« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

社会還元・・(2011・5月29日)

110516_141724  JICAなどの業界?で、「社会還元」という言葉があります。 そんなに好きな言葉ではないのですが、今は自然な形で社会への還元ということに立ち向かえそうです。

そんな矢先、ひょんなことから・・・松江市のある福祉団体の役員を引き受けることとなりました。

どんなことになるやら・・。 しかしアルゼンチンのフォルモッサ州のリリアーナさんが言ってくれた、「ハラヤが訪問してくれた施設や場所では、そのあと皆が仲良くなる・・」と言ってくれたこと・・そのことが私の役割だと思っています。 (もっとも、アルゼンチンでの活動中は別ですが・・)

110516_145031  これはヒヤシンス? アイリス? ・・ま、名前には興味がない自分。 春から初夏へ・・(もっとも日本には梅雨がありますが・・しかも、例年より2週間も早く梅雨入りしましたが)・・じつに様々な花ばなが・・まさに百花繚乱ですね。

110521_162230

 さて、「ひとねっと」のニュースが出来ました。 今回のこの部分は120枚完全手書きです。 なにかそうでないと失礼になるような気がしましたので。

色塗りは役員のFさんにがんばっていただきました

| | コメント (0)

一応の打ち上げ (2011・5月22日)

110519_111216  19日、JICA中国への『草の根』としての最後の行事が。

朝から松江を出て、中国山地を超えて・・。 いつも止まって水を飲む湧水場・・。 だれかが笹の葉を置いて飲みやすくしてくれたみたい。 私みたいな人間もいるのじゃな~。

110519_152341  JICA到着。 『ひとねっと』の婦人。。 どこか異国の人々にも見えたりも(左から横山・はらや・福原さん)。

 午後4時から所長さん以下3名の方々との面会・懇談。(横ならびの写真を予定していましたが、忘れました)

110519_185625  そしてなんと夜、慰労会?を開いていただきました。 もちろんお金は『完全割り勘』ですよ。 これは所長さんとハラヤのおちょこの乾杯。

しかし、JICAの所長さんがこうした場まで参加されるものなのだろうか??

 などと思案しているうちに、うちのカ110519_193436ミさまと所長さん、酒量がおなじなのかその場のてっぺんを構成していました。(写真確認ずみです)

JICA側4名さま、「ひとねっと」側4名、計8名でなごやかに懇談いたしました。参加していただいた方々、ありがとうございました。

もうこれが最後かな・・と言いながらJICAさんとの御縁がつづいています。 そして今後・・もうすこし御縁が続くように思います(ま、はっきりはしませんが) 

| | コメント (2)

シンハラ語 ? (2011・5月15日)

110510_185606  住まいの近くに大学があります。 そこの留学生をゲストに「世界の料理にふれながら英語体験も・・」 という催しがあり参加しました。

第1回はスリランカ(その昔のセイロン)料理。 けっこう期待していきました。

しかし、中には流暢な日本語の人もいる。 それに彼ら同士の会話はシンハラ語?

英語・・と言う点では、まったく役に立ちませんでした。 ま、料理のほうは少し参考になりましたが。 しかし最後の会食では、辛くて(胡椒がらい)口の中がひりひり。 早々にギブアップでした。

 さて、今週ネタがありません。 週一回のブログにも三桁の読者の方々が覗いていただいていて(アクセス解析)恐縮しています。

なにか2週に1回でもいいかな。。と思ったりもしますが、もう少し週1で続けてみます。 本日これにて・・。

| | コメント (0)

注文の多い料理店 (2011・5月8日)

110503_103533  連休・・みなさんいかがお過ごしだったでしょうか。

ハラヤ宅ではハラヤマゴちゃんやら、会員のHさん夫婦のSちゃんやら・・で、託児所。。のよう。

さて、一日ぐらいは県外に行くか・・と岡山の高梁あたりに出かけました。

110504_152814  途中の鳥取県の西部あたりでは、鯉のぼりとならんで『幟(のぼり)』が。

全国的には知りませんが、わが出雲地域もふくめてこのあたりの風物なのです。

このお宅のは手塗のものでした。 すばらしいですね。

 さて、もう一つのお仕事?は、マゴちゃんたちに遊べる川を探110504_160624すこと。 一緒だったわけではないですが。。で、日南町でとてもいいところを見つけました。

これは見つけた川の近くの農家の牛小屋です。

さて、ここから本題・・と言っても、紙面がないぞ。

 で、この料亭、高梁市の山の中。 元は武家の家だった家が料亭になっているのです。 

それが、「男性はだめ」。 「子供はだめ」。 「酒は出さない」。 110505_114338等々・・まるで、『注文の多い料理店』。

しかし、内容はここ10年では最高ーゥでした。 もっと紹介したいですが、そのうちに・・・。

ところで、なぜハラヤ(一応男)の電話予約をこの店主は受けたのですか・・ときくと、「やさしそうな声だったので・・」ですと。 カミさまは例によって首をかしげていましたが。

ともかく、なにかいい連休でした。 勉強もいっぱいできたし。 (そうか。。連休。。と、新緑。 4年ぶりだったからかも・・)   

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »