« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

東京へ・・(2012・7月1日)

120625_161234 [ A  mi  me  gusta  mucho  la  maleza.]  

さて、この写真・・ただの雑草です。 私はこういうの・・好きだなぁ・・。

120626_065346

●[ Recibi  una  fotito  de mail  por Romina  de Buens Aires .  Esta  es  su  bebe .. El  se  ha  creado  el  metodo  Saito .]   ブエノスのロミーナさんからメールが。 わが子に斎藤メソッドをしてるよ・・とこの写真が添付されていました。 そしてたしか9月に来る予定だよね・・とも。

ブログ・コメントの常連のTさんからも・・。 そしてブエノスの大家さんのAさんからも国際電話でそろそろですね・・が。 皆様・・色々な事情がありましてもう少しお待ちください。 今回の英語騒ぎの水面下では並行して「アルゼンチンへの渡航の時期をめぐる事情」も大詰めをむかえているのです。 120626_125517

●[ Un bar de JAZZ .  Hay  en mi ciudad 」  おまけの写真は茶町(松江)のMGです。 NGじゃなく、店の名前が「M」Gなのです。 なんでも40年ぐらい前のイギリスのロックバンドの名前とか・・。 で、店の壁です。 もとはジャズ喫茶だったのでしょうか。 まあ渋ーーいです。 でも店はマヨネーズを、お客で使い回しするようなざっくばらんな店です。 松江に来られたらみなさま是非。 もちろん味は↑↑です。

それでは・・いざ!いざ いざ いざ・・ [東京] へ行ってまいります。 

| | コメント (1)

また無題です・・(2012・6月24日)

●[ Pasdo  el  domingo  me  presentare  al  Examen  del  espnol . ]120617_131341

先日の日曜にスペイン語の試験を受けました。 英語づけの3か月なので、直前3時間ほど参考書をパラパラ・・で臨みました。

そう来週の本番(?)にはスペイン語もあるのです。 話がますますややこしくなっていますが、その英語もいろいろの事情からひと時の半分ぐらいに減らしています。

 そのほかには色めいた話もありません。 では大分の感想(その④)で120615_174250 す・・・。

そうなんです。 休憩・・の時間に4園の方にピアノを弾いてもらいました。 はっきり言って・・・でした。 で、私ならこんなふうに弾くよ・・いや斎藤先生はこんなふうに弾いていたよ・・という流れで、2回の休憩時間はピアノの交流の場となりました。

まあ4園の方には・・・に何が入るかは、その場で言ったように思うのですが、大分だけでなくどこでもピアノに・・が入っていないことが多いですよね。 次の交流の場があったら、またやりましょうね。

大分の感想文の件、いちおうこれで終了とします。 本当は全員の方のを紹介したいぐらいでしたが・・・。 

そうそう・・24日の日曜には、こんどは岡山市で英語の模擬試験(??)を受けるのです。 ほんと話がややこしい・・・。 

| | コメント (3)

大分感想のつづき・・・・(2012・6月17日)

120610_182505 [ Laguna  de  SINZI .  Esta  es  el  apoyo  de  nos  provinsia  y  es  corazon .]     はじめに情報です。 2週間先に英語の試験を正式にうけることとなりました。(スペイン語も)・・今から動悸がうっています。

さて、アルゼンチンからブログのコメント欄に投稿が入っていました。 もちろん知らない人ですが。 (アクセス解析で見ると、それなりの人数の方に読んでいただいています)

で、写真がすばらしい・・日本の風景が↑・・などのコメントのようですので、この2~3日に撮ったのを載せます。 最初のは大垣(松江市)あたりの宍道湖岸。 手前はシジミを捨てたものが浜になっています。

●[ Una  bodega  de  salsa  de  soja .  Esta  pared120614_163542  se  pinta  el  material  de  la  taierra.  ] 二枚目は石橋町(松江市)の醤油屋のベンガラの壁です。 最近塗られたみたいですね。(突き当りの右手が千寿院です) 120614_191441

●[ Esta  planta  tal  vez  Iris  laevigata .  Y ,  atras  , hay  un  templo . ]  三枚目は普門院のとこの・・・これはカキツバタですかね。 もう夜の7時半ぐらいでしたが・・。 夕焼けが強くなかったですが、真っ赤な空に・・みたいね構図も有りかもですね。

120615_174158

 大分の感想(その③)です。   そうですね。斎藤公子氏は常に[あそび]という言葉を大事にされていました。 ここの所を掴むと保育が楽しくなるし奥深くにもなる・・。 まあ自分も現役のときはこのところは掴みきれていなかったと思います。 それがわかるようになっただけでも、アルゼンチンでの経験と実践に本当に感謝です。 

| | コメント (0)

梅雨入りですね・・(2012・6月10日)

120605_122608_2

●[ Ahora  podemos  escuchar canto  de  rana todo  el  mi  pais .  ]  

梅雨入りですね。 アルゼンチンでわが故郷を紹介するときに 『 日本で一番有名じゃない県です。 まあ、アルゼンチンで言えば・・カタマルカ州みたいな・・』 というのと、『 日本で一番 天気の悪い県です・・』 と言うことにしていましたが・・。

我が家のホースに消しゴムほどのカエルが・・。 アルゼンチンの人が日本に来て『カエルの大合唱』にはきっと驚くとおもいます。 

日差しを避けるためできるだけ山裾で・・・我が書斎(くるま)をとめて勉強を・・(そうそう・・カミさまは 「はなれ」 ・・と呼んでいたな・・、 こっちの方がぴったしかも)。 で一時間ほどして動かそうとしたら、「はなれ」にクモが巣をしていました。 日本中の(植物を含めた)生き物が蠢動している時期ですよね。120606_101553 

●[ Esta  planta  es  *Diente  de  Leon * .  Pero  mi  pais , como  se  dise  * Tampopo * . ]

10年以上前、南極に近いところのパックツアーで、地元のガイドさんがタンポポのことを『ライオンの歯』と呼んでいました。 私が日本ではタンポポと発音すると言うと、タンポポ。・タンポポ・・と言っていました。 発音がかわいいですものね。

そうなんです。 この2~3日、なぜか急に・・アルゼンチンのことが胸に去来するのです。 なにかの予感かな・・・。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・120608_181122

● 大分の感想の続き(その②)です。 アップして見てくださいね。

瞬間・瞬間に自分を『ニュートラル』にして考えることが少しは出来るようになったかも・・。 これってアルゼンチンで鍛えられたから・・と思います。

| | コメント (2)

潮目が変わったかも・・(2012・6月3日)

120531_160747 [ Este  fresera  no  puede  comer .  Nombre  es  * fresera de serpiente *  ]  英語の勉強。 何人もの方から「少し力を抜いてね」・・とのお言葉を。 ありがとうございます。 しかし一日10時間は・・なんとしても・・ウーーゥゥ

ところで2~3日前から、頭がワイヤー4~5本でぐるぐる巻きにされて(しかも棘つきの・・)いたような感じが、ワイヤー1本ぐらいに軽減したのです・・。 なにか「潮目が変わった」感じがします。 まあ田舎役者ですからこんなことを書いたとたん、新たな岩盤にぶち当たると思いますが。)

ここで一か月後あたりに私が英語のテスト(受けることになるかどうかも今だ不明なのですが・・話がややこしくてすみません)についてこの際説明しておきます。 『 予定の試験はTOEIC(トーイック)といいます。  200問の4択を2時間で回答する1000点満点のテストです。 4択だから250点は取れる?・・それが大ー間違い。 まあいろんなたとえ方があるかと思いますが、高校の期末テストの50回分を2時間んでやる・・みたいな・・それはそれは過酷な過酷なテストなのです。 』

● [ Noticia  de ONG hitonet logro  numero de 50 .  Este  dibujo  es  provincia  Oita .  Por  supuest  yo  dibuje .]  さてこれから何回か、大分市の講座の感想文を紹介させていただくことといたします。 英語の悲鳴・・などよりもっと大事なことがいっぱい紹介できると思います。 写真は「ひとねっと」のニュース(なんと50号です・・ちょっとすごいかも・・)ですが、大分の絵をレイアウトしてみました。 120601_063838_2

( 主催者のS様からの丁重なお礼状の一部です)・・『 原屋文次様の 優しく自愛に満ちたお顔から発せられる一つ一つのお言葉から 子ども達への無限の愛おしさがひしひしと感じられ、 とても温かく、 お人柄がとても感じられる保育学習会でした。 斎藤公子先生の保育の奥深さを追求されて 体系化され、若い保育者にはとても素晴らしい学習会でした。 』 

つぶやき・・(いつもカミさんから顔の表情のことでイエローやらレッドカードをもらっているのですが・・表情のことを褒められるなんて・・・カミさまもちょっとびっくりしていました・・)

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »