« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

空が低い日々・・(2012・10月31日)

121027_235226 ○ ((27.10.2012: Tuvimos un curso de el Metodo Saito en Nichia Gakuin para 3y4 anos. Pero no toque la foto . Despues de curso esta sacando el trapo(Zoukin).  )) 土曜日、日亜学院の3~4歳児へのリズムあそびでした(14人と親3名、職員3名)。 写真撮るのを忘れてました。 終わって、それぞれの家庭で作ってきたゾウキンをさっそく干されていたので一枚。

なかには座布団みたなのもあったり。 やはり、3年前ひとねっとの会員さんにゾウキンを縫ってもらって、はるばるフォルモッサまで持っていったのは正解だったかも。

ともかく楽しくできたとは思います(なんかいつもこのセリフですね・・)。 そして、3週間先に(帰国の5日まえですが・・)5歳児へのリズムあそびも・・という話にはなりました。

○ 土曜の午後はマルハさんとマガリ―ちゃん宅へ。 作成した、向こう3年間のメソッドの一覧表にもとづいて・・。(また報告すると思います)

○ 121029_041615((28.10.2012: Tuvimos una clase de el Metodo Saito para grupo Poco a poco en mi casa de Catamarca con diez adultos y dos chicos. )) 日曜日はポコアポコの学習会の2回目で最重度の障がいの子供さんとママ(初めての方・・斎藤メソッドを卒論に選んだヴィルフィーニアさんの紹介)など含めて、ごらんの総勢12名。

写真でも伝わっていると思いますが、なんだかイケイケモードの学習会になっています。 あと一回の予定でしたが、フォルモッサから戻ってからもう一回追加をするかもしれません。

○ 火曜は、通訳同行でトミー君宅へ。 向こう3年間のメニューをしっかり伝えました。121030_051907 

○ ((Comun este pais casi 90% esta despejado . Pero este ano esta ?? Ante ayer tambien estuvo la tormenta fuerta .  Por eso mi habitacion muy humedad. !Por Favor !)) ブエノスの空は、例年ですと、低くても40キロ、時には200キロもの高さを感じる青空ですが、今年は??です。 昨日おとといと酷い雨(トルメンタ)で、私の部屋も入り口に新聞をしいたり・・のありさまです。 
・・ここでお知らせ・・ ブエノス在住の相川さんという方がコーディネートをされた、TBS世界ふしぎ発見!「チリ-アルゼンチン編」が、11/3(土)午後9時オンエアになります。 チリ北部 アタカマ砂漠の奇跡の花を探して、アンデスを越えてアルゼンチンの北部も探索する新しい旅ルートの開拓・・とのこと。私は見れませんが、みなさんご覧ください。) 

○ 今週のテーゲーじゃない音楽ですが、少ーし「テーゲー」な感があり、この方、終わっておじさんに生ビールをおごってもらって、「ぷはー」と一気に・・みたいな土着的な健康さが感じられて、私は大いにアリだと思いますが。
http://www.youtube.com/watch?v=N53YUOd3V-Y&feature=related

| | コメント (0)

「セルティフィカード」 (2012・10月28日)

121024_033900((24.10.2012: Un dia encontre el Sr.Takagi. El es el redactor jefe de Periodico de la Letra Japonesa. El siempre ha ayudado a mi . Yo di gracias a el. ))  水曜日、この国の邦字新聞ラプラタ報知の高木編集長に、ホテルソフィテルのバルでお会いしました。(もう87歳とのこと。 編集長は降りておられますが、だれもが敬意をこめて、いまだ「編集長」で通っています。)

足かけ13年、日系シニアボランティアの時代から今日まで、変わらぬ眼差しをいただきました。 せめてものお礼にコーヒー一杯ではちと安すぎますが・・。 いつも言いますように、高級なところほど暗いですので写りが・・。

しかしその学識といい、その好男子ぶりといい、何十年にわたってアルゼンチンに於ける日本人の知性を代表してきた方です。 それでいてその軽妙洒脱ぶりといったら・・(書きたいですが紙面が足りません) (またこの国の俳優でもあります・・。 最近ですと、若い忍者のおじいさん役とか・・) 本当に本当にありがとうございました。

○ 木曜日は、ポコアポコの代表のジュンコさんと「セルティフィカード」の打ち合わせをしました。それは以下の作業のためです。

● ((Este es el certificado para el Metodo Saito. La composicion hacen Yo , Presidente Centro de Ensenanza del Metodo Saito:Junko y JICA. )) 実は、最近よく登場してもらうホルヘ氏から、一か月ほど前、『 ボランティアをしたくても、証明書のようなものが無いから障がい児(者)に触ることができない・・なんとか出来ないか・・ 』との相談がありました。 なるほど、フォルモッサ州では散髪屋の資格しか無いクラウディオ氏が、県知事の甥っ子の発達を手掛けている(まあこの国の最も田舎の部類ですので・・)とは121024_053020訳が違うか。

で、「出来ればその認定証にJICAのロゴマークがあればなお最適なのだが・・」との相談。 ムーーン。。そこで、おそるおそるJICAアルゼンチン事務所に相談し検討していただいた結果、なんと『 OK 』をいただきました。 それでも「本当に大丈夫ですか」と聞く私に、『 当事務所は「ひとねっと」さんと、活動をしっかり共有してきていますから安心してください』・・とのお言葉。 「草の根技術協力」の時期があいだに2年間あったとはいえ、本当に有りがたいことです。 そういう流れでこのような立派な「斎藤メソッド技術認定証」ができたのです。

 《 あの断っておきますが、認定する主体者はあくまでも当「ひとねっと」であって、決してJICAにあるわけではありません。 JICAアルゼンチン事務所はこの認定証の『賛同』の立場ですので、お間違えのないようにお願いいたします。》

思えば、この数年で私の講座を受けた人は200名をこえます。 しかしあくまでも、フォルモッサ州を除いてしっかりメソッドを身につけたことが、はっきり認定できる13名程度に限定する予定です。( この件につきましては事務局長たるカミさんと何回もやりとりしました )  そういうことで、この日は、その対象の確認や、ジュンコさんのサインなどの為の打ち合わせなのです。 121026_205339

 ((26.20.2012: En la Jardin infantil de Gimawari. )) 金曜日は、今週は電車が動いて「ヒマワリ幼稚園」に行きました。 2~3歳児のゾウキン。 ともかくかわいいです。
○ 土曜日は「日亜学院」の3~4歳児との「リズムあそび」でしたが、詳細は来週に・・。

では今週の「・・じゃない音楽」です。 このネット・・中国の人がUPされたみたいです。 最近なにかとありますが、こうした文化の面で親しく繋がっていきたいものです。http://www.youtube.com/watch?v=jAT5-jfMXR8&feature=related

| | コメント (2)

「ぽこ・・」の講座 (2012・10月24日)

121023_210740○ ((21.10.2012: TUVIMOS UN CURSO DE METODO SAITO CON NUEVE ASISTENTES.  !AH! !QUE LASTIMA! YO BORRE UNA LINDA FOTITO. AQUI  ESTA LA SALA PARA EL CURSO.  PERO, PERO, ESE CURSO ESTUVO MUY BUENO. !A MI PARESER! )) 日曜日、「ポコアポコ」の講座を始めました。 写真撮ったのに削除してしまいました。 自分大丈夫かいな? しかたがないからこの写真。 会場の大家さんのこのサロンです(この上の小部屋(屋上小屋)に住んでいます)。ここの物品を全部出して、掃除して、床に布団やら新聞やや敷物やらを敷いて・・なかなか大変なんです(カミさんは解ると思うけど・・)。 でもここ以外の会場だと、鍵を持ってくるはずの人が来なかったりが普通に起こる国ですので、その点は安穏です。

ともかく雨だし、祭日(母の日)だし・・2~3人かな~と思いきや、9人の参加。 5年前からの初期のポコのメンバーでなく、主にホルヘ氏の知人などです。 3~4回予定しています。 来週はちゃんと撮ります。121023_012011_2 

((22.10.2012; VISITE LA CASA DE MILI DESPUES DE 10 MESES.  CON ELLA EMPECE A IMPLEMENTAR EL METODO SAITO EN ESTE PAIS.  !ELLA VIVE FELIZ! )) 月曜日、ミリちゃん宅への訪問。 私の横の笑顔の娘さんが13年まえ、この国で斎藤メソッドを広めるきっかけとなった・・という話は何度もしていますが・・。 

レェティーロ(駅)を出発するまでは挨拶のつもりでしたが、汽車の中で「いや、最後まで、完全自立した歩行をめざしてもらおう・・」と考えを変え、もう二十歳が近いお姉ちゃんたちにメソッドを伝えました。

彼女は10年以上たって、ようやく「両生類のようなハイハイ運動」に、本気で取り組める体になっています。 また国際電話ででも「その後」について聞いていきましょう。121020_004739 (ああ、ママの写真も撮りましたけど、髪がボサボサだったので・・それにお姉ちゃんたちが、ブログをチェックすると思いますので・・)

○ ((CACI TODOS LOS DIAS ESTA LLOVIENDO.  POR ESO ARREGLE MI  PARAGUAS. )) 10日の内9日は快晴のはずのブエノスが3日のうち2日は雨・・という天気がまだ続いています。 とうとう壊れかけた傘を針と糸で直しました。 けっこう針仕事は好きです。

((YO QUIERO MAS LA FOTO CLARA.  ES EN LA BARRIO BELGRANO. )) 光の足りないフォトばかりみたいです121021_002150ので街角です。 ベルグラーノ地区のカーテンの生地屋さん。 この辺りは値段に関係なく買う人も住んでいます。 布のはじに、スエ―デン風・・という文字が見えました。

| | コメント (0)

ブランコゆれて♪ (2012・10月21日)

((17.10.2012: Tenemos el fugar de metodo Saito para la clase de dos anos y un ano en Barrio Inta. Los chicos se gusta mucho esta jugar: Ritmo Juego de la hamaca.))  水曜日はバリオインタの保育所の園児のリズムあそび。121017_222007 この日は2歳児と1歳児。

2歳児は[ ニワトリさんがコケコッコー ]みたいな即興の遊び(まあオオカミごっこみたいな・・)とか・・。1歳児はブランコゆれて~♪(写真)などの優しいいあそびでした。

ああ~~毎日でも遊びたい!・・のをこらえて(耐えて=堪えて=方言じゃないんですかね)、ここも、この日で一旦終了としました。

○金曜はヒマワリ幼稚園・・ですが、途中まで行ったら 電車が止まってしまい、始発駅に帰りました。なんだか動き出したみたいかな・・と未練が・・。すると「問題が直っていません・・」みたいなアナウンスが。 やれやれ・・座在亜沖縄会館に行ってピアノの練習でもするか・・という流れに。121021_001328

((20.10.2012: Tomi jugo bien el Ritmo: Tortuga de Metodo Saito. Su forma tambien esta muy bien .))  今日の土曜の午前は、[トミー君宅]への訪問。 この日で最後のつもりでしたが、ごらんのようにトミー君もこんなにもスッキリとメソッドに取り組めている。 これから2年ぐらいのメソッドをつたえ、もちろん80パーセントは伝わったと思いますが、ここまで来ればあとの20パーセントも大事です。 通訳さん同行でもう一度訪問することとしました。

 
○土曜の午後は[マガリーちゃん宅]へ、マルハさんと訪問。 向こう1~2年のメニュー作りの作業が佳境です。 ユーチューブと言わず、スカイプででも見てもらいたい気がしました。それはそれは特別な作業なのです。 

それから明日からはポコアポコの講座が始まります。

121013_070214  ((Yo empezare ir a un clase de Danza Yoga por una vez por semana. Pero esta sala es mas o menos.))  さて、この写真・・実は『 ダンスヨガ 』のスタジオです。(私のリュック(緑色の)も写っていますね) 金曜日お試しで、秘書同行で行って見ました。

スタジオというより物置。 それに高速道路の下だし。 先生もガムを噛みながらだし。 もちろん床はコンクリートだし。 それにあと2丁(200メートル)も行けば○○婦(男も)も立っているし・・。

一回20分ぐらい(もちろん本来のレッスンは一時間ですけど)、 4回ぐらいは通えるかも。 料金は恥ずかしいほど安いです。 終わって後ろを10メートルごとに振り返りつつ、80メートルほど走れば地下鉄があるし。 なにしろ基本、危ないエリアなので。 

● 私の健康の為(膝とか・・)もありますが、バリオルガーノの活動をこれからの2~3週間にあらかじめ当てていますが、し残念ながら、いまだちゃんとした連絡が取れませんです・・。 まあそういう状況も含めての異国でありますし、少し息抜きも。

それと・・もう荷物(帰国の)の整理も始めています。 合わせて来週からブログも週2回ぐらいに少なめようかな・・などと思ったり・・。 近所からは太鼓の音が聞こえます。 ムルガ・・と言って、まあ飛び跳ねる盆踊りみたいなものですが、その練習が始まる季節です。 街はもう年末に向けての空気が出始めています。

| | コメント (2)

4年ぶりの再会・・ (2012・10月19日)

121016_030906 ((15,10,2012: Se llama Noeria . Ella estaba mi companiera especial hace cinco anos. Le volvi a ver despues de cuatro anos.  Que feliz!.)) 月曜日、この方に4年ぶりに会えました。 「ポコアポコ」のジュンコさんから、○○に行ったら 【ノエリアさん】 に会えるよ・・との情報をいただきました。

そして、ついに、 ついに・゚゚・(≧д≦)・゚゚・ (号泣)。 彼女は「ひとねっと」の活動の恩人でもあるのです。 ま、日系人の方なのですが、私が手にしているNHKの「脳ビデオ」と、「トスカ(斎藤先生がオランダの最重度の赤ちゃんを育てた記録映画)」を5年前にスペイン語に翻訳をしてくれた方です。

そして彼女が手にしている『漫画で見る斎藤メソッド・土台編』は、彼女との一年間の活動を下地に出来上がったものです。その後、特別に忙しい職場の正社員として就職されたので、ポコアポコの活動参加が不可能になっていたのです。 ともかくよかった 。 

○((16,10,2012: Este dia fue a la ultima vez para una curuso de Metodo Saito en la Case Descapacidad Mental en Moreno.  Ellas me regalaron esta artesania d121017_024414_2e casero. )) 火曜日、モレノ市の障がい者施設での講座の3回目。 あまりに熱心なのでもっと通いたい・・のを、心を鬼にして,、この日で一旦終了としました。  ここまで熱心なら、日常の生活に斎藤メソッドを組み込んでほしいし、ここのスタッフなら出来るはず・・・と。

で、3週間ぐらい先に様子を見に来るかもしれません・・という流れにしました。 写真は、入所者の方たちが作ってくれた手作りの物です。 とても素敵ですので松江に持って帰ります。

((あのぉ~・・突然ですが、あと一か月ちょっとということでお金をCKしてみましたら、すこし手元不如意・・の感じなのです。 一回のレミス代(ハイヤー)400ペソはきつい。 アルゼンチンで金を借りてまで活動はできないし。身の丈の範囲での活動が「ひとねっと」の理念でもありますし。121013_084321

○((Esta foto es kaki seco. El color de mi pared de estomago es mas o menos igual. Porque yo tengo mucho stress drante estos 5 anos. Quizas. (Ja Ja!))  さて話がかなり飛びますよ・・いや飛ばないか。 この写真、私の胃です、いや干し柿です。 実は今年の5月、事情があって胃カメラを飲む羽目に。その色がこんな感じだったのです。

たしか7年前だかに、職場健診でカメラを飲みましたが、その写真のまあきれいなこと。 まるで「桃源郷の桃」のようでした。 それがこんな干し柿のようになってしまった。 思い当るのは、ここ数年のアルゼンチンでの苦闘と苦悩ゆえか・・。 その時、モニターを見て驚愕する私に、担当医は『まあ・・歳相応でしょう・・』と白っとしていました。 が、ともかく健康の点でも「身の丈」でいかなくては・・とその時強く思ったのでした。

| | コメント (0)

ダニエル氏と・・ (2012・10月17日)

121013_234009 ○ ((13.10.2012: Esta escuela hay muchas clases desde 3 anos hasta 20 anos.  Dentro de 2 semanas tendremos un `Ritmo de Metodo Saito` para chicos en esta Nichia Gakuin. ))  土曜日、相川さんという方の紹介で「日亜学院」のA先生に会いに行きました。 「日本」をコンセプトに運営されているこの国唯一の正式な学校です。

入り口は平凡。 でも奥は迷路のように部屋が多く、ついには大学生さんたちが、日本語を学びに土曜日に通っておられるエリアも(写真)。

ともかく、この学校の幼稚園部の3~4歳クラスの子供たちに、2週間先あたりにリズムあそびをすることとはなりましたが・・121014_213425

○ ((14.10.2012: Durante 13 anos yo frecuentaba mucho `Club Burzaco de japones. Acaso hoy la ultima vez en esta linea Roca.)) 日曜日、地下鉄をのぞいてはこの13年間もっともたくさん乗ったこの路線((ブルサコの日本人会に通った))の電車でダニエル氏と合流。 不思議に電車の中の天井の電気も全部普通に点いているし、春の朝の陽ざしが社内にあふれて・・・ひょっとしてもう乗ることもない電車。でも、どこか13年の時が寿がれているような・・と思ったら涙が出そうになりました。 (それは数限りない友誼(ゆうぎ=友人としての情愛【すみません・・自分がはっきりしなかったもので】)の思い出が、ふと私をとらえたからです。)

121015_003428 ((Esta casa tambien es ultima vez. Matias esta sindrome de Down . Esta foto es con padres y un voluntario: Daniel (derecha) en Florencio Varela.)) めざすマティアス君。 すこし小走りが出来るほど順調な発育ぶりでした。  もちろんダウン症としての人生は送らねばならないでしょうが、両親の笑顔からは「大丈夫」との表情がみてとれます。

右端のダニエル氏はさらに肥えて90キロとのこと。・・とくらべても私がそうとう自制した生活を送っているか・・が現れている?  ともかくここでも、「おそらく「また今度」でなく、さよならです・・」の挨拶で後にしました。

話はかなり横道へ・・サッカーのワールドカップ南米予選。 アルゼンチンはいつもぎりぎり(5位とか)で出場なのですが、こんどはそうでも無い。 ブラジルが自国開催で予選にでていませんので、「鬼の居ぬ間の・・」なのか調子がいいです。 いつも負けている、FIFAランクがアルゼンチンより上のウルグアイやパラグアイにも勝ったし。 それよりもコロンビアとかエクアドルあたりの試合がおもしろいです。 以前(と言っても20年も前)はチリなどのプレースタイルが気に入っていましたが。 ((自称・・スポーツひょろ~ん家)) 

では、今週の・・音楽ですが、40年前の中学生の合唱。(旧ソビエトの「心さわぐ青春の歌」)この歌、70年安保当時、全学連(もちろん私は非暴力の穏健派でしたが・・)のデモ行進の終着地で数千人の学生で歌ったものです。伴奏のブラスバンドもこの中学の生徒でしょう。 http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=5bby06OVVzM&NR=1

ああ・・今日も雨です・・・。

| | コメント (3)

無・回転すし・・(2012・10月14日)

121012_004600 ((11/10/2012: La comida japonesa: Suchi en este pais siempre estan mas y menos. Pero esta Sushi esta perfectamente para mi y los japoneses. )) 木曜午前は、「ポコアポコ」代表のジュンコさんとの打ち合わせでした。 終わって、知り合いの寿司の「出前専門店」に連れていってもらって、内緒で店で食べさせてもらいました。この日系人の方の店はデリバリー専門店なので。

今年、人生で初めて松江で「回転寿司デビュー」をはたした自分ですが、この日系三世の板前さんの『顔』がとても『 おいしそう 』に見えたので、昼というのにビールも。(こちらは自腹です。 食事はおごってもらっても・・酒は自分が払う・・というのが私のせめてものポリシー。 子供のころにいやな思いで・・もちろん自分じゃなく・・大人の社会を見てましたので・・・)。

ともかくアルゼンチン13年の自分でありますが、いままで『~のような』・・というレベルの日本食にしか出会ってこなかったのに、これは本物でした。 ・・見た目4種類ですが、サーモンだけです。まあそれしか基本的に流通していないのです(121011_215557となりのチリから)。 どこで修行を?と尋ねると、「ブエノスのフランス料理店で・・」とのこと。 な~るほどね。

○ 午後は現地JICAさんと打ち合わせ。 いつものとおり丁寧な対応を・・。 ○ 金曜は定例のヒマワリ幼稚園で、2~3歳児を丁寧にみました。

((En este pais, comun las mujeres estan guapa. Pero los hombres tambien estan dandi. :: En subte linea A. ))  さて次の写真は地下鉄A(アー)線です。 春というのに連日、朝の内は10度以下の冷気です。 どうです、この着こなし。 一般にアルゼンチンは女性が↑・・という評価がありますが、どっこい私は男性のほうも(↑)と思います。 

もちろん私と同じくヨレヨレの人間も多く見かけますが、こうしたダンディーな方も見かけます。 とくに写真ではわかりにくいですが、二種類のマフラーをあしらっているところなんざ・・なかなか日本人には難しい技ですね。

((Es una bar de Hotel Sofitel en Bs.As.  Yo tengo una idea. Haremos una fiesta a despedida en noviembre. ))  さて、下の写真は「ソフィテル」というフランス系の高級ホテルの、一階の121008_010140ラウンジカフェです。 ここで11月に「ポコアポコ」の『 茶会 』を予定しています 先日、通訳連れて頼みにいきました。

目的は「デスペディダ(あえて訳しませんが)」です。 まあ場所代も込みと思えば安あがりかも、と思っています。 

と、今日はゆる~い話題ばかりでした。 ゆるついでに。 10月からのNHKの朝ドラ・・おもしろいですね。 家政婦はミタ(ことなんか一度もないですが)なんか喜劇とサスペンス・・・~~~で。

| | コメント (2)

ちょっとヘトヘト (2012・10月12日)

121010_021233  ((9.10.2012: Este ritmo es `la Tortuga` de Metodo Saito . Los deficientes mentales de esta Casa pueden asimilar el Metodo Saito continuamente.)) 火曜日はモレノ市の障がい者施設での講座(2回目)。 これはリズムの「カメ」ですが、スタッフと入所されている方との区別がにわかにはつきにくいほどです。

どんな要求でも吸い取ってしまう柔軟さをここの入所者はそなえておられる気がします。 ですので、私からの要求もどんどん深いものとなっていきます。121010_020452

●((Antes de empezar el Metodo Saito siempre limpiamos el lugar con el trapo .  Y cuando ellos se chocaron hacemos el juego de `piedra ,tijera y papel `))  ゾウキンです。 ぶつかったら「ジャンケン」。 まあ日本とおなじく、「グー・ チョキ・ パー」です( 発音はもちろん違いますが・・ちなみにこの「ジャンケン」・・なんと日本がルーツとか・・。本当かな。。 そしてラスベガスでは世界大会(もちろんお金がらみの・・)もあるとか・・)。

このリズムあそびが終わってから、スタッフへの講座。 そしてそのあと、最重度の入所の方への個別指導・・と3ラウンドでした。

○ ((10.10.2012: Este dia tenemos un curso de Metodo Sait121010_215721o con chicos en Barrio Inta. Primero grupo de 3 anos, el segundo tambien 3 anos y otro bebe . Al final trabaje bastante . ))  水曜日はバリオインタの保育所での4回目となる講座。 この日から園児へのリズムあそび。 この日は3歳児の2クラスと、0歳児・・ということで、ここも3ラウンドこなしました。

写真は金魚ですが、一人座っている男の子。 ずーーとこれでしたが、最後の「小鳥小鳥」だけニコッ・・として参加しました。 この感じ。。ハラヤも「待ちの子育て」が出来るようになったかも。 

●((Mirale este internet . Yo saque los fotitos. (Este internet se hizo por Jorge.) )) さて今日は最後に、ホルヘ氏が作られたスペイン語の「斎藤メソッド・ホームページ」の『 写真 』のところを紹介(貼り付け)してみました。私の撮った写真とバックに流れる「アルハンブラの宮殿」のギターが、とてもマッチしる気がします。(もちろんホルヘ氏は私がその曲が好き・・いうことを知って使っておられますが、、エート・・開いてから、FOTOS・・をクリックしたら音が流れるかもしれません・・)  http://metodosaito.com.ar/fotos.htm

| | コメント (2)

髪をすくマガリ―ちゃん (10.10)

121007_052139 ○ ((6.10.2012: Magali no puede subir sus brazos mas de sus hombros. Pero despues de relajar con Metodo Saito , ella puede peinarse por primera vez en su vida. ! Que maravillosa ! )) 土曜の午後は、雨を気にしながらマルハさんとマガリ―ちゃん宅へ。 来週17歳の誕生日(ちょうど2年前はカミさんもいて、高級チョコレートをプレゼントしました。 なにしろパーティーは夜の10時からでしたので、昼に届けただけでした・・)だから女の子らしく・・などという甘い話ではまったく無いです

彼女はまだ肩から上に腕(手)が上がりません。 ですが、体をほぐしにほぐしてから介助すると上がります。  そこで櫛を持たせて・・少ーし・・髪を梳かしました。 彼女にとって命を受けてからおそらく初めての自分のために何かをした瞬間です。

つまり彼女の「髪とか触れた耳たぶ」と自分の手の動きが、ほんのわずかだが連動した・・・・ 。 それを人生で初めて感じて「 今の感じは何ィ??」 と、目を見開いているという瞬間なのです。  あと一か月ちょっと。 彼女にも、向こう1~2年先までのメニューをいま検討中です。121007_053203

●((Y sus sobrinas cantaron`manuelita` por Magali.))  そしてママとマルハさんは歌がすこぶる↓なので、マガリ―ちゃんの姪っ子がいると彼女のかたわらで歌をお願いするのです。

歌はいつも『マヌエリータ』( カメさんがパリに行ったらね・・♪・・みたいな歌詞)です。 この瞬間も、姪っ子たちの方向に全神経をとがらせて目を見開いています。 

●((En la calle, un bebe boliviano estuvo durmiendo en la espalda de su mama. 120930_044754))  さて話変わって、一週間前、ちょうどマガリ―ちゃんの家の前近くで、赤ちゃんをおんぶしたボリビア人と思われる若いママがいました。

場所柄、私から直接は自重して・・マガリ―ちゃんのお母さんに写真の許可をお願いして撮りました。 是非拡大して赤ちゃんの寝顔を見てください。(ちなみに、ボリビアの赤ちゃんは日本人と同じく、お尻に蒙古斑が出現します。)  日本の赤ちゃんと同じ(いや・・日本の赤ちゃんより日本的な顔)ですよね。

●((Los bolivianos se parecen a los japoneses. Segun una teoria, los bolivianos y los japoneses estan relacionados en la raza. ))  独特の負ぶい方で、それに赤ち120930_044811ゃんをミノムシのようにくるんだ形でおんぶしまる。
お母さんもどこか日本人的・・というより昔の私が子供のころの近所の若いお母さんみたい。

とまあ・・ボリビア・・の話になるといつも興奮してしまいます。 ところが昨日、地下鉄のホームであるおじいさんに、《あなたは日本人ですか》と聞かれました。 それで《あなたも日本人ですか?》・・と聞き返しますと・・。 『 私はボリビア人です・・ 』と。 (この国の日系人より、もっと日本的な顔立ちでしたが・・) そして『昔、日本人がボリビアに移動してきたことは知っているか・・』と彼が語るではあーりませんか。 そりゃ、私がいつも言っているセリフあるよ・・。 セニョール・・写真を・・と言いかけたら、電車が来てしまいました。 うーーーん。 !ケ・ラステマ!   でもきっと日本人の血が入っているのでしょうね。
●では今週の「世界テーゲーじゃない音楽祭」です。
http://www.youtube.com/watch?v=K5EYVduXQvM&feature=related

| | コメント (0)

中間点あたりです (2012・10月7日)

●((3.10.2012: La tercera clase de Metodo Saito en barr121004_021159io Inta tenemos en un ambiente libre. )) 国をでてから40日。 ちょうど中間点あたりですね。 

水曜日のバリオインタの学習会。 おわって「ひとねっと」のニュース用に一枚。 はい並んで並んで・・。まあ雰囲気はこんな感じです。

●(( Les acado de ensenar el baile Mariposa, Pero todavia les sale raro.! )) じゃあこんどはさっき教えた『チョウ』のポーズで。 121004_021254 ・・・ありゃ・・・やっちまったのね~。 本気で勉強したのかいな。 ここのスタッフですか?  ごらんの通りすこし軽いキャラかも。 保母さんはどこもそうかも(・・どこか大牟田の○○幼稚園を連想させるものが・・)。 。  

スタッフへの講習はこれで終えて、来週からは園児とのリズムあそびの予定です。  

(( そうそう・・ここも足元はコンクリート。 まあ木の床はヒマワリ幼稚園のみですし、そして街の歩道も硬い硬いコンクリート・・それを変にゆっくり歩くわけにも治安上いかないし・・と言う訳で、膝がすこし痛みます。 なにか対策を・・と考え中ですが。))121004_231342 

((4.10.2012: Una voluntaria: Romina y su bebe; Leon. )) 木曜はロミーナさんとレオン君に会いにアドゥロゲの町へ。 先日おじゃましたのは都心の彼女の実家でしたので、レオン君と遊べたのは5分ほどでしたので、この日は心ゆくまで・・。

●((Leon jugo mucho al escondite con Haraya. )) 121004_233749の日も『 かくれんぼ 』(・・・と言っても、いないいないバー・・みたいなのです)。 いま9か月のレオン君・・20分近くもかくれんぼ。 考えてみれば、目と目をしっかりと合わせるわけですから、これって『まなかい』・・の遊びとも言えますよね。   ともかく大事な大事なあそびです。

●昨日はヒマワリ幼稚園でした。
そして今日・・昨夜からひどいひどい雨で、午前中の仕事はキャンセルとなりました。 午後もだいじょうぶかねぇ?

| | コメント (0)

「モレノ」障がい者施設 (2012・10月5日)

121003_023041((2,10,2012: Un curso para los chicos discapcidades mental empezamos .  Este chico le gusta mucho el Salto en Pareja.  !Que bonicimo!)) 火曜日、ホルヘ氏の紹介でモレノ市の障がい者施設で講座が始まりました。 入所の方7名とスタッフ7名の混合です。

ゾウキンのあとリズム。 『 スキープ キップ とんではねて チョン ♪』。 この方のあまりのかわいさに今一度・・。

●(( Los trabajadores tambien estan muy contentos))  終わっての記念撮影。 皆、「ウイスキー」・・と言うから私が例によって『 NO! いち にい いち にい 』 121003_023600と教えている場面ですね。 ともかく和気藹々へェー・・こんな字を書くんだ・・ま、覚える気はあまり無いですが・・)と出来ました。

それはこうした施設にしてはめずらしい『人間が好き』という単純で、しかし一番難しいことがここでは保障されている・・ということでしょう。 3回ぐらい・・と言っていましたが、もうすこし増やしてもいいかなー。 しかし、往復400ペソ(一回)のレミス(ハイヤー)代もばかにならないしなぁー。

水曜はバリオインタの3回目の講座。(様子はあさって書きます)121002_004740

●《En la calle...街角・・ 》 以前タンゴの店だったのでしょうか。 上のほうに「サンクリストーバル」とこの地区(私の宿がある地区ですが・・)の名が。 昔は下町で食堂・台所関係の問屋街(まあ今でもそうですが・・)というイメージ。 でも今は「ああ・・ あの怪しい事件が多いエリアね!」・・ということにはなっています。

ブエノス。 あいかわらず悪い天気が続いています。 

| | コメント (0)

メラニーちゃん (2012・10月3日)

121001_004908 ((30.9.2012: El nivel de Melani esta muy bajo. Pero todos los dias su padres y familia estan haciendo el Metodo Saito con aplicacion. )) メラニーちゃん・・と言っても、あまりなじみがないかも(非常に重度の障がいです)。 でも3年前から夫婦で、そして家族総ぐるみで日々斎藤メソッドを・・。 量においては、ブエノスではひょっとして一番かも。 

とくにこのお父さんの手がすばらしいです。 しかし肝心のママの手が・・ちょっと重たい・・。 なんどもママ の手に注文つけるハラヤに、パパが『今年は厳しいねぇ~・・』と。 『ひょっとしたら今年が最後かもしれないから・・』とハラヤ。 離陸までにもう一度の予定です。

●((29.9.2012: Yo fui a un salon a la profesora de Danza Okinawa(Japon) para despedida )) 土曜日はマガリ―ちゃんとこへ(5回目)。 そして夕方この方にご挨拶に。 ところで・・私にとって斎藤先生(故)以外に本心から先生!!・・と呼ぶのは結120930_054137局「踊りの先生」ばかりだなぁ~。 松江のクラシックバレエの若狭先生。 そして今はまっているダンスヨガのM先生(あれ?本名知らない)、そしてこのブエノスの沖縄踊りの山本さん。

この方、60年前の沖縄舞踊が完璧に缶詰になっている方なのです。 土着性がふつふつと匂い立つような・・ほんと鳥肌がたちます。うまいへた・・の世界ではないのです。 動画で見せたいくらいです。(ほんまなら人間国宝じゃがのぅ・・)

●((30.9.2012: Este matrimonio son mi amigos hace 13 anos en AR. Este tambien es la despedida.)) そして、昨日メラニーちゃんの後、この「F」さん御夫婦としばしのお茶会(アイスクリーム)を。 (ところで、この国に縁ずいて12年・・と言ってきましたが、よくよく考え121001_041138てみれば13年でした) 今回は、当時お世話になった方々にもそれとなく挨拶を・・と思っているのですが、あとの方々へは主に電話でするつもりです。 13年も経っているのに・・『ああ~原屋先生!!』みたいな場が、なんだかおっくうなのです。  

週明けは恒例の『世界テーゲーじゃない音楽祭』。 今週は日本の鮫島有美子さんです。http://www.youtube.com/watch?v=z8kYsjdHsAg 

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »