« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

61年前の・・(2012・4月1日)

120326_114108 ● [ 61年前の私の兄弟の写真・・私は3歳と思われます。 Esta foto  es  nuestro  hermanos  antes  de  61 anos ..  Yo tengo  3  anos ( Debajo de lado de izquierda) ]

奥出雲の実家で「冠婚葬祭」にかかわる○○がありました。 その場で兄貴が、なんと61年前の写真(私は初めて見る・・)を出してきました。

うーーーーん。。。 私が3歳・・時計の逆回りに、5歳・・7歳・・9歳・・の長女までがきれいに並ばされています(一番下の妹はまだ生まれていません)。

もっとも当時は写真屋が修正するのがならわしでしたので、どうしても博多人形のような感じになります。 自慢・・とかでなく当時の日本の雰囲気が結構出てる・・と思いまして掲載してみました。   私も「よだれかけ」・・がまた必要な年齢になりますね。

● [ 過去帳  Este es la  cronica de mi famiria   ]120326_105901

そしてこれも兄貴がとりだした過去帳。 ここに私の名前を付けるに当たっての「由来」となった「文次郎」の名が見えます。

文化(江戸時代の)と書いてありますからざっと今から200年前。 父は宮大工だったこの先祖にあやかって私の名前を付けたのです。

それにしても昔ならこうした物は燃やしてしまっただろう兄貴の変心ぶりに、少しとまどいを感じてしまいました。

| | コメント (0)

自己雇用・・(2012・3月25日)

120324_072914 ● [二つ目のバイト。 前掛けが似合わないなぁ・・    Yo  empiezo  segundo trabajo  por  horas .  A  mi  no  me  siento  el  delantal .]

「 ○○になります 」・・に加えて、『 ○○でぇーーす 』のバイトを始めました。・・・と言っても、8割がたボランティアですが。  ただ、「○○でぇーーす」・・と大声での仕事ですので、なにか精神衛生上・・とてもいいです。

今日、「バングラディシュ・グラミン銀行」を作った『 ムハマド・ユヌス 』さん(ノーベル平和賞)の活動の映像を見に行きました。 スバラシイ!! マルクスが現代に生きていたらかくや・・と思わせるほどの腰が抜けるほどの活動を展開しているのですね。

で、その学習会で『自己雇用』という言葉が紹介されていました。 まだ完全には理解していませんが、どこか私の境遇(生き様)に重なるような気がしてこの120317_122339タイトルとしました。

● [私のふるさとへの峠 El  paso  por  mi  pueblo  natal .   Este agua  se  origina  la  nieve  . ]    

 母のことで「毎週末には奥出雲」が続いています。  写真は、雲南市から奥出雲町への峠道の横の渓流です。

『ひのたん』( おそらく「火の谷」という字をあてるのでしょうか・・)と呼んでいますが、昔はこの道しかなかったので本当に結界(けっかい)の峠という感じでした。 いまはもちろん立派な別の道がありますが。

で、この谷に雪解け水が勢いよく・・・ この上流には民家はないので、夏にまた訪れましょう。120320_115138 

 下は700円の酢豚定食のスープです・・・が、どこか『アート』に見えたので一枚・・。

まあそれだけのことですけど。。。

| | コメント (0)

「金子みすゞ」のことなど・・(2012・3月18日)

● [ Historia  de este dia   es  sobre de  poema ] 120308_191334

あちこちでのうたレク♪ 。 。 3月のA面には 「どこかで春が」 「靴が鳴る」 「星の界(よ)」 「喜びも悲しみも幾年月」 ・・そして真ん中には 『金子みすず』 の 『大漁』 の童謡詩が。

これをみんなで素読するのです。・・みなさん大声で素読されます。  2回目は音を抑えたハラヤのキーボードの音を背景にもう一度・・。  これがなかなかステキなのです。 

このスタイル・・当分続くかも・・。( 追記・・ 「みすゞ」の作品はまだ著作権がある(ふつうは50年で消滅するが・・)という特別な処置がとられているようです。 高齢者のリハビリ等にこうした形で使用する・・あるいはブログの記事にする・・などにも問題があるのでしょうか・・ 120308_161256

 「史談会」で詩人の○○○○の話が出ました。 そりゃあ・・2~3つのは有名ですから、いくら文学音痴の私でも・・。

でも、あわてて文庫本を買って目を通しました。 やはりすごいものですね。 背骨が2~3センチ伸びました(いや・・5~7センチぐらい伸びたかも)。

(誰か?ですって。 お許しください・・本来なら中学生のとき読んでいなければならないものですので・・)

あわせて「みすゞ」の文庫本も。 これの本体はアルゼンチンに置いています。 (・・あれ、むこうでだれかに差し上げたかな・・)。 

さて、ここで少し[ 大事な情報 ]が・・。 というのは5月にはまたアルゼンチンに行きます・・とあちこちで言っていましたが・・・ある事情があって  『 すこし先に延ばすこととしました 』 。 いつか・・はその事情の展開しだいですので、いまは○月などと書けないことをお許しくださいませ。

| | コメント (0)

Sertificado de Adriana NO4 (15.3.2012)

②  A partir  de  abril  de  2009 ,  se  nombro  a  Adriana  como  una  de  las  dos  personas  que  recibirian  capacitacion  aun  mas  intensa  en  marco  del  proyecto  de  cooperacion  tecnica  de  JICA .

Ademas  de  la  capacitacion  tecnica  a  traves  de  los  talleres ,  Adriana  recibio  incluso  una  capacitacion  teorica  ,  razon  por  la  cual  solicitamos  su  participacion  como  expositora  asistente  en  el  taller  del  barrio  INTA  y ,  de  este  modo  ,  nos  aseguramos  de  que  su  capacitacion  en  el  metodo  Saito  haya  sido  al  100% .Photo 

具体的には学習会とは別にアドリアナさんへの個別の理論学習を持ち、2009年9~10月にはバリオインタでの学習会でのサブ講師も務めてもらいました。

こうして斎藤メソッドの障がい児へのメソッドは100%身につけた状態となりました。

③   Desde  el  ano  2010 ,  Adriana  comenzo  a  asesorar  a  sus  conocidos  a  a  asistir  casos  de  ninos  discapacitados  en  el  vecindario .

Sus  proximos  pasos  consisten  en  obtener  el  titulo  de  enfermera  y  volcarse  de  lleno  al  tratamiento  de  ninos  con  alto  nivel  de  discapasidad  en  su  pueblo  natal ( FIN).Photo_2 

2010年には自分の居住地や知人の障がい児の発達相談も開始し、現在も継続しています。

こうして今後は、看護婦資格(特別の資格も含めて)も得て、郷里フフイ州での就職と重度障がい児への腰をすえたボランティア活動を展望しています。 (おわり)

| | コメント (0)

今日は「きすき」の話 (2012・3月11日)

120304_182827 ● [島根県 雲南市 木次(きすき)町の『 焼きさば 』の話です。  Historia  de  caballa  de  asar  en un  pueblo de KISUKI   ]

97歳の私の実母の老衰がすすみ、このところ週一回は奥出雲へかよっています。  そのため途中の木次の町でいくつかのエピソードが生まれています。

その昔(と言っても、私の小さい頃)・・生魚が山間地では流通していない頃、焼いたサバが一つのエネルギー源でした。 その『 焼きさば 』が今も木次の町では市民権を持っている様子は嬉しい限りです。

JR・木次駅のすぐ近くの『 おくい 』という食堂で、「焼きさば寿司」が食べれます。 腹が立つほどのボリュウムと、目の玉が飛び出るほどのおいしさです。 ( ちなみにサバだけでなくすべておいしいです) ( ネットで「島根・ 木次・ さばずし」で検索できます)120310_104648

 [桜ぞめ・・の話  Historia  de  tenido  de  cerezo ]

次は「 桜ぞめ 」の話。 これも木次。 今ちょうど『 食の杜 ・奥出雲葡萄園 』 で展示即売会を開いておられます(4月20日まで)。

小さなワイナリーの地下が会場。 そのため、そのすばらしい色合いが写真では出ていませんが。 (このネクタイですか・・私のでなく、ある特別なことに・・・)  木次は桜の名所でもありますが、この作家さん(木花工房)の仕事もすばらしいものです。 こちらは立派なホームページご覧ください

http://konohana-kobo.jimdo.com/

末尾ながら・・・大震災と原発災害(人災)から一年。 直接の復興とあわせ日本の社会の復興もめざしたいものです。 本日これにて・・。 

| | コメント (0)

おしらせ・・(2012・3月8日)

臨時のお知らせです。
ブエノスの相川さんから情報をいただきました。 バイアブランカのバイアさんからも同じ情報をいただいております。
みなさまも是非ご覧くださいませ。
『 TBS世界ふしぎ発見!3月10日(土)午後9時オンエア

第1222回「一番遠い親日国アルゼンチン 海を渡ったサムライ 


相川さんがコーディネートされた番組です。

http(← 情報張り付いています)

| | コメント (0)

今日は「おどり」の話・・(2012・3月4日)

120223_130413  [ ある漁村に踊りのアドバイスに行きました  Visite  a algun  pueblo  para  el  consejo  del  baile  ]

行ったのは美保関町の七類地区。 写真は美保関に伝わる地元の踊りですが、この方々のお目当ては、ハラヤさんから、[あやしい踊り]を伝授してもらうことにあるのです。

まあ「世界テーゲー民族芸能祭]の範疇のまったくの「しょさ芸」です。 たとえば女性の方に上向きに寝てもらって、片足を挙げてもらい・・それを「貝殻節」をうたいながら漕ぐ(船の櫂にみたてて・・)という感じ。 当日、けなげにもそうした・・いくつかのネタを勉強されました。 120225_133215(だいじょうぶかね?)

●[ 隠岐国分寺の蓮華会舞い(れんげえまい)のポスターが  Hay  una  poster  de  baile tradicion ]

数日前、マゴちゃん2人が息子(マゴちゃんのおとうさん)の用事で3~4日帰県しました。 迎えに行った米子(よなご)飛行場のレストランに隠岐の島の『蓮華会舞』のポスターが・・ま、ざっと1000年ぐらいの歴史をもちます。もっともそのルーツ(東南アジア・インドを含めればさらに2千~3千年もさかのぼるかも・・)。

すばらいい文化『遺産』(ほんとは胃散と書きたかった)です。 (http://www.pref.shimane.lg.jp/kochokoho/renge.html ・・動画ではないですが)  いまから20年ぐらい前、所用で隠岐の島に渡った時、この踊りが行われる『隠岐国分寺』を訪ね(もちろんアポなしで・・)、住職さんに『40以上あったとされる踊りが7~8つぐらいしか残っていないのは「いか--にも残念!!」。 私にその残りの踊りを復興させてください!!!』・・と叫んでいました。   ああ、その時の住職さんの顔ですか? もちろん引きつっていましたけど・・。

ま、踊り・・ということに対しては、私の体のどこかにエゲツないエネルギーがあるのでしょうかね。120228_111240

 [ マゴが作った雪だるま  Mi  nieta  hizo   el  muneco  de  nieve ]

枕木山の中腹の集落の残り少ない雪で「雪だるま」を作りました。  

| | コメント (0)

sertificado de Adriana NO3 (1.3.2012)

3... Actibidades  de  Adriana  y  su  proceso  de  capacitacion  tecnica .

1.   El  primer  encuentro  con  Adriana  tuvo  lugar  en  un  taller  realizado  de  2007 .  A  partir  de  ese  dia ,  Adriana  comenzo  a  practicar  el  metodo  Saito  a  su  hija Micaera , cuyo  nivel  de  discapacidad  es alto .  En  estos  cuatro  anos  participo  en  mas  de  40  talleres .

El  Metodo  Saito  fue  creado  hace  40  anos  por  la  profesora  Kimiko  Saito ,  japonesa , quien  encontro  una  pista  en  la  historia  de  la  evolucion :

* * El  desarrollo  del  nino  discapacitado  se  logra  de  manera  naturNo1al  y  autonoma  por  medio  de  estimulos  primitivos  en  la  parte  central  del  cerebro .

El  metodo  es  tan  sencillo  que  no  hace  falta  que  la  persona  que  ejerza  tenga  conocimientos  tecnicos ,  ni  se  requiere  una  entrenamiento  especial  y ,  si  uno  quiere,  puede  comenzar  a  ejercerlo  de  inmediato .  Por  ejemplo ,  el  suave  canto  de  una  madre  psdria  ser  un  buen  estimulante . * *

Micaela  participo  en  varios  talleres  y  su  caso  sirvio  de  modelo , y  eso  al  mismo  tiempo  ayudo  a  que  Adriana  avanzara  en  su  capacitacion .

Gracias  a  un  gran  esfuerzo  de  ambas  partes ,  Micaela  ha  logrado  un  avance  sorprendente .

3 アドリアナさんの活動と技術取得の経過

  ① アドリアナさんと出会ったのは2007年の学習会でしたが、アドリアナさんはその日から重度障がい児のわが子・ミカエラちゃんに斎藤メソッドの施しを開始しました。 彼女への技術移転の場は4年間で40回以上となっています。101122_012449

さてこの斎藤メソッドとは今から40年前、日本の斎藤公子氏によって創造されたメソッドで、「進化の歴史をヒントにして、障がい児に原始的な刺激を「あそび」として脳の中枢部に与えることにより、障がい児の自然的・自律的は発達を獲得していく」というものです。

それは、母親などからの優しい歌などをともなって行われ、その方法も特別な訓練や資格が必要なく、学んだその日から実行できるものです。

学習会ではミカエラちゃんをモデルとして参加させることを通じても、アドリアナさんへの技術移転をはかってきました。

こうして、彼女の努力ともあいまって、ミカエラちゃんの発達は驚異的に改善していきました。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »