« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

リコーダー ♪・・(2010・7月29日)

100725_145246 日曜日には、淀江に古楽器(ヨーロッパ)の演奏会に行きました。 たしかもう一本あったと思いますが、これはリコーダー。 奈良からきた演奏者の方。。なかなか↑でした。

もちろん、「ひとねっと」の会員でもある、プロのチェンバロ奏者のOさん(広島在住)の演奏もすごい境地を感じました。

さて、ちかごろ気がついたら また、元の職場に爪切りのボランティアに行きだしています。

また、きのうは松江市の国際課に活動紹介に伺いました。 ずいぶん熱心に聞いてもらいました。

きょうは健康診断等々・・。 ああ、それとスペイン語も。

そして、「ひとねっと」のニュースNO43が出来ました。 明日あたりから配布いたします。

などなど・・わりかし忙しいです。 写真もありませんので、きょうは一枚のみです。 

| | コメント (0)

ゾウキンを・・(2010・7月26日)

100719_112812 実は、フォルモッサ州の『親に棄てられた障害児・者の収容施設』 にゾウキンを・・と考えています。

ひとねっとの会員の皆さん。 あと一ヶ月したらまた再渡航しますが、その時にゾウキンを持参したいと考えているのです。

フォルモッサの障害の歩ける青年たちに、今 リズムあそびが定着する可能性が。 しかし、床で横になって、金魚運動などをするためには、ゾウキンがけをしてからでないと(モップではだめなのです)。

そこで、こんど100719_112841の渡航にゾウキンを持参したいのです。 で、かれらは手が大きいですので、普通のタオルを上のように折って、日本ならそのままもう一回折りますが、それを横に折って縫うとなんとかいい大きさに。。

一枚か二枚でいいのですが、ゾウキンの差し入れを・・もちろん、出来る方でいいですよ ・・。 10枚ぐらいは持参したいと考えています。

下の写真は、原屋の 『 松江 88「蚊」所 』 の一つ。 以前にも紹介していますが、午後7時半の薄暮。 チャプリ カプリ と 船100723_192834底をたたく水音が・・。

カミさんのパートが終わる、夜の8時半への時間調整の場。 読者のみなさん。 ここで、一つ相談が・・。

このたびは短い日本滞在ですが、私的な用事がけっこう目白押しなのです。 そこで、ブログのUPを『月曜』 と、『木曜』の週2回とさせてくださいませ。

もちろん、ブエノスに戻れば また週3回にします。

| | コメント (0)

熱つーーーー!!(2010・7月23日)

100720_172335 アルゼンチンのみなさーん、日本は灼熱地獄です。

さて、きのうおととい・・は、JICA中国事務所さんとの打ち合わせで広島路でした。 来年の3月で草の根が終了しますので、「あと2回も訪問すれば終わりだねーー」の会話が夫婦の間で何回も交わしたりしながら・・。

で、この写真、『かきごおり』みたいなのに『牛乳』をぶっかけて 『こりゃぁ・・贅沢だ!!』などと芯から感激しながら。 どこまでセレブ??な二人なのだ。

そして、さらに・・。 なにしろエコ主義ですから、外気温・・道路上・・は、45度を超えているだろう中を、クーラーをかけずに窓を全開しての走行。 かなり気合が必要です。100722_081823 

JICAさんが終わって、広島の○さんと合流して、某温泉宿で一泊しました。 10円のパチンコの台が置いてあるほどの超レトロな宿。  かなりひどい宿でした。  

すみません。今日は、こんなブログです・・。  

| | コメント (0)

梅雨が開けました・・(2010・7月19日)

100716_061811_3 あれれ・・確か? ブエノスでスペイン語の部分を消す作業をせっせと していたはずなのに・・。

じつは、また考えを変えて、色塗りをして、いま 市内の授産施設で印刷の打ち合わせをしています。

来年一月に島根県のファンドで冊子第2弾の印刷へむけての作業なのです。100717_180125 

話変わって、ここは加賀別所です。 いい感じでしょ。  きょうは梅雨が開けましたが、きのうはまだすこーし雲もありました。

この集落に小川が流れているのです。 で、孫育てグループの集いに、この集落で川遊びでも・・。

 でも、幼児が遊ぶのに最適・・と思う小川は、えてして蛍の保護活動をしていたり・。 ですからそれなりに下見・下準備が必要なのです。

スペイン語の勉強もペースが出てきました。 ま、ともかく松江に着いて一週間たち、少し落ち着いたということでしょうか。

| | コメント (0)

上総(かずさ)ぼり・・(2010・7月16日)

100713_121632 なんとなく、フォルモッサの 『 水 』 のことが、頭のすみに住みついています。 以前のJICA誌に水が特集されていました。

見れども見えず・・。 人間 その状況にならないと見過ごしてしまうものですね。 これは、タイヤチューブで水を運んでいるとこのようですね。

ん、たしか・・?? と思って「国際協力・井戸掘り」とグーグルで検索すると。。。ありました。

 http://www.youtube.com/watch?v=53e3OnZfN14&NR=1

時間のある方、見てください。 立派なものです。 なにしろ作ってしまえば、後は『自噴』するわけですから。 ただ、フォルモッサに最適かどうかは別ですが。 

あと3日ほどで梅雨が開けるか。。。どうか。

| | コメント (1)

水に沈んで・・(2010・7月14日)

100711_070204 岡山の伯備線沿い。 3日前の朝。 梅雨と解っていても、その水分の海の底のような日本にあらためて感慨のようなものが。

そして、きのうは『大森の湯』へ。 時期がすぎつつある『紫陽花』も芯まで水で満たされている。

ブエノスのTさん。 100711_151231こんな感じです。)

さて、今回は松江には40日しかいません。 どこから手をつけていいか・・というほどの用事が・・・。 松江在の会員のみなさま。 ご挨拶のほう・・失礼の段となりましたら、どうかご勘弁くださいませ。

| | コメント (0)

日本名物・・(2010・7月12日)

100708_171740 ともかく、今朝 松江に到着しました。 前回の悪夢のようなフライトと違い、飛行機のほうは完璧に飛びました。

しかし、アメリカから成田への後半のフライト中、何度もトイレで●吐を繰り返す私。 あの機内食の臭いを嗅ぐだけで●気をもようすのです。

で、へとへとになって成田に着いて、カレーでも・・と探すけど、到着ロビーには食べるところが無いので、『日本名物』の自販機で・・一本。 これで一息・・・。

それからマゴちゃんの最寄の街までたどりついて、『日本名物』のミソラーメン。 日本に帰ったら、やっぱこれでしょ。100708_213213

久ーーしぶりのUPが、こんな内容?・・ですみません。 ところで、日本は徹底した梅雨です。 梅雨も日本名物ですね。 ほんとすごい湿気です。

これからも『月』 『水』 『金』・・のUPの予定です。 

| | コメント (0)

明日フライトです・・(2010・7月6日)

100703_104244 3日前、写真がうまくいきませんでしたが、直っていますので一枚。 トミー君の足。 ウーーン。 なかなかいい。

かれのママは、やらない・・タイプに見えて、きちんと毎日やっ ているのが解ります。

さて、明日 また日本への一時帰国です。 いくらなんでも前回のアトランタ騒ぎのあとだから、今回は何事もないはずですが。

さて、これはフォルモッサの J ちゃん。 いつも満面の笑顔です。 で、彼女の○○症の障害の話でなく、この原屋・・実は、彼女の皮膚の問題を考えているのです。

彼女だけでなく、健常なこどもたちも・・・。 雨が多い・・が、水に恵まれImagen_272ない・・という話は、何回もしましたが・・。

よく、医師がアフガンなどの支援に行って、結局 気がつくと井戸掘りをしている。 『 水 』の問題に突き当たる・・という話(美談)を、聞きます。

そんな大それたことを考えているわけではありませんから、セニョーラさん御安心を。 しかし、水あそびをたっぷりと・・。 などと、アドバイスしても、肝心の水がない・・では、わたしも単なるおっちょこちょいに終わるわけですし・・・。 ま、十分おっちょこちょいですが。

さて、PCこれでしめます。 日曜の朝には松江に着くはずですので、来週の月曜日から、また覗いてくださいませ。 では後日・・。 

| | コメント (0)

リズム体験会・・(2010・7月5日)

100702_191604 なんと、これはヒマワリの父母のゾウキンがけです。

おととい、ヒマワリ幼稚園の父母の「リズム体験会」をひらいたのです。 ゾウキン? どうかな? と思っていましたが、わが子がしてる・・と思えば・・なのか、みなさんキャー・キャー・・と。

●6人ほどの参加でしたが、ほんと わきあいあいと。 100702_194814

ゾウキンの後、障害児への援助の話を15分ほどして(写真)、その後は、リズムの体験。 みなさんここでも、「キャー キャー 」と。

できればまたやりたいものです。

| | コメント (0)

帰国への対応・・(2010・7月4日)

100617_163606 あれ。。 ケータイ写真からPCへの取り込が?変?です。 撮りダメのFOTOです。 例の15ペソのコーヒー店のです。 まあ、店というより、「サロン デ カフェ」 ですかね。

●おとといは、レティーロの例の187番で、ミカエラちゃんとママ(アドリアナさん)と会いました。 サッカー騒ぎで、ポコアポコの講座が中止になったりで、しばらく会っていませんでしたので。 それに、私の一時帰国中のこともあるし。

そして、きのうは、ヒマワリの浦崎さんとの打ち合わせ。 また、障害児の担当のT氏とも打ち合わせ。 

また、きょうは、ロミーナさんとトミー君宅へ。 (いい写真が撮れたのに・・・)100618_104330_2 。 午後はマルはさんと、マガリちゃん宅への予定。 と、一時帰国へむけての対応に追われています。

●下の・・なんとなく目がいきました。

| | コメント (0)

フォルモッサ 金曜つづき・・(2010・7月3日)

100626_104407 第5次のフォルモッサの活動の最終日は、ついに!!先住民の居住地でのボランティア養成講座。 もちろん初めてです。

朝、10時の約束だったので行ってみると、今起きたとこ・・みたいな、のーーーんびりした空気が。 まあ・・マテ茶でも飲んで(ちょっとマテ)・・・みたいな。 当然私もいただいました。

待っているのもなんなので、集まっていた子供たち(障害児も含めて)と、リズムあそびをして待ちました。 これがまたおもしろい。100626_103945_2

このあと5人の方に、一時間ほど講座をして、5日前のイチ・ニイ の写真にもどるわけです。

さて、こうして無事 5日間が終了したわけですが、コーディネーターのリリアーナさんがおられないからと思うのですが、運転手はこない・・・○○は、はっきりしないなど、綱渡りの瞬間も・・。

フライトまであと4日ですが、フライト日までこのまま 毎日 ブログ UPすることにします。 

| | コメント (0)

フォルモッサ 金曜日(2010・7月2日)

100625_114043 フォルモッサの4日目は、先住民の居住地・ナンコン集落での発達相談でした。

4月には、子供も含めて40人は超すほどの人出でしたが、亜熱帯といえどもさすがに真冬。 広いとはいえない部屋の中で。 4人の障がい児とその家族等々で20人ぐらい。

で、喜ばしかったのは、この4月にモデルをしてもらったジョアンナちゃん(写真の方ではないですが)。 週2回はタライにお湯を溜めて足をほぐした・・とのこと。 そしてやや不十分だった目も、しっかり見れるようになっていました。

今回は、人数が少なかった分、4人の障がい児 全員にゆっくり相談にのることができてよかったです。100625_111931 

ところで、今回もJICAアルゼンチン事務所のNGO担当のJさんが同行されましたが、写真は彼女が撮ったもの。

なかなか切れ味のいいPFOTOを撮る方です。 この子たちが手にもっているのは、ブエノスの日系人のAさんが、「何かに・・」 と託されていた日本のコマです。

右の子は、翌日も来て「ホラ!」みたいにして見せてくれました。

| | コメント (0)

道草がしたい・・(2010・7月1日)

100629_161410 フォルモッサ報告・・きょうは休憩です。 昨日は、JICAアルゼンチン事務所に一時帰国の相札に行きました。

左手に夕日の逆行に見えるのがJICAが入っているビルです。 そして、手前は スペイン・ポルトガルの試合の中継中。

韓国?あたりの企業の宣伝が目立つ。 見るのは15分ほど。 ちょっと時間があったから・・でも それ以上 調子に乗ってのんびりしたりは危険ですし。

肝心のJICAさん。 所長さんとも面談させていただきました。 なにか 最近こちらのJICAさんの対応に、熱がこもっているような気がするのです。 ごめんなさい。 もっとましな日本語が出てこなくて申し訳ありません。

きょうは、ヒマワリの障がい児のM君への援助でした。 この2~3ヶ月で10回ぐらいは遊べた感じです。 

さて、このテレビ。 NHKのテクテク・・なんとか・・の番組。 熊野の方を 知らない方がニコニコしながら、いい感じで歩いてい100629_213900ます。

なにが言いたいかというと、名所や立派な山などでなく、わたしは こんなありふれた道草に一番涙するやからなのです。 

もう5日もしたらまた日本へ。 まあ、こんどは実質たったの40日ぐらいですが、こんな変哲もないような所を多少はウロウロしたいものです。

 

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »