« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

幼児のボディーバランス (2013・3月1日)

半月ぶりのブログ・・・・なんかお久しぶりです。

○ (22.2.2013:  Tuvimos un curso de metodo de saito, en la munincipalidad de Matue con 20 adultos y 15 pequenos. )130222_112351  これは2月22日に松江市が行った『家庭でできる幼児のボディーバランス』というテーマの親子のつどいです。
というか集いが終わってからの写真です(わざとぼかして撮っています)。 講師は原屋・・という人。

なんだかんだで、大人20人、幼児・赤ちゃん15人ぐらいの大人数でした。

ほとんどの人が斎藤メソッドは初めての方。 でもどこか納得してうなずかれる場面も。

○ ( Esta senorita `N` estaba muy contenta , porque ella coordino alguna parte de este curso.  Mil gracias. )130222_114558_2  この方はこの日の集いに私を紹介していただいた ‘N‘ さん。 この建物の別の勤務場所なのですが、終わって「よかったーー」とこの表情。

N さんのさわやかな表情が、この日の集いの雰囲気を表しているようです。

就活中のハラヤではありますが、「 斎藤先生の保育を(どんな形ででも)伝承していく 」 ことをやっていければ、望外の幸せです。 Nさんありがとう。

○  ( Mire mi nietita se puso una mascara de diablo.  Nosotros los japoneses nos gusta la mascara de diablo )130204_150053  『2月はげる』   こども達にとっては節分の豆まきのイベントがありました・・。

マゴちゃんも幼稚園でもらったお面をかぶってごらんの様子。 昨年までは泣いていたかもしれないが、今年はもう楽しむ年齢に。 ところで日本人とオニの関係は、本が一冊いるほどのテーマが隠れていることと思います。 ともかく日本人にとってのオニはどこか『友達』なのです。

そうそう、下のマゴちゃん。 22日の集いに「でんぐり返し」の模範演技の予定でママさんと現場に呼んでいたのですが、終始奥のおもちゃコーナーであそんでいて一度も爺ちゃんとはからみませんでした。 ここで一句・・ 『 まご育ち NOをいえるか やれうれし (三等下)』

△ さて月に一回のテーゲーじゃない音楽。 きょうは『キャリーぱみゅぱみゅ』さんです。 なんと4000万以上のアクセス。 そしてほとんどが外国のかた。 彼女は男友達と人間としてのまっとうなお付き合いがばれて丸坊主になる○○48などとは違い(ああ・・ああした○○48のようなことの本質は、実は逆に性奴隷を強要している現象・・と私は思います)完全なアーティストなので、日本人には受けがかんばしくないのです。 私は彼女こそ国民栄誉賞ものだと思います。 その国際貢献の巨大さにおいて・・。http://www.youtube.com/watch?v=yzC4hFK5P3g&feature=relmfu
 

| | コメント (0)

新大牟田駅・・ (2013・2月15日)

(A proposito, este blog escribire el dia 1 y el dia 15.. ) いつもこのブログご愛顧いただきありがとうございます。 さて大変突然ですが、当面このブログ『 1日15日の月2回のUP 』とさせてくださいませ。 ネタが・・というより、水面下で次の『ハラヤ』に向かっての動きにすこし集中したいがためです。 まあそんなにたいそうなことが進んでいるわけではありませんですが。 また週一にもどる時もあるかとおもいますので・。 どうかよそよそしく・?・・「よろしく」お願いいたします。

○ (En la estacion de Omuta del tren bala, ellas me recibieron con mascara de disfraz .)  新幹線の新大牟田駅。・・。 恒例?の仮装出迎え。130120_132315
もう4回目だから、両生類のハイハイ・・つまり、ワニのはく製かなにかで・(厳密にはワニは両生類ではありませんが・・)・・と想像したりして・・。

今回は成人式のお出迎え・・というコンセプトだったそうです。 で、大きなマスクは何? それとYさんのコンセプト・・聞きそこなった。

まあこれで打ち止めにしましょうね。 もし次回ということが仮にあったとして、普通の恰好が一番びっくりするかも・・。

130131_151844(Mira esta pagina.  Esta llena de las palabras de ingles.  Este es el texto de seguro de asistencia publica para los ancianos. ) さて、ケアマネージャー(介護支援専門員)の研修は今実習に入っています。 分厚いテキストも読み返しを。

しかし、ご覧下さい。。横文字のオンパレード。 14年前、資格をとった時には横文字はかなり・・というか、うんと少なかったのですが。 

こりゃ・・社会福祉士ていどのレベルを求めているのでしょうか。 (まあなにげに・・昨年英語のカラ騒ぎでスタミナがついたのか、横文字に腰が引けることはないですが・・)   分厚い実習レポートの提出まであとわずかです。

130128_151315 (Antes el modelo de esta muneca fue yo. Pero ellas la hicieron como la senora ?  !!Por favor !! )  H診療所のデイサービスでの歌レクの様子。 昨年さしあげた「どじょうすくい人形」が・・あれれ・・これって女装した訳??( まあ昨今はやりではありますが・・) 出ベソやリアルすぎる股間を隠すためなのでしょうが・・。 顔が見えないけど、泣いていないかな・・。

さてこうして就活(まあ本当の就職の形はこの年齢ですのでないと思いますが・・)へ向けての研修をしながらも、歌レクはあいかわらずあちこちで・・、というか自分としては『拍車』をかけています(回数という意味でなく・・)。 『 ライフワーク 』というのは、『天職』というか・・『人生をささげる』などの意味と思いますが、まさに歌と音楽にも私の人生をかけようか・・と。 
『 それでは次のブログは3月1日の予定です。 』
  

| | コメント (0)

大牟田にて・・(2013・2月10日)

○ (21.1.2013: Yo ensene el metodo Saito para casi 30 personas de las empreadas del jardin infantil de `T` y `H` en la ciudad de Omuta. )   福岡県のいちばん南(・・なので、熊本も空気もまざっているかも・・)が大牟田市 。 その昔、三池炭鉱などがあったところ。

1月20日の午後、新幹線・新大牟田駅に到着(恒例の芸能出迎え?の様子は後日に)。  翌日の月曜日の午前は、T保育所(公立・園児90名)のリズムあそ130121_164918びの初見学。

まったく口出しをする必要ない高いレベルで保育されていました。 一番感動したのは、それぞれの子が『自分の顔』を持っていることでした。  高名な保育所でも、どこか園児の顔が同じに見えることもあるものですが・・。 すばらしいことですね。

○ そして夕方4時半ごろからは、H幼稚園と合同でのミニ原屋講座(最終的には30人近かったかも・・)。 まあそもそも教える必要があったかどうか心配ですが、ともかく・・・GO。  
ところで・・この値段が高そーうなカメラでパシャパシャ・・の方が。  しかもごらんのように体をひねらせての「プロ仕様」・・。 なんて評価していいか文章に詰まりますが・・。 もしいいのがあったら一枚でも送ってちょうよ。。  

130122_102817 ○ (22.1.2013: Este dia , ensene el metodo Saito para 50 chicos y unos 30 padres en el jardin infantil de `H` . ) 21日はH幼稚園のリズムあそび。 昨年に続いて(通算4回目)、親も見学と、『親のリズム体験』を取り混ぜて行いました。

その場でも言いましたし、「じゃりんこ」さんからのコメントとでも書かれていましたが、斎藤保育を長年積み重ねておられるT保育所と同じことを・・とあせらず、子ども達が『ニコニコして取り組めるものを・・』・・・そうしたところから、ゆっくりゆっくりとやっていってくださいね。 きっとその方が子どもたちの身体に沁みますよ。

親もたくさん参加されていました。 あと市内の、この地域ではもっとも長く斎藤メソッドを実践されている保育所の現園長さんと元園長さんにも見学していただきました。

大牟田も続編があるかどうかは未定です。 ともかくこれにて5日間の日程をこなし帰県しました。 正直5日間のぶっつづけは「きつかった」(こちらの方言でいうと・・エラカッタ・・)です。130128_115549  

○ (A proposito , no se por que, pero el invierno de este ano esta poco `dulce`.  No es muy fria.  Mire esta foto, esta parecida a un dulce. )  ところで、山陰の今年の雪は少し「甘ったるい」かも・・。 この2~3年のような厳しさは今の所ありません。 車に積もった雪もご覧のように、甘ったるい『バームクーヘン』みたいに・・。

| | コメント (0)

大分講座 (2013・2月3日)

130119_115715 ○ (19.1.2013: Unas 80 personas en el curso de Metodo Saito en Oita.  Esta foto es ``De la Oruga a la Mariposa``. ) 大分市での講座は昨年の4月に続いてでした。 参加者は今年も80名ぐらい。

写真は、子どもの体幹を育てる「毛虫から蝶へ」をしているところです。 なんせ人数が多いので・・・でも皆さん日頃斎藤保育をされているわけですので笑うほどスムーズなのです。

あれ? 正面で監督官みたいに立って場の空気を支配しているような人が・・ はあ ・・ D保育所の人だね。  あのぅ・・いちおう主催は僕なんですけど・・ね・・。

○ 130119_144918(19.1.2013: La foto siguiente es el metodo del Columpio. )  次は、「ブランコ」を全員に体験してもらっているところです。  もちろん空中でゆらすのは大人ですので出来ないですが、床からほんの少し身体・・とくに肩とか・・が、ふわっと浮きそうになる瞬間を体験してもらっているのです。

これはやってもらわないと伝えきれないですが、なんともなんとも気持ちのいいものなのです。

○ 午前9時から午後4時までの『7時間』はこうしてなごやかに過ぎていきました。 ・・ ・・ ただ ・・ 進行しながら、「 こんな自分でいいのだろうか ・ ・ 」 みたいな戸惑いがあったのは気のせい?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○ (Despues del regreso de Kyusyu , asisti al curso de especialistas del seguro de asistencia publica para los ancianos durante 3 dias. ) 130123_0846375日間の九州を終えた翌日から、3日間、介護保険の「ケアマネジャー」の研修が大きな会場でありました。 200人もの受講者。 資格はあるのですが、この7年間、業務をしていない(アルゼンチンのことで・・)ので、再研修が必要なのです。

余談ですが、ハラヤはなんと14年前の「初回」の合格者なのです。(まあこれは相当に自慢してもいいかも・・) しかし、7年空いた・・ということより、老人病院の中でのケアマネ業務はやはり非常に狭い仕事だったのだな・・とつくづく思わされました。 その上、介護福祉士が仕事の中心でしたからよけいにとまどいが。 
言い訳ついでにもう一つ。いわゆる施設型のケアマネ業務と在宅・居宅支援のケアマネ業務では、内地勤務の軍隊と外国で実際に死者をつくるために戦争をする軍隊ほどの違いがあることが今頃わかりました。これから実習やら・・なんやら・・で一か月、ものすごく集中して臨まなければなりません。   

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »