« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

エドワルド氏と (4・30)

Ipuna429 アンヘリカさんの通訳で、イプナのスラムの コーディネーターのエドワルド氏と打合わせ。

えらい、協力的・・というか・・積極的というか・・。

発達学習会にも2~3名のスラムの青年を派遣する・・という。 Kanki430 

夕暮れのブエノス。

寒気団が南から(南極のほうから)やってきた。

凍てついた空気・・感じ取ってください。 

どんな寒さなの・・ との質問にお応えします。

皮膚・・に寒さはあまり感じないけど、骨が・・冷蔵庫に入れたみたいに シンシンと・・・

部屋に暖房はない・・とのこと。もつかいな・・この冬。

| | コメント (0)

スペイン語再開(4・29)

Kabe428 今日から、 おそるおそる・・スペイン語の勉強を再開しました。

それよりも、「壁」シリーズ・・ひさしぶりに登場。

まだ、以前のパワーには遠いけど。 晩秋の日差しゆえ、 光が足りない。

Matikado429

これも、光が足りない。 赤い色も欲しい。

あと これで 《 戸 》 シリーズが登場すれば、ほぼ復調てわけかしら。

本日、ロミーナさん・・という外人(おかしな言い方・・)の方と、イイヨちゃんの通訳で、面談。 発達講座をうけてもらうことに。

・・ セニョーラさんへ・・なんと、この方 テアトロ・コロンに勤めているんですと・・

| | コメント (0)

天高く (4・28)

Aki428 2階の間借りのテラスから晩秋の夕暮れ。

空気もひんやりしてきた。

退路を断って・・すこしづつ前へ!。

Note429 ちかくの空き地で、ノートに向かう。

ひどかった時差ぼけ・・ようやくとれたか・・・。

それにしても、メールが無いナーー。

ブログへのコメントより、 やっぱ ㋱ がいいな。

| | コメント (0)

朗報!(苦闘編)・(4・27)

Laccasona426 午前ちゅう、 少しうす曇りの路地をいくと、「アア!」 と眼をうたがった。

「かわいい」・・いまや世界語になった日本語が、口から・・。

この2階を、障害児「家族」通園センター・・ 「 ポコアポコ 」 として借りることに決めました。

もっとも、当面月2回・・使用料方式で です。Poko426 

絵のアトリエ・・絵の塾・・の建物。

部屋はもちろん狭い。

しかし、木の床だし、 なによりもこの文化的というか・・・ 空気がいいーーー!!

場所はなんと、いままで原屋(夫婦)に縁のなかった、ベルグラーノ方面。 いわば山の手。

気分がいいので、松江の家用のテーブルクロス・・一枚衝動買い。

さて・・・JICA中国からの㋱・・に、涙しそうになった・・・という、ブログ。

さては! すわ!、・・ と、何人かの方から問い合わせが。

そっちの話ではなく、この「苦闘」・・にたいして、《判るよー》 という㋱・・だったので思わずホロリ・・。

《雨が漏るーーー!》 みたいな 《苦し・楽しい》・・ブログは卒業。

これからは、《 苦闘・朗報編 》にお付き合いください。

さて、日付・・日本時間で打ってみました。 

| | コメント (0)

なにげに・・(4・24)

080425_015312 この次は3日後・・のはづが、なにげにUP.

さきほどまで、バルでアン○さんと打ち合わせ。

待つ間に風が・・・。

昨日JICA中国からメールが・・・。

思わず涙しそうになった。

わたしが似合わずに歯をくいしばっているのがおみとうし。

障害児宅へ「もう10日か、2週間まって!」と、あちこちTEL.

○○ちゃん・・・医者が、「なんでこんなに丈夫になったんだ!」・・・と、ふしぎがっていた・・とのこと。 なんなら、医者にも会いますよ。

それにしても、時差ぼけ・・・ひどいなー。

| | コメント (0)

朗報!2 (4・23)

Toire 今度の8ヶ月間は、食事がキーワードと思っている。

なにしろ無理やりにでも、(いい話)を見つけたい精神状態。

なんと、尿の茶色がとれた!!(透明に近いーー!)

水も前回の倍は飲む。 朝、昼、晩としっかり米食。

で、これが部屋のトイレ。 そしてこの蛇口からのお湯でこの場で湯をかけてお風呂にも。

これがなかなかいいのです。(なんだか、文脈がへん)

Kouzi 街角で工事してる。

そして、お決まりのコカコーラ。

日本で、あちらは何を食べているの・・と聞かれて、最初にコーラ・・が浮かぶが、いきなりは話しづらかったけど、こんな感じです。

おそらく昼の食事もコーラが主食でしょう、

「ワシラを撮るかやー」 みたいにニヤニヤしていた彼らだったが、後で見せたら、 「ホンニこいつ コーラしか撮ってねーがや!」 みたいな粗雑な発音が聞こえた。

さて、今 こちらのJICAなどとの毎日のような打ち合わせ。

そして、一日一冊のペースでの 斉藤公子氏の文献の再読・・などで、前回の4ヶ月とは様変わりした日々。

時差ぼけも手伝って相当 重い日々です。 1ヶ月もすれば安定すると思いますので、 ブログ・・週に2回程度にさせてください。 

読者の皆さんにはそこんところ「よろしこ!」

(ああ・・よろしく・・を、ヨロシコ・・なんてあそびで 言ったりするんです。 なんせ、読者の中には、 日本語の勉強中の方もいるので)

| | コメント (0)

朗報!(4・21)

Buriki とりあえずこれは、成田で・・たしか、マダガスカルだかの国の。 600円。

さて、大人の対応その1・・

ARのJICAから、草の根・・の件で、ポコアポコの実態は・・と聞かれ、おおいに《ムッ》とした自分。

でももう大人なので(60の・・) ジット考えていたら、やっぱ自分が変・・と思えてきた。

考えてみれば、一刻も早く ポコアポコ (障害児「家族」通園センター) を正式に発足させないと。(もちろん暫定的には発足してはあったが)

考えてみれば去年4ヶ月こちらにいたときになぜ正式に発足させなかったんだろう。

で、難航していたポコ・・の現地代表にシルビアさんに、先ほど正式に受諾していただいた。

こうなったら早いよ原屋は・・・(なんてえらい強がり) でも こうご期待!

ところで、写真の撮りだめももうないです。 ともかく、ここで「ホット一枚」・・ なんて心境には、ほんとは無いんです。

ブログ、一日おきぐらいでかんべんしてくだされ・・。

| | コメント (0)

秋の空!(4・21)

Oumu420 昨日までの煙たい・・煙の街が、今朝起きてみたらウソのように秋の空。

ほんとは、【シュウ天】 と、書きたいけど・・ほら、梅原龍三郎(アレ・この字でいい?)・・の《北京しゅう天》 のしゅうの字が書きたい。

で、午後の用事がキャンセルになったので、気分転換に どうでもいい用事をつくってアドゥロゲに。

樹の上がそうぞうしい。 高ーい こずえを捜すと、野生のオウムが・・・。

意味なく【ホーーホーー】と声をかけるも、その自分の声の力のなさに《ゾット》する。

そう、3ヶ月ぶりのブエノスは私の心をすっかり冷え込ませている。

Yoparai420 【よっぱらいの木】に花がついて独特の風情が・・。

なんというんだろう・・ ・・ ・・ オリンピックで金メダルをとったアスリートが、そのあとおちいる虚脱感・・。

故郷を出発するまえから【重ーい】気分に、とらわれていたが その曇った雲のひとつがこれなんだろう。

いずれにしても、ここは大人の対応・対処が必要なのだ。

自分という人間がこの60年間、ここまではいとも簡単に来ても、 ココから先は 【いつも避けていた】 【いつも逃げていた】 ゾーン。

未知の世界へ突入するしかないのか・・・・。

(追。。オウム・・拡大しても見えないです。)

| | コメント (0)

○立さんへ(4・20)

Hon419 ○立さま、出発にあたっていただいたボールペン使わせていただいています。

さて、到着初日から斉藤公子氏の本の再読にとりくんでいます。

これから8ヶ月、そして本番の活動にむけて、まづは学習・・というか、脳の初期化・・というか。

犬のフンだらけのブエノスの路を、本を読みながら歩くのも大変ですが、このほうが部屋よりも集中できるのです。

(カミさんは、スペイン語・・でないのに不満かも。)

スペイン語は、2週間はおあずけ・・ 活動の方向が見えてからです。

Te419 で、ちょっと気になったのでお手紙(ブログで)を・・・。

かわいいお孫さんの手が汚れたとき、横から拭いてあげてるのでは・・。

それでは、脳は育ちにくいのですよ。

なぜなら、おまごさんは自分の手を使う機会を一回うしなったから。

そうではなく、手を洗ってらっしゃい・・と、蛇口につれていく・・

「でも、水道がどどかないのよ」・・そう・・そこでお孫さんの手が届くための【足台】をセットする。

(もちろん足台も用意しないで、よじ登らせる・・という手もあるかも。 でもいまの時代そこまでは・・)

昨日、夕暮れの大通りの歩道で、男の子が泥遊びを・・。隣のパパにことわって一枚。

汚い遊びを勧めているのではないのですよ。 拡大して、この子の手を見てみて!

無心にうごくこの手・・この瞬間、彼の脳が どんなにか喜んでいることか。

聡明な○立さんなら、わかりますよね。

| | コメント (0)

煙の街(4・19)

Budou418 ついに・・ぶどうの木とご対面。

ぶどうは、まったく残っていなかった。

しかし、正確に言うと・・ちりちりになった枯れたのが見える。

日本で言えばもう11月が近い季節。

で、状況から推測するに・・・あのおばさんは、食べてなかった可能性が強い・・。

ところで、このモヤットした空気・・焦点ボケ・・でなく なんとブエノス中が煙につつまれているのである。

なんでも数百キロの州で、畑を燃やしている・・とか。

こんなことはブエノスでもはじめて・・・とのこと。眼が、しぱしぱするほど。

昨日飛行機が、ひどくドスンーーと、ぶつかるように着陸した。 一瞬にしてゴムが焼けた匂いにきないが包まれた。

煙で、うまく着陸できなかったと思える。

さて、尿の話ですが・・もう、茶色っぽくなってる。 いったいなにが原因なのか・・。

それと、たった3ヶ月なのにまた物価が3割がた上がっている。 下の写真は、煙が漂う街・・きょうは、もっとひどいですBuenos418

| | コメント (0)

60時間の苦行(4・19)

Higasikokubaru 3日前の夜、東京の夜。

ホテルのすぐ近くに宮崎県・・を売り・・の、居酒屋が。

まわりは青山・・なのにそこだけ「気持ち悪いほど安いよ」・・みたいな雰囲気が。

はいってみると、体育館の片隅のような店。

明日から2日間、飛行機のなかで飲まず食わずになるから・・・と、衝動食いを。

内容は体育館・・・みたいな味。

でも、450円の【黒の】生ビールのおいしかったこと。

くそー・・・もう一回飲みたい。Wasinton 

7時間のワシントンでのフライト待ち。

でも・もう慣れた。

しかし、・・・ひとびとは、なぜにこうもみすぼらしいものを着てるのだろう。

・・・・ひとびとは、なぜにこうもむやみに肥満になっているのだろう。 と、うんざりしてしまう。

ともかく、ブエノスにつきました。

| | コメント (6)

出発まじか(4・15)

Renge おとといの夜から35時間不眠不休で、事務局長(セニョーラ)がJICAの再・再・再・再・・のプランのパソコン打ち・・。

外は25度もの陽気

【れんげ】・・の田んぼ。 ひばりでも鳴きそうな天気。

ずっと向こうを郵便屋が通る。Keiryuu 

湖だけでなく、山にも囲まれたこの地方。 15分も動けば 渓流の春のしぶきにも出会える。

大きさをわかってもらうため、自分の片方の靴をおいて一枚。(変?)

これで4日後にはブエノスアイレスだろうか? とひどくけげんな気分に。

帰ってみるとJICAからまたメールが。

ともかく、このつぎのブログは5日後あたりのブエノスからか・・

3ヶ月のブログ・・(ふるさと編) ご愛読まことにありがとうございました

 

| | コメント (0)

総会とキックオフ(4・12)

Paneru1 午後、ひとねっとの総会・・

夜、キックオフ(送別会)の集い。

総会も、夜も集合写真とるの忘れてました。

どちらとも、皆さんと しっかり交流できました。

で、これは今日に間にあわせようとがんばった、畳いちまいぶんのブース用パネル。

伊原さんや、石原さんに手伝ってもらって完成。 夜のつどいでおひろめ・・

皆さんから拍手がわきました。その拍手の音は、とてもさわやかな音質でした。

日本に置いていきます。

Paseru2しかし、うっとりしている訳にいかない事情が。

これからJICAとの再度のすりあわせがあるのです。

あさってまでに仕上げ、場合によっては成田出発の前日に 再・再・再度のJICA中国との打ち合わせが・・・。

色々思うこともなくはないが、JICAも必死なのだと思う。 小さなNGOにこけることなく活動してもらうためにも・・・

さて、今日参加の皆みな様、 無事お帰りになりましたかしら。

ひょっとして、このブログが早かったりして・・では、おやすみなさい。

 

| | コメント (0)

再び・もみの木へ(3・9)

Pesokeisan Mominoki 昨日、島根ジャイカデスクの藤原さんと、○原さんをともなって再びもみの木へ。

いつもと違ってなんと朝6時半から高速で。

100キロ出しましたよ。(2時間15分)

写真は、農家をそのまま使った赤ちゃん部屋。

山陽らしいあかるい日差しと、テレビ漬けを まったく感じさせない子供たちに、二人とも大感激。Saihaku 

岐路は、いつもの50キロ走行で 地道を6時間かけて・・・。

新見の町をすこし探検し、最後は、米子の奥の西伯町の桜。 夕暮れのぼんぼりの明かりのなか、 どこまでもやさしい並木がつづく。

土地の人が、「近年で一番の花」・・と教えてくれた。

さて、これは・・(といっても、写真の位置がへん・へん・どこだ?)

4日前から 【草の根申請】の財務についてのペソ換算のための一覧表の作成。

またまた畳一枚の大きさ。

財務にとりくめば、これまでの予算より精度があがる。 が・・・これは、事務方(カミさん)との摩擦の種にも・・。

しかし、【帰国】・・まで数日。 ここは、我慢・・。夫婦げんかの種にする余裕がないのだ。

 JICAから言われたから・・・でなく、万が一案件採用となれば、 おそれおおくも 《国民の皆さんの税金の投入》 であり、一円たりとも あいまいな使途はしたくないのである。

おかげで、財務的にもかなりシュミレーションができた。

しかし・・しかし・・気分がなぜか重い。 この重さ・・ 出発までに書けたらかきます

| | コメント (0)

春の夕暮れ(4・6)

Kobusi 一年に一~二度ぐらいしか 里(実家)に行くことがない私が、こんなに行き来するなんて。

昨日夕方から、また里へ・・。

ぶんちゃん・・・「こぶしの花もさいちょうよ・・」 と、教えてくれた人がいて、わざわざ来待の菅原神宮から山道を・・。

夕暮れのため、全山真っ白・・とは写らなかったです。 拡大してみてください。Noyaki

この山合いから、大東の遠所(えんじょ)にぬける。

途中 野焼きをしていた。 番をしている農夫に声をかけて一枚。

でも、私のこどものころは これは子供の仕事だった。

もっと、暗くなってから・・(火の粉がよく見えるからだったと思うが) 兄弟で、焼いたものだ。(あんがい父や兄貴が、遠くから観察していたのかもしれぬが・・)

2日前の花・・のことですが、私のことですから野のはな、山のはなをメインにあしらいますが、ほんの少し人工的の花もあるとバランスがいいのです。

昔は、深山の珍しい山の花(今だと、【みつまた】・・など)を取って得意になっていましたが、 そんな花は、「山にあってこそ」・・・と、今は いっさい分け入らないことにしています。

なにげない春の野山も、来年・・再来年の春は、日本にいないかもしれないと思うと、ささいな景色も去りがたい心境なのです。

| | コメント (0)

満開直前(4・4)

Jica42 桜が、いまにも(爆発てきに)満開になりそうな今日です。

おとといは JICA担当者のかたが松江に来ての打ち合わせ・・・。

実務を担当するカミサン(事務局長)・・あいかわらずマスクがとれない。 今日はさっきまで、点滴ごとに。

で、わたしの方は体調もなんとか。

きのうの午前中は、泌尿器科でCK(そう、ブエノスで尿が濃ゆかったから) 来週もう2回 内科と頭痛をCK。

ぐったりと、めいるほど気分がのらないが、もはや原屋の気分ですますわけにいかないかも。.

これは、ブース用の畳より大きいひとねっとのパネル・・の製作中。

スペイン語の教材も2階に上げて、完全に渡航直前のモードに。

で、これは1週間前のお客さんのときの私の花あしらい。

八百屋のかたすみで、すでにしんなりしていたけど、今日明日にもほかされる運命にあるので、一枚。

しゃしんが、うまく入らなかったみたいです。Hana44 Buus 

| | コメント (1)

法事まんじゅう(3・2)

Oku31 もみのき保育園の卒園式と父の法事がかさなったため、昨日の朝 早朝奥出雲へ。

朝霧のなか、急ぎの運転でもつい一枚。

用件は《 法事饅頭 》をもらうため。

この忙しいのに饅頭ごときで・・・と、カミさんにぶつくさ言われる。 しかし子供のころ、法事饅頭・・なんてものは、とんでもないほどの豪勢なものだったのであり、体が反応してしまうのである。

気分がいいので、《 ソーダやのソー助さんが ソーダ飲んで死んだソーダ ソーシキまんじゅう ないソーダ 》 と、子供のときの言葉あそびが口からこぼれる。Asatuyu 

途中・・  朝露が 小梅のよう

今日 これから JICA職員に松江に来てもらっっての 打ち合わせです。

| | コメント (3)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »