« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

無事つきました(2009・2月28日)

090224_201205  金曜日の朝には・・ブログが更新してるはず・・なんて書きましたが今さっき部屋につきました。

もう日本時間の土曜の午前2時?

もうろうとしてますけど、ブログ書いたほうが気持ちが落ち着くと思うので『もうろう体』でこのまま書きます。

 火曜日・・カミさんがさっきまで松江駅で見送ってくれた。 好物の稲荷ずし・・の差し入れ。 でもまるでこの時を待ってましたとばかり、列車が動き出すと本にかじりつく。090225_111111_2 

水曜日・・午前中は東京・駒場にある日本民藝館に行く。 うーん・・すごい。 木喰(もくじき)上人の写真集をみっけェー。

『これ2000円て書いてあるけど・・2万円のまちがいでは?』 と聞いたほど安い。 写真で厚さがわからないけど、すごいです・・買いました。

 東京での夕方は竹馬の友との2年ぶりのお騒ぎ会。 090225_191854 そして流れて新宿・・。卑猥な感じ・・40年前と変わらないあるよ・・。

このあたりの顛末は後日にでも。

そして木曜日の午後成田発・・。 13時間でワシントン。 7時間待って、さらに13時間でブエノス。

なんかエコノミーはもういいって感じです。 次回からビジネスにならんかねー・・・。 ともかく本日これにて。 寝ます。

| | コメント (0)

つぎの峰へ・・(2009・2月23日)

090222_171542  見たような絵柄・・・。 でもこれは新しい峰なのです。

一年かかった『 絵で見る斎藤公子氏の保育リズム(土台編) 』に続いて『 絵で見る斎藤公子氏の「リズムあそび」 の資料作成を少しずつ始めています。 

自立した歩行が完成してからのメソッドでやはり50枚ちかくなるかと思います。

汚れないように一枚ずつビニールに入っています。 完成まで半年? いや1年?

 右上のファイルは27年前斎藤公子氏の元で「リズム」に出会った日々の ういういしい資料。 

『人生のどこかで しっかりした資料に出来れば・・』 とかすかに願ったことが、30年ちかく経ってまさに今・・・・。 いろんなことがあってもこのことだけでも『乾杯を!』。

さて左手にはトランクが・・。 まだ明日まで6時間もあるけど歳をとったせいか、もう荷造りを終了する気になっています。 パソコンも入れますので・・次のブログは日本時間で金曜日の朝になるかと思います。

みなさんの「心を背負って」・・いざ3度目のアルゼンチンへ! アスタ・プロント(じゃ また)!

| | コメント (2)

荷物づくり (2009・2月22日)

090205_152407  きのうは息子夫婦とマゴちゃんとの食事会。

今日は荷物の詰め込みの予定・・と言ってもトランク一個ですが。

明日はそれを宅急便にて成田へ。

今日も明日も近場の温泉(300円)に入っておこうかな。

| | コメント (0)

野ずいせん・・(2009・2月21日)

090220_134246  きのうは若佐バレー教室のスタッフの方たちへの「斎藤リズム」の勉強会。  ひとねっと・・の会員になっていただいている若佐先生は所用が・・。 きのうは若先生たちで。

昨年は「土台のリズム」だったので今回は「リズムあそび」。

 教室は黒田芹(せり)の近く。 そして手前は外中原。 中原あたりは開発から取り残されている地区だから「野ずいせん」もここではま090220_121015だ役が割り当てられているな。

でも私は野ずいせんを見ると冬の日本海の海岸線で、 嫌になるほどな強風と寒さのなかまったく平気で立ちすくんでいる・・幻影がいつもちらつくのです。

松江を出るまであと4日か ・・・「海でも見たい!」(自分の精神的なスタミナのためにも。) 

| | コメント (1)

ここで鯛・・(2009・2月20日)

090219_173030  昨日は「あかちゃんリズム」の最後の日。

役員のFさんから孫もお世話になったし「草の根」が「決まった」から・・と鯛の差し入れが。

私の方には安易にぬか喜び・・の心境はありませんが、すべてのことに「すなお」に生きておられるFさんの思いが鯛のうえに振りかかっているように見えました。

| | コメント (0)

「覚悟」の中身とは (2009・2月19日)

090218_145002_2  いよいよ出発まじか・・ラストスパ-ト。 ガソリンスタンドでバッテリーのプラグを抜いておく方法の勉強。 

半年以上ほっておいて前回は3万円ちかくかかったから。 あとブエノスで頼まれているものの最後の買い足しとか。

さて昨日のブログ・・『 覚悟 』・・についてコメントやメールが寄せられていますのでコメントさせてください。

 単刀直入に言うと、「国(国家)から認められたからがんばらないと」ということでなく、・・「国民から付託されたことになるからがんばらないと」という覚悟なのです。

べつの言い方をすれば私たちのささやかな活動のなかに「公共性」がひそんでいた・・それがこのたび表面に出た・・という言い方も出来ると思います。

もちろんこのことで「ひとねっと」の手作り感をなんら変える必要はないし実はその手作りも評価の対象だったのではないでしょうか。

ですから私たちの活動がいささかも閉塞にむかうのでなく、ますます会員にとって忙しくなる・・ということではないでしょうか。

| | コメント (1)

安芸路の覚悟 (2009・2月18日)

090216_121909  月曜日・・中国山地を越えて・・。 このあたりが一番雪が深いはずだが・・・。 まるで4月の末あたりか・・と思えるほどの雪の少なさ。

ただこの季節の朝の田んぼは長ぐつでふんづけても5センチも入らないので、どこまでも歩き回れるのが楽しいのですよ。

そして安芸路(あきじ)を東広島へ・・。 となりのカミさんは4日連続の徹夜ゆえ、道中は助手席でほとんど眠りこけて090216_154458_2いました。

 このあたりから春の吹雪に・・。 きょうの道もこのあたりだけ雪でした。

さて肝心のJICA中国さんとの話あい(打ち合わせ)。 草の根事業の本決定をうけてやはりトーンの違うものに・・。 もちろんいつものように誠意あふれる対応をしてもらいました。

私・・及びカミさんも新たな『覚悟』を感じながら帰松したところです。

| | コメント (3)

チョコ・・(2009・2月16日)

090214_154222  おととい元勤めていたの病院の隣町の診療所のデイサービスでの歌レク。

終わって100歳の方からバレンタインのチョコをいただきました。 ただバレンタインの義理チョコへはずいぶん逆風がふいている感じですね。

ところでこの診療所で2人の方に『ひとねっと』に入会していただきました。 

 今日はこれから広島です。 あすJICA中国さんとの再度の打ち合わせです。 

『草の根技術協力』としてこれからは税金投入を受けて・・そして、準公的活動の意味とは・・と自分に言い聞かせる日々です。

おそらく明日はブログ休みになると思います。 では。

| | コメント (0)

寛次郎本・・ (2009・2月15日)

090214_201735  今回の一時帰国中にやること・・のリストの講談社の河井寛次郎の本の間違いを通知する・・というメモがなかなか消えない。

ネットで通知・・も出版社のメールが出てこないので・・昨日 ハガキで。

問題の箇所は 『石見の温泉津の町』・・が、『石見の温泉、津の町』となっているもの。 異常な愛読者としてはどうにもがまんができなかったのです。

安来出身の寛次郎が温泉津(ゆのつ)を間違える筈もない。 たしかに以前、全国珍名サミットを開催したぐらいの名ではあるが。 

 もうひとつ愛用しているスペイン語辞典の間違いも連絡したいがリハビリ中なので、どこだったか解らなくなってしまった。

| | コメント (0)

ふくろう (2・14)

090213_205208  骨折で入院中のわが家のおばあさんから、息も絶え絶えな電話が。

「入院費を明日までに払わんといけん」・・と。・・行ってみると・・牛乳の賞味期限を指差して・・・「今日は19日だが・・」と。 この程度はことは家族にとっては想定内の出来事。

 病棟の詰め所に『ふくろう』が。 ビニールの中に紙を入れたいたってシンプルなもの。  

遠目からとてもかわいいオブジェに見えた。 さて一方奥出雲町の私の母のほうも昨日骨折の手術だった。

 スペイン語。 一日たったの2~3行ですがまあ順調にリハビリ中です。

| | コメント (1)

リニューアル (2009・2月13日)

090212_154012  路地裏の八百屋さんは花を置いている。

毎日写真を・・とわざわざうろうろするのも変だから・・あくまで日常の範囲で。 ・・「ねこやなぎ」です。

 ホームページがリニューアルされました。 ・・トピックス・・をごらんください

 毎晩、朝方4時ごろまでカミさんはJICA・草の根協力事業の申請書類のパソコンでの修正作業。 紙の上での作業は終えた私の方はときどきコーヒーを差し入れしたり、夜中の3時ごろに呼び起こされたり・・・。 ムム・・・(○゚ε゚○)

| | コメント (0)

冥土のみやげ (2009・2月12日)

090211_171526  北海道の『旭山動物園』に行ってきました。 といっても映画ですが。

北海道にいくほどのお金は無い人生だから・・。 松江ではまだやっていないので、こないだ車が迷子になったとなりの県の巨大スーパーへ・・・ カミさんと一緒に。

行ってよかったです。

 

| | コメント (2)

春? (2009・2月11日)

090210_113349 ● 型どうり・・92歳になる母に「いとまごい」に奥出雲へ。

途中、雲南市の阿用(あよ)のあたりの川。 まるで春の川のようにゴボゴボと音を立てている。 皆さんに聞かせたいほどの大きな音でしたよ。 

奥出雲・・雪は所々しかありませんでした。090210_115323

肝心の母は、前夜ころんだ・・とかで念のため病院に入院する・・ところでした。

 さて読者の「YU」・・さまから提案のあった 『 祝儀袋 』。 いまアルゼンチンでは日本物(実際は中国製だったり)がけっこう出回っていたりします。

でも祝儀袋だけはとっても喜ばれるのです。 そして使い済み(のほうが喜ばれる)の祝儀袋がありましたらよろしくです。

| | コメント (1)

あと2週間で (2009・2月10日)

090209_182938  午前中はうちの?(元の)病院の患者さんの入浴介助のお手伝い。

手の皮ふがよれよれになっている(写真)。

午後は病棟で歌レクをしてあげた後・・地元の公民館で草の根プロジェクトの修正作業。 私の作業はほぼ終わりました。 あとはかみさんの膨大な作業が・・。

 その公民館の壁に「ウグイ」が・・・。ああ・・「ウグイ」j・・ね。 子どもの頃、川で一番身近な魚だったなー。

さてブエノスとのメール交換も増え出しモードが変わってきました。 あと2週間となりました。

| | コメント (0)

ブエノスの夜 (2・9)

090208_162339  おとといの夜の交流会で私のパソコンのディスクトップ・・・からこぼれんばかりのフォルダにみんなの注目が。 自分が処理能力の低いがゆえ・・とおもいますが、そこはしろうとなので自慢風に)

そこにはブエノスの夜・・一人寝の夜を慰めてくれる『ユーチューブ』様の画像が。

● 期せずして次からつぎに紹介するはめに・・これが意外に原屋の実像をつたえてくれた感じでした。

写真は徳永英明の『壊れかけのラジオ』です。

追伸・・「立春」にコメントをいただいた皆さまありがとうございます。

| | コメント (1)

総会終了しました・・(2009・2月8日)

090207_123843  なんとも末広がりの・・これは白菜!!

どこかめでたいなー。 それにしても畑の持ち主はどうしたんだろう・・。

090207_184322_2

 さて『総会』・・そして夜の『交流会』ともしっかりした内容になった気がしています。

写真・・きのうもまた「イチ・ニイ・・・」と言ってもらいながら写しました。

 

| | コメント (0)

花あしらい・・(2009・2月7日)

090207_092956  本日も春のような一日になりそうです。

花あしらい・・梅の枝にカーネーションをあしらってみました。

まずは総会びより・・ということで。

| | コメント (0)

立春・・ (2009・2月6日)

090205_080123  もう立春。 朝の冷え込みもほどほどです・・。

これからの雪はふっても『暖かい雪』と思います。

★★ ところで半分(いやほとんど)諦めていた『草の根技術協力の相手国了承取り付け』がアルゼンチンから得られた・・とJICAより連絡がありました。

昨年の6月にJICAの国内採択から日にちも経ち、少しとまどいもあります。

急遽プロジェクト案の修正作業に取り掛かる日々です。

そして明日は『ひとねっと』の年度総会です。

| | コメント (4)

飲み会 (2009・2月5日)

090203_203223_2  元の(内の?)職場の同僚のMとの飲み会。

彼と私が どうしてうまがあうのか不思議がる看護婦(師)もいたりするが、どうしてどうして・・。

福山雅治の♪グッド・ラック♪を唄うといつも彼が想い浮かぶ・・。

 さていよいよ渡航が近づき上京(東京まで)の夜行列車の手配をしたり、前泊の島根県が運営するホテル(県民は少し安い)の予約をしたり・・・と慌ただしくなってきています。

| | コメント (0)

見て見て・・(2009・2月4日)

090202_172711_2  先般の健康班会・・そう・・牛小屋のある嵩山のふもとの村の集い。

あのときPCでアルゼンチンでの活動のようす、そして特に斎藤メソッドについて紹介してる場面が医療生協のミニレターに紹介されていました。

その時の皆さんがこんなにも真剣に覗き込んでおられたとは・・・。 出来たら拡大してみてください。

いま原本のカラー写真を下さい・・とは頼んであるのですが。

| | コメント (0)

春の空気が・・(2・3)

090202_152402_2  一曲おわるたびにお茶をついでくれる方、自分も手を出してキーボードを弾こうとされる方。 原屋の虎の巻の楽譜を、いつのまにか自分のポケットに入れてしまわれる方。

そう、ここではみんな自由にふるまっていいのです。

そして通所の方に負けじと大声で歌われたスタッフの方たち。 このこともとてもとても大事なことなのです。

 このデイサービスは私の音楽ボランティアのベースになっている所です。 この日も春のような空気を感じさせられました。 それは手にされている『ふきのとう』のせいだけではないのです。

あと3週間で もう3箇所での歌レクを予定しています。

| | コメント (0)

助けてー!!!!(2009・2月2日)

090201_153023  メールが繋がらなくなってもう4日・・。 もう待てない!!。 我がパソコン教室の所長は『 ジャスコ・ひえず店(鳥取県米子(よなご) 』の支店に・・・。

一時間かけてやっとたどりつき、広大な店なので携帯で聞きながらたどりついて、たった5分で自分で修復できて・・・。(これ自体・・自慢よりなさけない話だが)

4階にあたる屋上の駐車場・・・。 おお!!大山(だいせん)もみえる・・余裕をかまして、一枚・・。

 だがこのあと向こうが見えないほどの屋上の駐車場に自分の車が無ーーーい!。 ・・重さ8キロのパソコンを抱え30分以上も歩き続けるが・・無い!。 もうパニッーーーーク!!!

ああ・・・盗まれて今頃は境港からロシアにむけての船の中か??

もう一歩も動けない・・・近くのインタホンでオペレーターにヘルプを! 15分もして警備員がのそのそとやってきた。 『あのー・・・ひょっとして屋上駐車場がもう一箇所あるとか???』

「ハイ!そうですよ! よくあることですよ・では」・・・『チョ!チョット 待ってよ!!もう連れて行ってくださいよ!』 

まさかこんな広ーーい屋上駐車場がもう一つあるなんて・・・・・そんなバナナ!!

 警備員に最後に聞いてみたな。 『あのー 千台ぐらいも大きいですか?』 警備員がすかさず言ったなー・・「2千台です」・・・。 中高年が近寄れるところではどだいありませんでした。

| | コメント (0)

春は・きいろ・から・・ (2009・2月1日)

 一通だけ残ってた『ひとねっと』のニュースを届けに少し遠くへ。090131_134425

田舎道の無人市で蝋梅(ろうばい)が目に入った。

100円で一枝。 ・・とおばさんの姿が見えたので声をかけて、少し会話を。

「あんたさんがいけられますかね?」 ・・ 「まあ・・ただの投げ入れですわね・・」090131_135705

 

 春の花は黄色から始まる・・って誰かが言ってたなー。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »