろうか・・とどうでもいい感情が・・。

 

 話変わって・・我が家の車が止まっていた場所に真新しい電動Dvc00002機付き自転車が。 10万円なり。
実は3ヶ月前からの持病・・とは耳の病気なのです。 左の耳が難聴と不具合があり音が立体的に把握しずらい状況となりました。
それで車を処分し(売り払い)アシスト自転車にしたのです。
まあ・・自転車とバスと徒歩を組み合わせての人生となりました。
上のお題の田植え歌とも合わせ人生のしまい方・・終活の人生に切り替えました。

 

 それでも・・意外と平静に時が過ぎつつあります。
西津田町の病院から袖師町への自転車旅(移動)。 幸町の裏路地を・・。 ふと昭和レトロの一角に。 見回せば10軒ぐらいの空き屋や廃屋が。
Dvc00001
道の突き当たりが袖師焼きの窯元。 そしてその手前の赤道(あかみち)を右にとって袖師町に抜けます。
郵便のお兄さんと道幅50センチを譲り合って。
赤道(あかみち)・・とりあえず手元の電子辞書で『赤』を引くと・・「ほんとうの」・・などの解説もありましたが。
終活・・などのつまらんタイトルより「赤道(あかみち)人生」・・とでもすればよかったかな


| | コメント (0)

街中トレッキング・・(2016・7月15日)

 後列右はじの矢島さんという方が主宰されている千葉県の民間の療育センターDvc00002に齋藤メソッドの交流に先日行ってきました。
アルゼンチンで外人さんにいつもやってもらっていた例の『イチ・ニイ、イチ・ニイ・・』を押しつけなくてもみなさん笑顔がとても素晴らしい方ばかりでした。
体調を考えてもらって1・5日ぐらいのやや短縮した日程で。
紹介することが限りなくありますが徐々に・・ということは次回もあるのかも。。
ともかく皆さん大変ありがとうございました。

 

ところで私の姿形ですが首が下がっていますね。 実はダンスヨガの先生からも指摘を受けているのですが。 首を上げよう(目の位置も高しよう)とすると実に実に疲労感を伴うのです。 どうしたものか・・。 答えですか? 華麗? おおきなお世話です。。

 

 この矢島さんはオリンピック選手を指導されたりするスポーDvc00004_2ツインストラクターでもある方ですが、その向こうを張ってみたいな話ですが、○○になります・・と街中を歩く私のアルバイト・・梅雨から夏場が山場(体力的に)なのです。
しかし松江の街には時としてこんな町裏も。
これは石橋町のほとんど人目につかない一隅ですが、名前を『土屋堀』と申します。 文章をはしょって綴れば・・その昔この左手からの敵の侵入をこの堀で守る。 そして拡大されると橋のように見えるものが・・これは入り口でなく民家の裏口・・その昔ここに橋の『様な』構造物を設置し、敵が来たらその橋をサット壊して、これまた侵入をふせいだか・・・。。
Dvc00003_2

 

 こうして強ーい日差しや強ーい雨の中を懸命に前に進む・・それはまるでトレッキングかエート・・トレイル?ともいえるレベルかも。 まあ私のことだから時にこうした風景にほっこりとして、ひとときなごんだり・・。
なので私の腕もこうしてなかなかの焼け具合なのです。
でも元来が田舎役者ですから、このブログを読んでいただいている頃には『腰が痛い!』・・『膝が痛い!』・・などと悲鳴を上げていることでしょうが。
・・業務連絡・・このブログへのコメントですが、先般よりなにやらブロックの状態となっています。 もとより素人ですので解決の技術も持ちませんし・・しばらくブロックの状態が続くかと思います。 すみません。

 

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »