« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

もみの木 (2011・8月28日)

110826_102908  金、土と岡山市の「もみの木」保育園にカミさま・・と行ってきました。

「ひとねっと」は保育園を持ちませんが、「姉妹園」という感じです。(ま、一方的ですが)

さて、じりじりした日差しの下 農業用の日陰シートの下、2歳児がプールあそびをしています。 プールめがけてすべるのです。

 土台のリズムのあとこうして遊んで、11時からお昼ご飯、その後また砂110826_105154あそび、お昼寝のあとまた外あそび、帰る前にまたリズム。 これほどの徹底した保育では、育たないほうがおかしい・・ほどの重厚な保育が行われていました。

3~5歳児のリズム。 園長のMさんの叱る声が響きます。 しかし、それは子供たちを逃げ場のないところに追い詰める質のものではないので、4歳児の子たちも自由さを保持しつつ参加しています。

これがもみの木のすばらしいところです。

 ・・・ ・・・段落、110820_120851

いきつけ(?)のデイサービスのKさんの双眼鏡です。・・よく見ていただくとラバウル航空隊 等々とあります。

このKさん、300機が米軍に撃墜される中 帰還をはたした10数機のうちの一人でした。 もちろんひん死の重傷を受けて。

そしてKさんは最後までアメリカとの平和外交を貫こうとし、陸軍(特高)から命を狙われたと思われる山本五十六が乗った飛行機が撃墜されるのを目撃をもしたそうです。110818_170646

● 所属する史談会あたりからはハラヤは軟弱だと揶揄されそうです。 しかしこうしたことは戦争に賛成かどうか・・などという範疇のことでなく、その人が生きてきた事実への共感と思います。

時を同じくしてNHKで「坂の上の雲」の再放送を行っています。 アルゼンチンで涙して見たものです。

これまた史談会では日露戦争の美化・・とかたずけられそうです。 しかし異国の地では涙なしでは見ることが出来ませんでした。 そのアルゼンチンへの出発ももう一週間後となりました。

そうそう・・、そのTVで正岡子規が結核に侵されたと知ったあと、[ 号 』を子規と名乗るのですが、それは「死期」にかけたのではと思ったりしました。(あれ、号はこの字でいいのかな・・)

| | コメント (0)

九州 その2 (2011・8月21日)

110809_192953  本当に大牟田の3日間は現実だったのだろうか。 夢の中のできごととも思えます。

園児(幼稚園だから夏休み中なので、臨時登園だった)へのリズムあそび。 そして午後はアルゼンチンの活動を聞いていただきました。

そして、ありゃりゃ。。。夜は懇親会。 炭坑節をおどる職員の方々。 さすが大衆演劇などという言葉がまだ現実である九州。 このぐらい平気なんでしょうね。

お返しに、ハラヤが「どじょうすくい」を踊ったのは言うまでも110810_085349ないですし、彼女たちにも伝授しました。

 3日めの午前中は市内観光。。 といっても三井三池の炭坑「跡」を連れてあるいてもらいました。

これは明治のころは囚人に炭坑の労働をさせていたころの収容所。 戦時中は朝鮮人労働者(強制連行した)の住まい?ともなったそうです110810_090208

炭坑の施設の跡。 なんでも世界遺産をめざしているとのこと。 正の遺産だけでなく、負の遺産にも目を向けないと・・・とても・・とは私の思い過ごし?  

 段落。 話かわって、お盆。 カミさま。。の還暦の同窓会とかで、江津へ。

待っているあいだ、彼女の育った街角を110814_105625散策。 強い光にカニが。 私なら棒でつつくか、採って食うか、しょんべんでもかけるか。。 しかし彼女は溝なのを覗き込むような育ちではなかったのでは。

しかし散策するうちに、この一角はその昔、とてつもない栄華をきわめた街角だった。

 その栄華とは関係ないが、アートな飯屋が。 一日3本も通110814_170528るか・・というほどの三江線とマッチして、みなさんお勧めです。 飯も星○っつ↑↑。

110815_093328  で、今は空き地になっているこの場所に彼女の家があったとのこと。。。

たしか益田市に行ったときも、今は駐車場となっている場所を指さして、「たしかここに生まれた家があった」・・と聞いたな。

ま、ともかくこの地の歴史を彼女にレクチャーしたのでありました。

| | コメント (3)

九州 その1 (2011・8月14日)

110808_134430  ブログに侵入してこられた九州の「 じゃりんこ 」さんに「捕獲」され・・ついに現地に行ってきました。

岡山から鹿児島行きの「さくら」に乗って。 たった2時間半ほどで大牟田駅に。 なんと早いことよ!!

110808_161104  駅に着くと・・。 名前を書いた紙をもっている手筈・・じゃったが、3人で・・あの・・エグザエルなんかがやる・・(ハア ちゅうちゅうトレイン というのですか)

バラバラだし、回りから浮いてるし。 しかし、そんなことおかまいなしのこゆーいキャラに2日間楽しくおつきあいさせていただきました。110808_191153

 その夜は、ブエノスで知り合った夏目さん(なんと彼も大牟田)と黒ビールで。。

110808_195833  このじゃりんこさん。 私が作った斉藤メソッドの合本のあちこちに線を引いたりのマニアぶり。 ありがたいことです。

アルゼンチンの活動と経験を国内にどう還元するか。 今後はすこしづつ意識していかねば・・・という範疇の活動とおもいます。

 以下来週。110807_113244

 出発前の日曜日。ハラヤ宅でリズムのつどいをしました。

(このブログ・・週一回・・日曜日 のUPです)

| | コメント (0)

孔雀事件をたずさえて (2011・8月7日)

110804_175139  松江88『蚊』所・・から削除した秋鹿(あいか)の浜。 道の駅ができてしまったので削除していたのですが。

でも、やはりいい場所ですね。 また復活させましょう。 

カヌーが一時間300円と、ただみたいな値段が表示されていました。 また体験したらブロぐりましょう。

次のは、この場所から1キロほど出雲大社側にいったとこです。110806_075240

 しじみの船宿などがいい感じです。 88蚊所に入れますが、ネーミングはまだです。

プーーーン と強い潮の香りが。 宍道湖の中ほどなのにこの香り。 やはり汽水湖なのですね。

110804_143130 さて、歌レク♪

生協病院の病棟です。

もちろんわざとぼかして写しました。 40人もの入院患者さんが、声は小さいが笑顔で110806_122212 歌っておられました。

 もう一回さてさて、、来週 九州に行く予定です。 さきのことは書かないモットーのこのブログですが、一応ふれます。

で、向こうから『斎藤先生とハラヤさんのことがわかるものも』 との希望が。 先生の著書に私について書かれているこの本。

でも私のはアルゼンチンに置いてあります。 そこで出雲市のAさんに借りにいきました。 この本のなかで、孔雀事件・・という小見出しで、先生が私についてかいておられます。

もちろん叱られた話ですが。

110806_144408

 町には『やまごぼう』が色づきはじめました。

近年は、私にとっては『アルゼンチンに行く季節』を告げるのです。

フライトのチケットも手配済み。 一か月後にはブエノスの予定です。

| | コメント (0)

○○になります!? (2011・8月1日)

 一日遅れのUPです。 4日ほど前、新しいバイトの研修がありました。 アルゼンチンへの渡航の調整に入っているはずなのに・・です。 

で研修・・。 お客様?へあるものを渡すとき・・『○○になります・・』 と言えと30代の講師が。 さすがに60代にそれは言えません。 発言して、○○です・・と言っていいことになりました。

まさかこの歳で、例の1000円『から』ちょうだいします・・とは言えないですしね。110730_100655

● さて、2日ほどマゴちゃんのところへ行っていました。 さきほど帰りました。

『ハイ! 爪も洗いましょう』・・と(自分でいいながら)、みごとな手洗い。 さすが医療系のおかあさんに鍛えられている。

ブンじい・・ 赤面 じゃった。110724_134204

● ・・・段落・・ 久ーーしぶりに温泉の話。

じつは、あれだけ通っていた温泉(ま、いわゆる立ち寄り湯)にほとんど行かない最近です。

それはマナー(私でなく他人の。。)が悪くて、ゆっくり湯に浸かっている気分になれないかrです。

何か月ぶりに、先日 家族風呂・・に二人で入りました。 まあ夏ですから20分ほどで出ましたけど。

いいでしょ。。これで1500円程度だし。。そして、この場所ですが・・ブログでは書きません・・なんちゃって・・でも、一切マスコミを拒否している温泉なんです。 もちろん一軒宿。

お問い合わせにはお答えしますよ。 今日はこんなブログです。 ではこれにて・・。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »