« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

ご連絡・・(2013・5月26日)

○ (Perdoneme, esta blog escribire cada 2 veces por mes desde ahora. Dia 1 y dia 15 por favor.  Porque mi trabajo esta muy ocpado.みなさまいつもご愛読ありがとうございます。130511_092421 

さて、このところ週一でUPしておりましたが、新しい仕事が何分にもハードでして、スペイン語がどうの・・・と言っておられない状況であります。

そこで緊急避難的に、とりあえず毎月『 一日 』 と、 『 十五日 』のUPでなんとかこのブログ・・持ちこたえて行きたいと思いますので、ご推察のほど・・よろしくお願いいたします。

次は6月の1日です。

| | コメント (2)

えころ爺(じい) (2013・5月19日)

130501_141709 ○(( Ahola yo estoy muy ocupado, porque ya empezo mi trabajo.  Perdon, esta semana no he escrito en espanol. ))  我が家の台所の水道です。  取っ手をわざわざこうして右にして「水」を出しているのです。

解りにくい話ですが、普通のまっすぐの位置では「水」が出るんだけど、機械は『追い炊き』をして・・・温水を作ります。 それは無駄な電気を食うことです。

電気代をうかしたい・・という話ではまったくありません。 『 日常の中の無意識の無駄 』の排除しようとすることはとても努力を必要とします。 でも、『 マゴにもわかるエコロジ― 』に取り組みたい・・ぶん爺です。130420_203012

○ つぎは風呂場の体重計が58・9キログラムを示しています。。

男性は、高校生の体重が理想・・という話を聞いたことがあります。 その話を鵜呑みにすれば、50年ぶりに私の体重が高校生の体重にまで下がったといことです。
 
・・になります・・のバイトと「ダンスヨガ」との相乗効果で、この2年で4キロしぼっての成果です。 これも立派な『 エコ 』なのです。 決してダイエットではありません。
私はエコに取り組めない人の『反原発』などの話には、あまり耳をかさない主義です。

130429_082256  写真が暗いのでお色直しに一枚。 お城近くの堀・・・水面に緑がしっかり溶け込んでいましたので・・。

さて、仕事の方・・・『 立っているのがやっと 』の日々が続いています。 ガンバレ! ガンバレ!

○ 久しぶりの、てーげーじゃない音楽祭・・本日は落語です。 最近の「げらげら笑い」の風潮と違って、いいですよ・・。 http://www.youtube.com/watch?v=WOEi5Q1xnrk

| | コメント (1)

春の光の中で・・(2013・5月12日)

○ このところブログの文章が長くなってました。  気持ちを変えて、シンプルに・・。

130425_163352

El no es mi nieto.  Este cajon de arena esta en una guarderia donde se practica el metodo de Saito. ) 知り合いのK保育所に史談会の用事で訪れると、春の光の中で子供たち・・うーーん・・2歳ぐらいの子たちが砂場で遊んでいました。

この子はこの時、その辺の芸術家も真っ青の『無我』の境地のことと思います。  この瞬間、どんなにか彼の脳は枝を広げつづけていることでしょう。
これほどの砂遊び・・。 そうです、斎藤メソッドの熱心な実践の保育園です

130420_071543 (Esta hierba se llama Itadori.  Por supuesto se puede comer.  Para nosotros que hemos criado en el pueblo recondito en la montana lo comestible es mas importante que el nombre. )   さて下ですが。 一般にはイタドリと言うと思いますが、私の方言では『さじっぽ』と言っています。  これでちょうど『 食べ頃 』なのです。

私のように山里で育ったものは、野山の草などを見て、最初に『食べれるかどうか』を、、いやほとんどそれのみを気にします。

2番目に、これは『カブレる』かどうか・・を気にします。 そしていつも書きますように、よっぽど余裕があれば・・名前を・・という順番なのです。.

○ (A proposito, se ha fijado mi trabajo.  Ya empece a trabajo como coordinador del seguro de asistencia publica para los ancianos. )   さて、3か月に及びました『就活』。 先般もう少しで『土下座?』をしそうになった福祉施設より 「!採用!」 の通知が来ました。 そして5月7日より、ケアマネージャー(介護支援専門員)として働き始めています。  そして、言葉でいいつくせないほどの初々しい気持ちで臨んでいます。 ご心配いただいた方、ひとまずご安心くださいませ。

ただ、かなり高度な『 守秘義務 』の生じる仕事ですので、ブログで具体的なことに言及するのは禁忌と考えています。 そのあたりどうか、お含みおきくださいませ。 ともかく、誠実にガンバって行く所存です。 

| | コメント (1)

いたいけな話・・(2013・5月5日)

130417_222348○ La primera parte del curriculum vitae es mi experiencia pasada y la segunda parte es trabajo actual.  En la primera estan escritas mis actividades de Argentina, pero, en la segunda nada.  No hagan caso a la primera.  Disculpeme a mis amigos deArgentia.  ! Ay!  )

この3か月、就活の面接の際、私の履歴書(写真上)を見て面接官は、見てはならないものを見たときのように顔から遠ざける・・という場面が続きました。

もちろん私の気のせいだと思います。 そして慇懃に断られる( もちろんこれも私の思い過ごしと思いますが・・)・の繰り返しでした。  もう待てない。 そこで先日、私の66年の経歴を、わずか『6行』にして(写真下)面接に臨みました。

面接の最後に「どうか拾ってくださるようお願いいたします!!」と絞り出すように言いました。 私はその時ほとんど「土下座」しそうになったほどの気持ちでした。

「一つ質問ですが、退職されてからここ数年は何をされていたのですか?」・・の質問が。 「来たッ!!」 ここでふんばらねば・・。 わたしは歯をくいしばって「すこし言いづらいので、勘弁してくださいませんか」と答えました。 そう、ここで「NGO」とか「アルゼンチンの活動」とか「斎藤メソッド」を口にすれば、また面接が壊れるのです。

終わって4キロほどの家へ向かう車のなかで、目頭が濡れるのに気づきました。 それは「今日の面接先の企業がどうこう・・」とか「私が不憫」・・ということではなく、『 アルゼンチンの人々に申し訳がない・・許して下さい・・ 』という思いでした。 

日本という国は・・などと言うつもりはありません。 私もこの国を作った一員ですから。  ただ私も含めてこの世間・・『 すこし[ いたいけない ]・・かも 』という気がしています。 それは『何事につけても・・『です。  

あの、念のために言っておきますが、この文章・・今回の面接先のことではまったくなく、なんというか、私は履歴をけずってまでもこの3か月の「逆差別」みたいな状況から、もう土下座をしてでも逃れたかった・・という話ですので・・念のため・・に。

130415_154447 ○ (Mirren estos cuadernos.  El derecho es de AR.  El verde es de la provincia de Formosa.   Pero, como este se pone viejo y cambie al nuevo.  !Ay ! Adios AR.  Y !Adios Formosa! )   上の記事と合わせたわけでなく、アルゼンチンで使っていたルーズリーフ(バインダー)があまりに年を取ったので、安いのに換えました。

「ノート命」のハラヤですが、これからはシンプルなもので間に合うでしょう。 でもスペイン語には『アディオス・アルゼンチン! アディオス・フォルモッサ!』と書いております。 3週間ほど前、秘書だったスサーナさんに『本当にもう行けないから、みなさんに再度伝えてください』・・と電話しました。

さて、土下座(実際はしてませんよ・・)の結果は・・。

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »