« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

福岡県・大牟田にて・・(2012・4月29日)

120416_185309  たしか大牟田にも斎藤メソッドの交流に行ったと思うのですが?? こんな写真ばかりです。

もちろん園児との交流もしましたし(2回)、保護者の[斎藤リズムの体験会(これがなかなか良くて、25名以上の方たちの瞳が輝いていました)]・・、そして職員の学習会もしましたし・・。

でも結局こんな写真です。 でもこの県のおなごしは、『芸は別腹』なんですよね。 出し物は合計何個だったかのぅ?? 5個ぐらいじゃったかのぅ?? もう記憶するのも大変なほど・・・ そしてついにはブログにかけないような芸まで出て。。 120416_200633 

 この出し物ですが、ハラヤのリュックを使って・・の(ああ、私じゃないですよ)。 実は、毎回駅でのお迎えが、ぬいぐるみを着たりの○○やらと珍芸で待ち伏せされるのですが。

で、今回は「迎えがないなーー! やっぱ、新幹線の駅と間違えたんだわ!!」 とイライラしながら、40分前から手に握っている紙切れ(なにしろ、缶などのゴミ箱は割合あるのですが、紙などのゴミ箱は無ーーーい) をどこに棄てようかとそっちもイライラ。。。

しょうがないから改札口を出たら、変な黒ずくめのおなごが前をふさぐ・・。 するとその後ろになんと、なんと奇跡のようにゴミを掃除しているおばさんがいるではないか。 黒ずくめをかわして掃除の方に、「あのーーゴミお願いします!!」 と近づいたら、なんとドスンと私にぶつかるのです。 私は平身低頭あやまっていると、顔をあげたのです。 げげげげッ!!!!!!!!!

なんと掃除のおばさんに変装していて、私が奇跡のような流で まんまとひっかかった・・・というわけで。。。。。それを飲み会ですぐ芸にしているのです。 もおううう120423_150526ううう・・今でもあきれた怒りが。○○のバカバカバカ!!

 段落・・・・・・。 次は、松江での話。 九州から戻って、先日 某デイサービスで、島根の民謡[ 関の五本松♪ ] に私が創作踊り?・・といっても大牟田と同じようなものですが。 スタッフのみなさんがけなげにも楽しく踊ってくれました。 ま結局DNAは近いかもね。120425_174750

 さてさて、3日前 回転ずしに行きました。 なにしろ生まれて初めてです。(あんな恥ずかしいところは死ぬまでいくもんか・・と思ってたのですが・・)  なにしろ気分転換をしなければならない事態が起こっているのです。   昨年のいまごろも英語の試験云々・・でお騒がせしましたが、ことしも急遽また英語の騒ぎが。 まあ去年みたいに受けなくていいことになるかも。。ともかくバイトの合間をぬって、一日10時間を目標に。 もう顔が腫れています。 ぐ る じ い-!

 

| | コメント (0)

大分市にて・・(2012・4月22日)

120413_180116_2 ● [ 大分市  La  semana  pasada  fui  a  provincia  de  Oita ] 先週の週末、大分市の4か園の招きで斎藤メソッドの交流に行きました。

早速ながら、この街のランドマークであろう○○ホテルが宿でしたが・・。 もし次回ということがありましたら、6000円ぐらいのところでお願いいしたいものです。 このシチュエーションですと疲れてしまう体質ですので。 すみませんね。 (これはもちろん部屋から撮しました。)

前夜の園長さん方との懇親会に続いて土曜日の午前中は、アルゼンチンでの活動をパワーポイントを使っての報告。 パワーポイントで2時間半はきついですが、みなさん熱心に聞いていただきました。 もちろんそれはアルゼンチンで斎藤メソッド120414_140802がどのように受け入れられたか・・という話なのです。

[ 斎藤メソッドの講座  Tuvimos  un curso  de  Metodo  Saito ]   そして午後の3時間は斎藤メソッドの実技。 アルゼンチンで作成した「漫画で見る斎藤メソッド」の日本語版で。

ポイントを絞り込んで??などと、前夜、夜中まで迷いながら作業していたのですが、園長さんたちから「 はしょらないで、全部やってほしい120414_150559・・」と言われていっぺんに肩の力も抜け、悩まずにやれました。 80人近かったかもしれません。 どこかなごやかな空気が流れていたからでしょう。  

4園の園長さんはじめ、みなさま本当にありがとうございました。

(なにか書き損じている・・気もしますが、後日、追伸と言う形ででも・・・。)

| | コメント (1)

九州より戻りました (2012・4月18日)

120413_155234  昨日夜、九州より帰りました。

さて先週金曜日、九州へ。 大分では園児100名以上の大きな保育園の4園の合同研修会ということ・・大分が近づくと、気がつくとリュックをシッカと握っていました。 ま、緊張です。

昨日福岡県も終わって、新幹線を乗り継いで新山口(昔は小郡(おごおり)と言ったですよね)。 駅から山口線で一路松江へ。 ここまでもどれば・・ヤレヤレ・・とコップ酒。

 ほう 「山頭火」・・こりゃ飲むしかない。 そうだねえ、120417_155751老後(もうなっているか・・)は九州・・という空想をしてきた私としては、それがかなわなくても、やはり山頭火のたどった道ぐらいは歩きたいもの(・・でもこの話、以前にしたなぁ・・)

さて詳細は通常の日曜日のUPでします。 ○○になります・・のバイト・・に出かけなくては・・なので。

| | コメント (0)

ひとねっと総会終了 (2012・4月11日)

120407_161648  [ ひとねっと の総会  Hicimos  la  asamblea  de  nuestros ONG ]

昨年は総会をしていませんので2年ぶりの総会を土曜日に行いました。 会員のみなさまには近いうちに、総会内容をお知らせいたします。

間近になって3~4人の方が都合が悪くなったりして10人弱で行いました。120411_114927

 [ 日本は今、桜が満開です  Ahora ,  el  cerezo  esta  floresiendo  en Japon  ]

例年より2週間ぐらい遅れて桜が咲きました。

これは今日の八雲村。 入学3日目。 先生や上級生につきそわれての一年生の下校・・に降りしきる雨。 今のご時世、子供達を勝手に撮ったりは出来ない時代ですが、先生と目があって、その目にほほえみが感じれましたので一枚。120411_115949

 でも今年は花の色は随分白っぽいです。 なので、PC内ですこし加工しました。

情報』・・じつは週末に大分県福岡県に行きます。 斎藤メソッドの交流です。

PC持って行きませんので、次のUPは来週の水曜あたり・・と思います。 それでは九州のみなさま、よろしくお願いいたします。

| | コメント (3)

長さ7000キロの手があったら・・(2012・4月7日)

120331_151543  [ 映画「チェリノブイリ・ハート」を観ました  He visto una  pelicula  de  Dano  de  accideste  de  Chernoby1  ]

チェリノブイリの原発事故の後、心臓(ハート)に奇形が多発するロシアを描くドキュメントでした。 もちろん心臓だけでなくありとあらゆる奇形が子供たちを襲っています。

心臓の奇形にはアメリカの医師たちが「朝飯前・・」みたいな感じで手術の援助をしていました(もっとも全体からみれば数パーセントと思いますが)。  しかしそれ以外の奇形には、「なんの手立てもない・・」の繰り返しでした。

私はそうだろうか・・と思うことしきりでした。 アルゼンチンのフォルモッサ州の先住民・ナンコン村で見た赤ちゃんの手は桃に三つの切り目を入れた風の奇形で、現地のひとの観測では「農薬=枯葉剤」によるものと思われる・・とのことでした。

その赤ちゃんの奇形の手への援助の仕方はここで割愛するとして、斎藤メソッドの視点からすれば、奇形に「手の打ちようが無い・・」立場とはまったく違います。  ああ! 私の手が、今少し・・いや少しではなく7000キロほどの「巨人」の長さがあれば、あの赤ちゃんたちに触ってやれるのに・・。

120331_153831  終わって、皆でカフェ屋に。 そこで写真の○○川さんが、『 私の知り合いが除草剤をまいてたので、「あんたたち!ダイオキシンのことを知らんかね! 私が草を取ってあげーけん除草剤なんか使わんで!!」・・と言ってやった・・』 と。

「こりゃあ・・痛快な話だ、ブログに書かせて!」 と私。 「まあ!・・」と言いながら横を向かれました。 しかし島根の田舎でこんな生き方をする彼女に大きな喝采を(と、少しハラハラ感も)120403_151408。。。 でもスバラシイ!!!

 話が長くなりますが、ある目的で健康診断を。 これが医者がびっくりされたほど、いろんな数値が↑になっていたのです。  でこれは週一回行っている「フィットネスクラブ」の広報誌ですが。。

ここに60代・男性(わたしです)・・でコメントが載っています。 そして○○になります・・のバイトも70パーセントは歩く内容ですので、腹回りなどこの一年で、7センチも短くなっていました。

追伸。。。今、金曜です。 実は明日「ひとねっと」の総会なのです。

あとの交流会等々も含めて様子は、来週の水曜日あたりにUPさせてください。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »