« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

「史談会」・・かいきん・・(2015・6月1日)

150516_140124 この手書きの地図は出雲市の奥の佐田町から満蒙開拓に行かれた方のものです。 佐田町まで電車が当時走っていて、そこからの出発となっています。(廃線だけを訪ね歩く鉄っちゃんもいますが・・)

先日、満蒙開拓の悲劇を取り扱った映画を見ました。 松江でも7月に上映されます(・・前売り券を持っています)

その映画は、終戦のわずか2か月前に長野から村を挙げて2百数十名が満州へ。そして生活するいとまもなくソ連軍が。。 現地の中国の民からは侵略者のなれの果てとして・・の逃亡の日々。 結局死ぬだけのために行っただけ。 生きて故郷に帰れたのは2割程度だったという史実の映画化です。

『関連して・・戦艦武蔵・コレヒドール島・・と検索してみてください。フィリピンで沈没した戦艦武蔵の生き残った日本兵が、日本軍に捕獲され、無人島に拉致された史実です。 つまり戦艦武蔵の沈没を秘密にしておきたかったのです。 こうした風土・・現在も続いていますね。』 ・・・ と言う訳で、史談会系のネタ・・解禁です。 もとより力ずくで粗暴でヤニくさい力に埋もれさせられた[民の側の歴史を掘る]・・立場です。150517_142121

東本町の大橋館の近く。『Objects』という陶芸の店です。

温泉津の森山窯さんとか、大分の小鹿田(おんた)焼きとか・・ハラヤハウスと同じ目線の日常の器が並んでいます。

まだ若い店主(男性)も、もっさりした感じでなく↑150515_153848です。 お勧めです。

つい先日、平日というのに奥出雲の生家に一泊で行ってきました。(あれ、どういう境遇になったのだろう。。?)

なんとか深山の花を。。とがんばるものの↓でした。 

代わりにハラヤハウスの一隅。 

ハラヤハウスの監督(?)さん、腕が上がった感あり。。ですね。 

| | コメント (2)

結婚式の引き出物・・(2015・5月15日)

150426_141533_5 「わたし・おひめさまね。。○○(弟)は王子様ってことね」、「キンキは「けらい」ってことね!」。。「ハイ!おひめさま!」。

「らいねん・けっこんしき・するの」。 「ハイ!おひめさま!。。。。。けっこんしき の ひきでもの は まつぼっくり に 花 を 入れる というのは どうでしょう。。」

「うん・いいわね!」・・・強い日差しの下(もちろん木漏れ日の下で・・)。 こうしたゴッコが1時間も続く ・・でも、ここがガンバリどころ・・。

なにしろ、もう4~5年もしたら『 イチ・ニイ・サン の イチ マゴちゃん 』も、このブログを読む可能性大ですから・・。  (ああ、このオブジェ・・1か月前の灘町の街角で見たものをヒントに。。)

150425_143630_8 竹矢(ちくや)あたりです。 まさか今は、写真を物色して歩く境遇ではないですので・・死語になった・・いわゆる・・社長のアッシーで。。

ともかく、手前が○○。 そして遥か向こうに京羅木山。 春だな~ 、初夏だな~、日差しが厳しーい。

と、撮り終えて・・少し動いて・・あれ? 京羅木でなく星上山(ほしがみやま)だった。 そして田んぼに見えたのは『麦』。 「 麦か~ぁ! ](突然45年前のある光景がよぎる・・)

一畑(いちばた)バス・・の『美保関ターミナル』行き・・と毎日のよう140625_132155_2にすれ違います。

いつも『じーーーと』というか、『ギロッ』と睨むので、運転手も変に思ってるかも・・。 なぜか・・は・・次回に書くかも。。書かないかも・・。

そのテーマとは別に(いや多少関係あるか・・)、奥出雲から初めて外に出たのは6歳の時、親爺に連れられて(集落の親爺たちの泥落しの旅行 )・・国鉄で松江まで・・合同汽船で・・2時間・・美保関・・への大旅行。 (なんか、何年か前書いたかも・・)

今日はそこまで。。すみません。(ああ、この写真・・1年半以上は前のです。 ずーーと削除できずに・・生きながらえていました・・。)

▼追伸・・なんか毎回マゴねたばっかり?・・いや、マゴを話すことは自分の命を話していることなのです。 命のやり取りなのです。。
▼追伸2・・なにげに2か月まえあたりのジブンのブログを見たら、文字の間違いがあちこちに・・来月あたりにまとめて治します。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »