« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

隠岐騒動 (2011・3月30日)

110329_142941  なんと・・2日ほど所用で、隠岐の島にいっていました。 さきほど帰りました。 (3日間ネットが齟齬をきたしていましたのは隠岐のせいではなく、まったく機械のことでしたが)

さてこれは隠岐の島前(どうぜん)の風景です。 この中央の山は火山で、かなり新しいと思われます。 で、この山を中心に島前の3島がまるで外輪山の形をていしているのです。

ま、長くなりますのでここまでで割愛しまして・・。 別に地理学会?の用事で行ったわけではないですが・・。 で、タクシーの運転手さんにそんな話をしたら、『そうです、約1000万年前の火山噴火で・・・云々・・』と・・・。

110329_150951  それがありきたりの観光ガイドのわくを超えているのです。 終わって別れの時、「あのーーどうしてそんなに詳しいのですか?」と聞いてみました。 すると『ガイドのために勉強しただけです・・でもお客さん、本当の隠岐を知るには『隠岐騒動』の歴史を知らなければ隠岐を知ったことにならないです・・』と。

ああ、この方です。運転手さん。 エエーーーー!!!!!! 隠岐騒動・・!!!!。 私は史談会で隠岐騒動の探訪ツアーを計画しようと考えているのですよ・・。

あとは、握手して(ハグまでしなかったけど・・)大いに盛り上がりました。 タクシー会社の社長さんでした。 隠岐騒動・・ウイキペディア・・・の解説がいまいちなので、ちょっと長いですが下で検索(クリック)してみてください。

 http://www.k-miyake.com/oki.html

110321_180145  だんらく・・。 さてこれは、3日前にブログろうと思っていた写真です。

数日前の夕暮れ、雪でも降ろうか・・というほどの寒さの中、少年が水たまりで・・ごらんの様子。

ちかごろ珍しい・・。 声をかけると、『おじさんは入らんでもいいよ・・』(やっぱ、一瞬入ろうかと思った気配を見透かされたか・・)。

これです。 これが子供にとっての真の自然なのです。 そして一瞬、ルソーのエミール(フランスのルソーの育児論・エミール)を思ったのと、今、わたしが東北へ行けたのなら、災害にあった子供たちとこうして遊んでやれるのに・・と・・しばらく子供たちをキツク見つめていました。 

| | コメント (0)

すみません・・・

いつもご愛読ありがとうございます。。

じつは、ネットの環境に祖語が生じておりまして、

3日程度で回復するとおもいます。 その間お待ちくださいませ。

| | コメント (0)

ガンバレ日本 !(2011・3月20日)

 日本が危機にさらされています。 未曾有の災害にさらされています。 しかし、日本人は歯をくいしばってカンバッテいます。 いや歯をくいしばりすぎて、歯茎から血がでるほど頑張るときなのです。 110315_221019  

私ごとで恐縮ですが、4日前。 福島県の手前の県にいるマゴちゃんを迎えに行こうとしていましたら、急遽、お嫁さんとマゴちゃん二人が飛行機で帰ってきました。

夜の10時の米子(よなご)飛行場。 それとわかる赤ちゃんや子供たちがいっぱい降りてきました。

さて、ハラヤマゴちゃん・・・ブン爺さんにかけよったかと思ったら、コンコースで踊りだしました。 そして 捕まえてェ!!みたいに走り回っていました。

しかし、東北には学校にいて難をまぬがれたが、親は大津波にさらわれた子供がたくさんいることでしょう。

段落・・実はこの一か月、私ども夫婦は、もう一つの課題をかかえていたのです。 それは、JICAへの膨大な報告書の作成。 ようやくその山をあと少しで越えられそうです。110310_120258

 ほかにも写真あるのですが、この情勢で軽い話もなんですので、本日はこれで・・

下の写真。 右手は1200年以上前の出雲の都があったエリア(大草町)。 左手は弥山(みせん)につながる裾野。

何か・・といいますと、この藪のなかに何十羽のすずめがカラス(電線に止まっている)から避難している様子なのです。 なんでこんな所にいるのか?ですか。 もちろんこの先の町の用事の途中、車の中でスペイン語の勉強をしているのです。 

来週は、少しでも明るい兆しがありますように。

| | コメント (0)

報告会のもよう(続き) (2011・3月13日)

38  報告会・・続きです。 が、その前に、地震の災害・・ちょっと言葉が見つかりませんが、跡形もなく消滅した町・・今は、人々が実は全員避難していた・・ことを祈るのみです。

さて、原屋のパワーポイント・・・一時間以上かかりました。

終わってから、アルゼンチンの品物の景品が当たるコーナーがあ85りました。

 そして、 サワダさんに、一等賞。 フォルモッサのトバ族の敷物です。  いいお顔ですね。。5

あと、全員の方にアルゼンチンのお土産(粗品)を、もれなくプレゼントして終了しました。

 さて実は、この夜、サプライズがあったのです。 それは、この町一番の○星の一畑(いちばた)ホテルで『アルゼンチン料理の夕べ』があったのです。

もとより、○星ホテルなど まったく縁がない人間ですが、ホテルの営業の人が我が家にアルゼンチン・・で、ネットで調べて、勧誘にこられたのです。110302_205753

これも何かの縁かな・・と、役員の方などをさそって・・。そして終了後、アルゼンチン国大使(の代理の一等書記官)に、スペイン語の資料など渡したり・・という展開にもなったのです。

東京から来ていた通訳は英語のみ。 ですので、原屋のブロークンでのやり取りでした。

 さてさて、地震のこと・・。 ここからは私ごとですが、ハラヤマゴちゃんも茨城とか福島に近かったりして・・、いろいろ心配もしているところです。

みなさんも お知り合いの方などへ、なにかと心配されているかと思います。 

| | コメント (0)

報告会の模様(途中まで) (2011・3月9日)

4  会場には、JCAアルゼンチン事務所から広報用に作っていただいたTシャツや、3年前に作ったビニールパネルやら・・いろいろ展示してあります。19

そして、マテ茶のおもてなしも。17

そしてパワーポイントの中で、現地のスラム20地区のクラウディアさんのレポートをクラウディアさん役のYさんに、なりきってもらって代読を。22

そして、スラム31のアドリアナさんの役はMさんに。(ごめんなさい・・サイズが大きくて・・・)

途中ですが・・サイズの容量の関係で、本日これにて・・です。

会はまだ半ばですが・・・。 でも、どんな画面になってるかなー。

| | コメント (0)

報告会 無事に・・(2011・3月6日)

29 報告会(3日まえに)無事終わりました。

全国で(ちょっとオーバーかな・・)心配してい ただいた皆様、本当に無事終わりましたよ。 参加者が25名で、遅れて来た方が会場を間違えたか・・と思われたとか。

この種の会は10名程度ということも多いのに・・です。。

40

そしてパワーポイント・・。 直前に、しろうとの原屋が色々いじくったせいか、画面が¥^・?だったり(やっぱり原屋さんらしい・・と思った人もいたとか)もしましたが、・・。

肝心の、報告はきちんとできました(と思います)。 そんな感じの感想が結構 寄せられています。・・・(これは、パワーポイントの写真じゃないですよ)

まだまだ、書くべきことはいっぱいあるのですが、実はこの日の翌日にJICAさんとの打ち合わせがあって、これがなかなかハードが局面があって、『疲労が疲れている?』状態ですので、後日にさせていただくと喜びます(・・これって、(喜びます) 島根独特の言い方なんだそうですね。 いつか、テレビ(県民ショー)で言っていました。)

ご参加いただきました皆さん、ありがとうございまし110227_101641た。

 脈絡なく、久ぶりに『松江88「蚊」所』です。 楽山あたり、、、ネーミングはまだです。

110227_100957

追伸・・報告会のこと・・水曜日に臨時にUPすることとします。

| | コメント (4)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »