« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

別荘?・・まさかね・・(2014・9月7日)

 140812_170556 アマゾン・・デビュー。  人生始めてのインターネットでの本の購入(といっても、息子の嫁さんにオーダーしてもらいましたが・・)。

購入したのは『 もう一つの明治維新(中沼了三と隠岐騒動) 中沼郁・斎藤公子共著(創風社) 』です。

実は所属している「史談会」で、通常「隠岐騒動」とよばれる幕末から明治にかけての一時期、隠岐の島に住民による自治政治(コミューン)があった・・ということに関して、隠岐の島の「歴史探訪ツアー」を私に企画してくれ・・という話がもう数年まえからあるのです。

そこいらの話はまたいつか・・ということでお願いしますが、斎藤公子氏の先祖(家系)もこの運動にかんでいた。 で、25年近く前に斎藤公子氏の発願にてこの本が出版された経緯が。 私も数十冊は普及したと思いますが、本というもの・・人に貸すとそのまま・・が常で、肝心の基本の本が手元になくては・・ということで結局「アマゾン」という流れなのです。

 話変わって、奥出雲の飯南町(旧・赤来町)の琴引山のすそ野を反時計回りに回った奥地に県民の森・・というエリアがひっそりとあります。140824_081604

標高は1000メートルぐらいかと思いますが、ともかくなかなかの所です。(「もりのす」か「森のホテル」で検索を・・)

なぜこんなところに・・もちろん、そのうちにマゴちゃんたちを連れていけるところの事前の場所探しなのです。 行かれる方、心してお出かけねがいますね。

その「もりのす」の手前の集落に我が家の別荘が??140816_121222_2

??もちろん『ちょっと言ってみたかった・・だけ』です。 ただ、こんな山の集落に突然な感じがちょっと↑。

まあ地球のかなたで暮らしてみて・・つくづく・・1LDKあれば十分暮らしていけると。

● で、このレストラン・・星★★。 食事は・・星★ 1000円のプレートランチ。 店の名前。。ちかごろは一回で覚えきれないあるよ。140816_122349

このところ、このブログ・・グルメネタが多い。テレビで「孤独のグルメ」って番組の再放送を何回か真夜中に見ましたがとても感じるものがありました。

なにしろ仕事のことを書かない・・となると、マゴかグルメか花か斎藤メソッド・・あたりになってしまいます

| | コメント (0)

カープ女子・・(2014・8月31日)

140805_172311  毎年コイの季節(5月)まではそこそこ・・だが、暑い時期にはもう最下位あたり・・の広島カープ。 しかし昨年あたりから違うぞ。。

そして関東(東京)あたりでは,、とみにカープ女子が増殖中・・。 これは新幹線を貸切って(全車両ではないでしょうが・・)聖地である広島マツダスタジアムにむかうカープ女子のみなさんの嬉しそうな顔。

かくいうブンジイも、プレイにスポーツ感のないG・・から、スポーツ感が躍動ぎみのカープへと心変わりしました。  クライマックスシリーズに広島まで応援に行こうか(99%行かないとおもうけど・・)と、思うことだけでストレスの多少の解消になるのです。 もともと広島「市」の球団だった・・の話はもう古すぎるか。。

140804_090439 つぎは鳥取のガイナーレ・・というサッカーのチーム(三部リーグ)ですが、ブラジルのフェルナンジーニョが最近移籍して(10年以上日本のガンバ大阪とかでプレイしてきた選手ですが)・・ちょっと↑なのです。

勤め先の○○の方が、後援会の役員とかで・・・動きをチェックしないと仕事にならない・・感じも。。 まあ鳥取と島根では多少のライバル感もあるので、のめり込むことはないと思いますが。

 来月は地区の町民運動会。 役員が当たっているので出る予定です。 そしてあと3年して70になったらマスターズに登録、80で県のマスターズに、90で国のマスターズに出場するという当初の?プラン通りに。。??

| | コメント (0)

壁画の思い出・・(2014・8月24日)

140729_165503 先般の「ホップ・ステップ・ジャンプくん」の話をしていて、アレ・・確か・・斎藤先生が100人の年長にお話された。。時の記憶が。。うっすらと・・

そして確かぁ~。 壁画もしたはず・・。 あわててこの本を取り出しました。

そしてホップステップジャンプくん・・の最後の場面・・。 黒い山々を越えたところに悪いムラクの住んでる鉄塔が・・。(当然ながら、わわざと見えづらく写していますが・・)

ところで白の十文字に見えるところは戸の枠なの140729_140727です。 これが広い第2さくら保育園のホールをほぼ一周するわけですから。。 そして、この和紙も銀座の鳩居堂に先生を先頭に買い出しに出かけたものです。

たしかこの年。。。この壮大な貼り絵(あの・・土台の和紙は斎藤先生がつくり、年長さんが描いたものを切って貼る・・ということです。ねんのため )を3~4回されたと思うのですが、その確か・・一回目の時事件は起こりました。

この土台になる和紙を斎藤先生がグイグイ手で裁断し、ざっとテープで裏張りして、「ハラヤ!!夜にでも・・この裏張りを仕上げてちょうだいね・・」・・ 「ハイ!」・・と。 でも何十メートルにもわたる壁面の裏張りを一人で? と思いながら、まあ・・こんなもんかな・・とてもキチットはできないよ・・一人では・・。

翌朝、「ハラヤ! 出来たの?」 「ハイ、大体やっておきました・・」 。。。その日の午後だったか、全国から研修に来ていた数十名とさくらんぼの職員の前で、「みなさーん! この裏張りをハラヤに頼んだら、「大体やりました」と返事したけど、大体でも出来ていたと思う人?・・と切り出しました。もちろんだれ一人手を挙げる人はなく。それから30分以上私への説教が続きました。

あれから30年も経ってみて、一言でいえば【本気度がまだ足りないんじゃないの・・】ということだった気がします。そしてその人生の宿題は、まだものにしきれていない自分を、先生はもう一度叱るのでしょうか。叱ってくれないかもしれない・・・。

| | コメント (0)

おうちごっこ・・・(2014・8月17日)

140803_141229 マゴちゃんの子守。 なかなか大変あるよ。。

自称アイドルの「イチ」マゴちゃんが『アイ・オン・テゥー。。♪』と歌っているものだから、元トーイック受験者(○○点()としては発音を正したい・・『チュー』・・に治したい。アレ、「テゥー」でもいいかも。

「キンキのばあちゃん」が、ネットから歌詞をプリントアウトしている20分の間に、「二ィ」マゴちゃんとおうちごっこを・・。

戻ってきた大マゴちゃんもあわてて画面右側のお家を急造中であります。

140802_193525 天神さんの前のロータリーで夏の期間、イベントと食祭り・・みたいなのが定着しています。

で、わが『ダンスヨガ』の先生もメインの舞台に。。

これはお弟子さんのだから、やや~~です。 先生はこんなもんではないですよ。 (8月末まで土曜日、午後7時30分が先生の出番です、出入り自由ですので、みなさん、どうぞ)

≪至福の福祉≫です。(写真は本庄の朽ち果てかけた蔵です)

≪ユマニチュード≫という奇跡のケア・・が取りざたされています。 まあ、ググってみてください。

① 目を見る  ②身体にさわりつづける ③声をかけ続ける ④一140803_081931歩でも歩かせる・・というもの。

あれ!!??これって、「ひとねっと」のパクリ? というか斎藤メソッドのパクリ・・かも。 たしかに、イギリスの国営放送で斎藤メソッドが取り上げられて・・もう25年は経つし。。

アルゼンチンでも90歳の寝たきりの方に斎藤メソッドをほどこしたことがあります。 もちろん効果は↑。 将来・・障がい高齢者のための斎藤メソッドの実践・・もありかも・・と心のどこかで思っていましたが・・どこかで点が線でつながるか・・。

| | コメント (0)

元の木阿弥・・(2014・8月10日)

すこし前、米子の「苑(えん)」という食事どころに。。 なかなか・・・↑でしたよ。 

詳しくは、ネットで・・調べてくださいね(あると思いますが・・) ただ、予約はしていったほうかいいかも。。

140726_082828 さて、『ホップ・ステップ・ジャンプくん』です。

「創風社」の出版で現在も流通しています。 もとより『♪ホップ ステップ ジャンプ君 』の歌となっているし、『 ♪はずむよ はずむよ 』や『 ♪手まわしオルガン 』も歌われます。

ただ原作に、かなり現代的なアレンジがほどこされています(嫌味などない、とてもすぐれたものですが・・)ので、原作を求めて・・県立図書館140727_115839へ。。。

45年前の出版で『 子どもの人形劇集 Ⅱ(国土社) 』にありました。 H幼稚園さまほか・・関心のある方、最寄の図書館でアタックするようお願いします。 「ホップ・・」だけでなく、『 さるかに合戦 』なども載っていますよ。 

気が付けば・・ケアマネといより現役保父のような筋肉がよみがえりつつある・・まあ・・簡単によみがえるわけでもないですが、・・先般6月にH幼稚園で正直こりましたので。。 なにがこりたか・・というと、こういう筋肉は日常的に養っておかないと・・ということ。 これって、まあ『元の木阿弥』・・かも。。かな。。

● 「至福の~」的な話・・『 岡本 美鈴 ・ フリーダイビング 』で検索できる話です。  潜っている少女のほうでなく、インストラクターをしている方の話140724_163236です。

 酸素ボンベでクジラなどに近づくのでなく、素潜りで・・という方法をとる、その分野の第一人者(世界的にみても・・)。 最後にはクジラの方が追っかけてくる(もっと あそぼうよ!!そしてクジラちゃんが心なしか笑って?)・・という映像をBSで写してしました。

((この国ではあまり聞きませんが、アルゼンチンでは1歳ぐらいの赤ちゃんを2メートルぐらいの深さまで沈めて手を放す・・すると犬かき(まあ人かきなんでしょうが・・)グルグルット・・水面に上がってくる・・という場面を見学したことがあります。))

この岡本さんが開拓している分野は、もっともっと枝を張って行く分野と思います。 というか・・ブンじいも・・なんらかの方法でやる・・と思います。 まあ5年くらい先かな・・

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »