« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

もくよう の午後 (2010・6月30日)

100624_170846_3 きょうもPCの機嫌がいまいちですので、手短に。

木曜の午後は、「女性の家」の訪問でした。 いままでは、子供たち(少女)でしたが、今回は青年のほうの入所の方とのリズムあそび。

せまいコンクリートの庭を2~3度掃いて・・・。 でも楽しく出来ました。 「男性の家」と違って、斎藤メソッドの受け入れは遅々としたものですが、これでいいと思っています。

本日これにて・・・。 なんかPCが変だ・・。

| | コメント (0)

フォルモッサ 木曜 (2010・6月29日)

昨日 夜、 PCが聞いたことのない音とともに、消えました。 あ~~~~~~ぁ ついに、 ○・?><、=~~。 で、このUPの前に「故障中・・」の悲しい コメントがあります。

しかし、今 JICAの S君に診てもらって、5分でなおりました。 ふーーーーう。 で、このまま ここでUPをします。 ところで今、ビルの下は、この国のシンボル公園ですが、 特設大型テレビにブラジルとチリの人たちが応援中です。 大歓声が聞こえます。 明日は、わたしもこの公園で日本・パラグアイ戦を応援しようかしら。

さて、フォルモッサ3日目。 午前中は例の「アリエル君」や「ホセ氏100624_084501」などが入所している「男性の家」(親から棄てられた障害児・者の収容施設)に。

建物に入った瞬間、私は ゾクッとしました。 人生でそう何度も経験することのない 金縛りのような感動というか・・。 こうしたブログで書いていいのか・・と 迷いもしますが、あえて書きます。

「以前は、どこか動物をおもわせる入所者の青年の空気が、人間としての空気に一変しているのです」。  同行者からは、原屋さんの影響ですよ・・・ みたいな言葉が。 100624_084853 それはどうか解りませんが、世の中 こうゆうこともあるのだ・・と、思ったところです。

ああ、肝心の・・。 ごらんのごとくはじめにゾウキンがけを・・。 これで床に寝転べることができるし・・。

そして、青年たちとのリズムあそびも、4月よりぐんと落ち着いてやっていました。  そしてアリエル君。 そしてホセ氏・・ただ、ホセ氏は、難病を発症してベッドでした。

最後に職員にあつまってもらって、15分ほどミーティングをしました。 午後の活動は、また明日ということで。

 

  

| | コメント (0)

KOSYOU SIMASITA.(6・29)

MINASAN HARAYA DESU

PASOKON GA KOSYOU SIMASITA

SUKOSI  OMATIKUDASAI

| | コメント (0)

エスピニージョ村・・(2010・6月28日)

水曜日。 フォルモッサの州都から北へ220キロ。 どこまでもこんな風100623_134321景。

ついたところは市? かと思っていましたが村でした。 もとより、田舎にいけば行くほどエネルギィーが増幅する気質ですから、おおいに結構。 でも、もう数十キロ行けば・・地図の道路は黒い色で表示・・行かない方がいいという意味とのこと。(安全の保障が無いということ)

そして障がい児の・・・なんだろう・・ 週3日ほど開設の児童館(デーサービス的な)みたいな・・。? ま、国が違うので・・・。(現場の写真消えてしまいました) 

20人ちかい大人の方への斎藤メソッドの学習会。  この4月の州都での講座に親子で参加された、ここの園長さんの希望で実現したもの。

はじめてとは思えないほど皆さん打ち解けて・・。 終わっても立ち去りがたい雰囲気も。

さて、この辺境の地。 肉がブエノスの4分の一・・以下・・とのこと。。。ははーーー 流通している肉でなく、この村でト殺した肉だな・・・。

そして、またもや水にほとんど恵まれない土地柄のようでした。

なお、フォルモッサ・・このあと、2~3日連続でUPします。  

| | コメント (0)

フォルモッサから帰りました・・(2010・6月27日)

フーーーーー!! 先ほど、ようやくフォルモッサより帰りました。100622_185528

5日ほど前・・・・。 オマル君の家への訪問と、先住民地区のノルマさんのうちへ行って、発達相談会の確認に・・・。

しかし、リリアーナさんの代理と聞いていたM氏は、オマル君の家もノルマさんの家も知らない・・・。 ま、代理でもなんでもなかったわけで・・。

で、夕闇せまるなか、知っているのはわたしだけ・・の勘をたよりに・・・。 こりゃ、こんどの出張は、とんだことになるぞ・・という予感が。 で、なんとか、かんとか・・探し出して、初日は終わりました。 ま、大きな車と地元の運転手がついていますので、なにも歩いて探したわけではないですよ。

100626_113432 さっと飛んで、5日めの今日の午前中。 ついに、ナンコン(先住民)集落の斎藤メソッドのボランティア希望の方への第一回 学習会をやりました。

終わって、わたしが「イチ・・ニイ・・」 と、講釈をたれようとしたら、彼女たちから「いち・・にい・・」と言われてしいました。 

非常にハードな5日間でした。 内容は、今後すこしづつということで。

ところで、サッカー・・・。 日本・・・。こちらのテレビでも、メッシとホンダ(日本の)のどちらが上か・・なんて話も。。。

そんなことより、明日、ポコアポコの学習会の予定が、「明日は勘弁してよ・・」という強ーーい希望が殺到したため、中止になりました。 なぜ・・って、、明日 アルゼンチンとメキシコの試合があるのです。 不死身の斎藤メソッドもサッカーには勝てませんでした。 

| | コメント (0)

ミリちゃんと・・(2010・6月23日)

JI100621_125459 きのうは、半年ぶりにミリちゃんのとこに行きました。

内職をしながらミリちゃんを看ていたママが、外に働きに出られるようになったため、訪問がのびのびになっていたのです。

結論からいうと・・ミリちゃんが自分一人でやれるメニューを6つほど伝えました。 みぎてに見える椅子から一人で降りれて、ひとりで上がれるレベルまでになっているからです。 これは私がすこしささえて立っています。

9年前、保育の道を卒業したつもりだった私を、もう一度 斎藤メソッドの道に引き戻してくれたミリちゃん。 これからは、留守番の方がいるのでいつでも・・ということになりました。100607_062449

さて、このあとフォルモッサへの出張に出発します。 なじみのフフイ駅(地下鉄)とも5日間のごぶさたに。

なお、PCは持って行きませんが、今回もJICAのNGO担当の方が途中まで同行されますので、途中で彼女の機械を借りて、一回ぐらいUPできるような気がしています。

では。。。行ってきます。

| | コメント (0)

『歩行から舞踊へ!』・・(2010・6月21日)

100619_112541 おとといはヒマワリ。JICAの視察もありました。 きのうは、例の「録音会」。 きのうで録音いちおう終わりました。

さて、ついに斎藤メソッドの第2弾 『 漫画で見る 斎藤公子氏の保育リズム・後編 《 歩行から舞踊へ 》 』 が出来上がりました。

うーーん。 長かった。。。 まる一年かかりました。 前編(土台編)は、日々、障がい児とともにいる状態だから一気に描けたけど、後編は難産でした。 その苦闘の時間が体をよぎって・・・。100619_112511

裏表紙。 この上のは、フォルモッサのポスターですが、この深い緑が州のイメージカラーなので、今回 この色にしたのです。

さてさて3日先の火曜日から5日間、そのフォルモッサへの第5次の出張です。

いつものリリアーナさんが、他州に出払っていて、コーディネーターは代理の方とか・・・。 まどんな状況でも「その場・その場」が勝負ですので。  それと、延期できない今ひとつの理由が。 じつは、2週間先に、一ヶ月半ほど日本へ一時帰国の予定があるのです。

● ワールドカップ。。本日のネタは、公式テーマソングのシャッキーラさんの現地のステージです。http://www.youtube.com/watch?v=oRDgVGHB6eM  

| | コメント (0)

M君のこと・・(2010・6月18日)

100616_115505_2 大柄な戸谷氏と向かい合っているM君は、○○症の子です。 

たしか、3週間ぐらい前か・・。 ヒマワリの築山で私はM君と、40分ぐらい遊びました。(正直・・築山で40分は、この歳でなかなか・・などと・・なにげに今日○○才の誕生日だったりして・・)

次の週、私の姿をみたらM君は、さっさとはだしになって、築山の上でまっているのです。 以来急速に仲良しに。100616_123343

彼の足です。 親指が特異に大きいです。 やはり○○なんだ。。。。などと考えが去来します。

どんなときでも、私にとっては学びの場です。  斎藤先生が『わたしは こどもから学んだ・・ただ、それだけ・・』と、最後に会った時に言われた、去年の1月の言葉を思い出します。

今、週2回会うのが せいぜいですが、できうれば毎日でも遊びたいものです。

話かわって、サッカーのワールド・カップ。 午前中の韓国とアルゼンチンの試合。 韓国の巧妙な『手抜き」によって、なんとなく勝ってしまった風のアルゼンチン。 どこかでそれを感じているのか、それとも国民がとっても馬鹿にしているマラドーナ(監督として)が2連勝したのが、気に入らないのかみんな・・どこかみんな 浮かぬ顔に見えるのは・・私だけ?? 

| | コメント (0)

ひさしぶり エド氏・・(2010・6月16日)

100615_094050 久ーーしぶりの、イプナのエドワルドさん。 (ほんとの発音は、エデゥアルド) この国の人だから口と手が同時に動く。

ずいぶん長い付き合いだし、原屋の冗談の愛好者でもあるので、もう一回やってもらって・・・一枚。 (ま、これはポーズを取ってもらいましたが・・)

通訳者もふくめて 彼が案内してくれたのは、マガリちゃんの家から50メートルほどのところに新しくできた、「国の青少年育成スポーツセンター」。

100615_104634 2~3人の打ち合わせかと思いきや、障害児のママも含めて16人ぐらい・・後ろのほうは立っておられた。

スラムに近い貧困地区ですが、この新しくできたこの施設で、障害児のママたちが学べる場を・・という関係者の熱意がふつふつ・・と。  

9月2日から とりあえず、4回ほどの斎藤メソッドの講座を行うことになりました。 もちろんマガリーちゃんの成果がこうした形に転化しているのです。

 ある方は、自分の子は9歳で死んだ、だからここで勉強して、他の障害児のママ(家族)を助けられるボランティアになる・・・と決意を 涙ながらに述べておられました。

最近の読者のかたへ・・このブログは、日本時間の月・水・金 の朝のアップです。」

| | コメント (0)

冷清水八幡宮・・(2010・6月14日)

100610_201738 けっきょく3日前、早朝から船で、パラグアイの「コロニア」という世界遺産の観光地に・・・。 ひとえに、パスポートにアルゼンチンへの再入国の判が欲しいため。

朝は、5度とこの冬一番の冷え込みの中を・・。 この場所は一年半ぐらい前に一回紹介しています。

たいしたところではないですが、別にいやなところでもありません。

100610_105354 こんな感じです。 この人物は他人です。 昼飯を食べた所が、下の写真。 目が点になるほどのぼったくりの値段でした。 猫までふてぶてしい。100610_112544

最後は、2年前に目をつけていた小さなお店。 その時は、熱心に覗いただけでした。 が、今回はカフェを飲みました。 店のホームページを貼り付けます。

画像より、もっとシックなアダルトな感じです。 万が一の機会があれば、カミさんを連れてきたいです。http://restorantlaflorida.com/

ところで、ここ数日、寒気がして・・関節まで痛くて・・と、50年に一回?の症状が。 おとといのヒマワリも途中で帰りました。 なんとなく原因は・・・・と思うのですが。

ま、きっと、年寄りの冷(ひや)清水(みず)八幡宮でしょうね。 ちょっと・・この碧い色のブログの文字を見ても寒気がするわ・・・。

| | コメント (2)

HEY!WADA!・・(2010・6月10日)

ふーーん。 こうしてみると二人ともイケメンだ!。 ハイハイ、おじさんの方は「漬け麺」以下ですね。 

つい先日、夕方の地下鉄で、日本語のような発音が聞こえる。100609_032718_2  ああ、、、スペイン語の勉強のしすぎで、頭が変になったかも。。と。

しかし、完璧な関西弁で、それも おそらく河内などのこてこてでなく、やや「はんなり」した発音で、二人の日本の若者が。

で、間をはしょって・・・・・・・。 昨日・・・和田さんという方が、我が家を訪問されました。 「わだ」などという発音は、松江の人間には、ハハーー、生馬かどっかの農家だな・・などと連想しますが、『 WADA 』君といったほうがいいほどの さわやかな青年。

来年スペインで音楽療法の勉強にいくので、スペイン語の特訓のために 今 ブエノスで・・・とのこと。 なんか聞いていてクラクラがくるほどの話だわ。 ま、結論からいうと英語が自由にしゃべれると、こういう人生なんだわね。

元祖『音楽『両方』使』・・の私としては めずらしく腕をくんだりして( ここで負けちゃあいけん・・と ) 撮ったのであります。 ああ、おまけにアコーディオンの名手でもあるだと。( ピアノをかかえて歩くわけにもいきませんので・・と。)  うーーん。 どこまでさわやかなんじゃ。 

追伸。 本日臨時のUPです。 明日船で隣国へ、やぼ用でいってきますので。 で、次のUPは、月曜の朝(日本時間)です。 

| | コメント (0)

写真が↓ (2010 6・9)

日曜日。 あれからポコアポコの学習会(今年度の第二回目)を8人の参加者で行いました。

さてー、ドコモのケータイから写真が取り込めなくなりました。 どこかに指が当たったのでしょう。(修復に3日ぐらいかかるかも・・) ですので写真なしです。。トホホ・・。 ま、たまにはあるものですよね。

昨日は 3ヶ月でパスポートが切れるので、延長の手続きに移民局へ。 しかーーーし、結論からすると、○○○で、とても手におえない。 で、 ウルグアイにあさって、急遽日帰りを・・ということになりました。

ま、移民局へ払うペソより 隣国への日帰り(船で)が安上がりでもありますが。

本日これにて・・。そうですね、、写真の代わりに、スペイン語のホームページの、私の日本の写真が意外と好評だったりしていますので、貼り付けてみます。 以前からの読者のかたは、一度は見られたものばかりですがhttp://metodosaito.weebly.com/fotos.html

| | コメント (0)

きょうは講座ですが・・(2010 6・7)

100604_190725 毎週金曜日は、ヒマワリ幼稚園。 9時から2~3歳児、11時から4~5歳児・・の2回のリズムあそび。 その間に、○○症のM君への援助。

そのために、早朝より部屋を出発。 で、ここはまだ朝7時のオンセの駅あたり。 露天商の間を掻き分けながら。 

ずいぶん以前にも書きましたが、わが故郷・島根と12時間の時差の上に、もう40分あまりのずれがありますので、冬場100605_221343の朝6時ごろの空気感です。 (M君のことは、また書きます)

きのうは、ブルサコの支援者のNさんたくへの近況報告。 初冬の木々をめでながら。

お!  

近くには赤い実が。

ここで問題!  私がこれを見てなんと思ったでしょうか?100605_214737

正解・・「この実は・・食べられるかどうか・・」。 ま、50年前の中国山地の山奥の育ちですから。

さて、きょうは、ポコアポコの講座の日ですが、モデルのミカエラちゃんのママ(アドリアナ)から、膝をけがしたので今日は行かれない・・と電話があったりで・・落ち着かないので、UPしてしまいます。

| | コメント (0)

撮影会! (2010・6月4日)

100603_225638 なんと今日は、斎藤メソッドの「録音会」でした。 というか、こうしてビデオも撮っているから 『 撮影会 』 。

音楽を・・歌を・・どう伝えるか? かねてよりの懸案でしたが、「ポコアポコ」に集う外人さんたちからの、たっての希望で、歌のCDを作ることに。(以前にも言いましたように、音符を誰一人読めないのです。日本と教育体系が違うようで)

この方は JICAアルゼンチン事務所のNGO担当のJさん。 こんなことしてもらっていいのかなぁ?・・と、電話で上席の方にも確認しましたが・・OKで・・。

100603_234431 録音(撮影)の相棒にご指名したのが、この マア さん。(スペイン語では、「」・・を高く発音します)  ポコアポコの講座でも、知らなくても強引に歌いながら・・のクソ度胸が・・。

案の定、きょうも、時々 わたしが笑い出して、取り直し・・なんてことも。 

映像の方・・・うまくいけば、スペイン語のHPには動画で紹介ということにまでこぎ着けれれば・・

| | コメント (2)

スペイン語・・(2010・6月2日)

100528_051713 先日、ちょっとした事件?が。 この本。 戦前のもので、例によって題名はおろか、作家の名前すら知らない100周遅れの私ですが。

ここの大家さんの本ですが、なにか世界中でけっこう翻訳されている作品だそうです。 で、この本(スペイン語の部分)が、読める(気がする)のです。

作品は、源氏物語・・などを意識して書かれた感じですので、『わたしの心があなたに届くのでしょうか・・』みたいな文体ですが、いままでの文法書では、『この荷物はいつ届くのでしょうか・・』みたいな。

ですから、おのずから言葉(単語)に深みを感じるというか。 来年、この本一冊を暗記しようか・・と思ったり・・。 それができたら5歳児終了かも。

さて、アメリカに帰られた夏目さんから無事着いたとのメ100602_035235ールが。 で、このあいだの15ペソのコーヒー店の写真が添付されていました。 ただ、サイズが大きいのでどうかな?

さきに言い訳を・・。 近頃めずらしいほどの律儀な彼。 写真のたびに 『ピース』 をするのです。 ここでもかいな・・と私が苦笑いをしているさまなのです。 今の世では、不思議なほどの純朴な人なのです。 

やはりサイズが・・・で、張り付かないので(サイズを変更する技をしりませんので)、PC画面を撮るというアナログ技・・で。  そうそう、スペイン語のほう。 とりあえず、4歳と1ヶ月としておきます。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »