« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

サマータイム・中間総括(08・1・31)

Natuzikan かの国ではじめて体験したサマータイムについて、かるめにふれます。

一言でいうなら・・「百変あって、一利なし」

老人ホームでは、朝 居眠りしながら朝食。

アンデス山脈に近いメンドーサなどでは、もともと夜9時半でもこんな明るさ・・それがさらに1時間遅くなるから・・夜11時近くでもこんな明るさ。

住民は眠れない・・と不平を言ってるとのこと。

どこかの州では、州 単独で元の時間に戻す動きも・・。

で、何かいいことが一つでもあるか・・というと一つも聞いたことがない。

しかし、一番変なのは、「ほんとなら今○時だ!」 ・・と、いつも二つの時間を気にしなければならないことだ。

いわば、《時間の二重性》・・という実に妙な感覚。

一分一秒に生きる日本人にとって、実に変な感覚。

かの国でもひょっとしたら、今日(1月31日で)打ち切りかもしれない

| | コメント (0)

足湯・・で「手」湯

Omori 自宅からクルマで20~30分でいける温泉は5つぐらいある。

いずれもわずか300円で入れる。

この写真は大森の湯・・。 ほほえましい家族が・・もちろんことわって一枚!

若いおばあさんだなー。

で、温泉がよいもだだではないし・・と考えていたら・・市内に(北松江)に足湯があることに想いがいたり・・。

いってみるとなかなかいい。 でも、足湯に手を入れ続ける姿も・・さすがに怪しい・・。

故郷でも日課の中心はスペイン語・・ でもスペイン語の他にどうしても・・という日課がないから・・もやもや感がかなりある。

考えてみればわずか数万円といえど、わたしはだだの年金生活者? しなければならないことは一杯あるはずなのに・・。

昨夜 もと同僚と飲んでいるとケイタイがなる・・病棟婦長から 「チョットアルバイトしてごさん」・・どうするー?

あー やっぱ 早くブエノスに帰りたいよーー!

| | コメント (0)

シュレックのおばさん

Kokujin_2 月並みですが ブエノスから我が家までの 足掛け3日間の様子を・・

4ヶ月前 ブエノスに着いたときには空港のストライキ中とかで、なんのチェックもなく入国・・ という感じだったが、こんどはニューヨーク近くのワシントン経由なので、靴など2度も脱ぐほどのチェック。

ワシントンまでの13時間のフライトではなんと言っても隣のおばさん・・

前の席の幼児にちょっかいを出したりしているうちは良かったが、やがてワインを飲み始め(5時間飲み続け)・・

くだをまき・・座席に立ち上がり・・泣き出し・・ハラヤにのしかかっていびきをかき(息がくさい)・・またワインを飲み・・

こういう人種にはヤハリ・・という感じの 座席に収まらないほどの巨体・・ 誰かに似てるなーと思ったけど・・・アア・・シュレックという映画にででくるキャラクターだ。

なんでこんなおばさんに、こんなにも文字数をついやさねばならないんだ・・

さて、この写真はつぎのフライト待ちのワシントン・・  黒人の人は絵的に なんかさまになるんだなー

後半のフライトは北極ちかくをかすめてシベリヤの上空を・・ 窓側ではなかったけど、首を伸ばしてシベリアの雪また雪・・をチェック。

成田から夜の東京へ・・22時発の寝台夜行列車・・サンライズ出雲。 シャワー室を使ったけど、たった300円で快適だった。

そうそう、あのシュレックのおばさんにあおられて河井寛次郎の本を機内に置いてきてしまった。 寛次郎翁の文章はいまの私には必需品なので、昨日本屋で買い足しました。 どこまで人騒がせなんだ・・。

手のほうは、毎日温泉・・の効果もあってか、これだけの文字が打てるようになりました。

なんか、気を使っていただいて・・メール皆さん控えてません??

解禁ですので・・。

| | コメント (0)

「早くブエノスへ帰らないと」?

Hakubisen_2 うねうねと中国山地の山あいを越えて夜行列車は古里へ。

厳冬を思わせる車窓・・が雪の量は申し訳程度。

とはいえやはり寒い・・

2~3日ゆっくりしてから また忙しい日々がはじまるはず・・

でも体のどこかから、「こんなとこでのんびりしてられない・・早くブエノスへ帰らなくては」・・とせかしている声がする。・・家に着いてまだ10時間しかたっていないのに。

| | コメント (0)

いざ(一時)帰国へ!

Mate きのうはスサーナ先生のご招待。

しっかりご馳走になりました。 でこれはこの国に欠かせないマテ茶・・・またいつかふれます。

これからエスペランサに顔をだし、夕方ペルー人の「ミリちゃん」宅へ ノエさんをともなって2回目の訪問。

夜はカリーナの家族からの招待。

Lapulata 

きのうの午後ラプラタ川へ散歩

ごみが写らなくてよかった。

さて、いよいよあさって帰国です。

この4ヶ月ちかく ひとねっと 及び ブログへご声援 本当にありがとうごさいました。

でも、どう考えても1年には思える。

(オットー ここで小島さんからピザの差し入れがー)

今日は荷物整理・・PCもこれでしまいます。  再開は日本時間の24日夜と思います。

(そうそう・・手の回復度・・って、何ではかるの・・?と質問がきていました。

お応えします・・なんとそれは《 自分で 》計るのです。)・・で、93パーセント。

古里の雪よ・・ ドカッと 降ってまて!!

| | コメント (0)

もう一人のミリちゃん

Te すでに紹介しているミリちゃんと同じ名前の、ペルー人の一才半のミラグロス(奇跡・・という意味)ちゃん。

斉藤公子メソッドで、目と目を合わせて「 ミ リ ちゃん!」 と声がけすると・・目が澄んできて・・口をうごかしてしゃべろうとする。

目を合わすことがこんなにもすごいとは・・

おとといは、とりあえず基本の基本のみ ママとパパの手に教え込む。

この手はパパの手・・なかなかいいよ!

途中から、パパも 《 ミリちゃん 》 と言い出した・・あのお・・それ日本語だよ・・・

帰国2日前の あさって、通訳(ノエ嬢)つれてもう一回訪問予定。

ところで、昨日は某プロ歌手の方に初レッスン?

唄った唄は・・宮城県民謡・お立ち酒  宮崎県民謡・刈干し切唄  大阪をテーマにしたフォークロックの、「悲しい色やね」 と 「大阪で生まれた女 」

5月から本レッスン?・・どんだけーー! (まだ、はやってる?)

追伸・・なんだかたどたどしい日本語の文章が、なつかしい?なんなんだ

| | コメント (0)

サッカー

Sannin 5さい おとうと 1じかんも りすのように ぼーる おいかけている

Pik つぎ バレーボール?

NO バレーボールのコート 2対2で

手つかわない

足胸頭だけ・・ ずごい

これでは100年日本かてない

Pik2 とうぜん びーる のみながら・・

こんど アル・・に きたら

原屋杯つくるつもり

手 だいぶいい

わざとこんなぶんしょう・・

えんりょしないで、めーるほしいよーー

最後の週・・どんどん仕事増えてる

じゃ・あさって・・チャオ

| | コメント (0)

48時間ぶりに

Tomas Aru とてもモヤモヤした気分で、2日をすごしました。

でもまだ字抜きで・・

おとといは、大家さんとスサーナ先生を アラブ料理に私が招待しました。

セニョーラさんへ・・あいかわらず 安い・おいしい・ヘルシー でした。

昨日はトマス君宅 ハラヤが3ヶ月不在時のメニュー・・・

ママ・・美人・・賢いTuti 

トマス宅・・山の手・・近く公園・・バザール

土人形・・1個50円・・セニョーラさんへのみやげ・・

広島の横○さん・・わたしのは?・・言わない・・

写真の位置へんある・・

| | コメント (0)

「ブログ」 一日おきに・・!

Aka3 手の調子が・・ ひょっとして腱鞘炎?

PCは故障しなかったが、おじさんが故障ってわけ・・・ 断腸の思いでPCにさわらない日を一日おきに・・の緊急措置を・・ この無念さをおさっしください・・A 

さて、昨日支援者の方の家を見学・・センター「ポコアポコ」・・の候補に・・と思ってたけど、

不特定多数が出入りする場所には到底無理なほど御殿のような家。

残念

アレレ・・2枚目の写真がこんなとこに張り付いたがね・・

続行・・昨日は赤の色に目がいった日・・

Aka 

「赤」 の色はセニョーラのイメージカラーでもあります。

では皆様明後日おあいしましょう。

| | コメント (0)

ブエノス風情 2

Santa 手の回復度・・86パーセント・・?? 落ちてる。

年があけてもヨンタさん・・まだ働いてる・。

気温40度・・

Karuta2 何人かの人へ絵葉書・・

一ヶ月ちかくしてようやく着いたようす・・

これからイプナの学習会に出かけます

| | コメント (0)

邦字新聞に載る

Houti この国唯一の邦字新聞 「ラプラタ報知」 から先日 取材をうけ、さっそく掲載されました。

この面のほかに主張欄でもとりあげてもらいました。

昨年10月に載った 「セニョーラも1月に来られる・・」 みたいな、憶測記事と違い、非常に正確で全面的な記事となっています。 

こちらの写真はミリアンさんという方の・・手

Te斉藤公子メソッドのリトミックの部分にはやはりピアノが欲しい・・

まあ、本心は原屋が踊りながらピアノを弾きたいけど・・

で、比○さんの紹介でミリアンさんをスカウト。

手はプロだから大きく妖艶にも写っているが、ご本人はとても控えめの方。

ま、なんだかんだと言ってるうちに色々な準備が進んでいる・・ということか。

 (手・・の回復度・・91パーセント)

| | コメント (0)

ブエノス風情

Bu1 散髪屋・・

マスターはタンゴの名手だった・・と店の中も見せてくれた。

これは、(住所)

Bu2 サンタフェ道りで、見つけた

どれもこの国らしいデザイン

Bu3

今日は40度の予報

これから一時帰国の挨拶にJICAに出かけます。

手の回復度90パーセント

| | コメント (0)

台所で斉藤公子

Yuka_2 「おとうさんの背中と、大地さえあれば!」 の(ひとねっと)にとって、台所の床・・なんて天国。

さきほどまでミリちゃんと この床で、(斉藤公子ごっこ)・・

ミリちゃんの意欲と笑顔を大切に!・・とハラヤノートに書いてのぞみました。

ギャラリー6人の拍手喝采をミリちゃんは浴びていました。

Noe 

ところで、この人はノエさん(嬢)

このところ、原屋のこの種の行動にはほとんど同行されています。

詳しくは、原屋の右手が治ってから。

で、本日ここまで。

明日ぐらいには治ると思います。

| | コメント (0)

NHK正月番組

Ki2なんとなくNHKを見る時間が多くなっている。

温泉もの・・ たかあんどとし のお笑い・・ そして、自然もの・・ それには樹齢数百年の木が。

映し出される木をみていると、この国の木々との落差に想いが。。

3日ぐらい前に紹介した写真・ 実は根っこは一本の木なのです。

これで100年・・いや100年もいってなかったりして。 なにかこの国の危うさを感じてしまう。

右手が・・変・・でも左手はOKです。

でも、PCうつのをうんと少なくすれば直るはず・・ 本日これにて・・

| | コメント (0)

「ぼくにも同じことして!」

Matikado7 昨日は、こんな所をバスで通りながら障害児宅へ。

3歳・・と聞いていたが、行ってみると5歳の双子の男の子。

私のメソッドは、「遊びながら発達をうながすのです」・・の公約どうり あの手この手で遊ぶ・・

すると、「ちっちゃくなって!」と言う。 私がちじこまると、私の上に乗りかかってやっつけよう・・とする。

すると、健常な男の子のほうが私をつつく。 「僕にも同じことして・・」・・と。

結局 入れ替わりしながら2人と遊ぶことに・・まあ、初対面の出会いはこれでOKなのだ。

いささか疲れたけど、 まあ、この種の疲れは想定内・・。

5月ごろから始める予定の障害児母子通園センター・・「ポコアポコ」へどうぞ。。「ハイ」 ということで、第一号に。。

ところで、この若いママを紹介したのは スペイン語のスサーナ先生・・。

このことが貴重なのです。 一番身近な人に (信頼にたる)・・と思ってもらえていることが。

一時帰国までに、できたらもう一回訪問を・・。

| | コメント (0)

しょうぶ「服」

Syatu ネクタイと革靴・・ は、どう考えても むしずが走る原屋にとって、Tシャツは大事・・。

アドロゲの商店街で買った500円のこれが、今の勝負服!

洗濯屋だった大家さんは、しわがあるとうるさい。

そして、立派なアイロン台もあるし・・。 で、せめてこの一枚だけはアイロンかけ。

ところで、この写真を見て・・少し手がむくんでる・・?。

そうなんです。 右手が少し違和感があるのです。

台所・・ 洗濯・・ PC・・ そして、スペイン語でボールペンを握り締めて・・・などなど・・ 人間の活動って、こうも始終 右手をつかうものなんだ。

すこし何か考えないと・・。

別件ですが・・この国では、クリスマスから新年にかけて 毎晩毎晩・・花火をやたらやってました・・。

失礼な言い方かもしれないが、《 やけくそ 》 でやってるようにしか どうしても思えなかった。

「 花火狂掻曲 」・・ と、タイトルも考えてあったけど、 文章にしません。

手もむくむし、これから3歳の障害の赤ちゃん(外人の)への訪問もあるし・・ 本日のUP短めで終了です。

 

| | コメント (0)

雪道を歩きたい!

Tangobar どうやら随分有名なカフェバルらしい。

こういうところはお釣りを誤魔化されるようなことも無いので、50円ぐらい高くても安心。

原屋さん・見て見て!・・と、HOTつきでメールが・・

そこには5センチ程度の雪が・・

彼女には悪かったが・・すかさず返信を・・

「雪が降った」 というのは 30センチからにしてほしい・・ この程度は、「小雪が少し」 と言うように・・と。

けなげにも、「小雪が・・」と、また返信が・・・

私の育った所は中国山地の、広島との県境の 山あい・・膝までの雪・・腰までの雪があたりまえだった。

高校のときなど、朝7時の汽車に乗るため、無人の道を、腰までの雪を掻き分けながら駅にかよった。

Kumo などと、この2~3日考えていた 。 その時・・ このカフェ屋の外に真っ白な雲が・・ その瞬間 深い雪の中に身を投げ出す自分の姿がうかんだ。

そうだ、日本へ帰ったら、長ぐつを履いて雪道をいやと言うほど歩こう・・ これだけは、かならず実行しよう!

それにしても、この雲・・このあと大雨とか、ひょうを降らせたりする雲だ・・ とおもったとうり、5時間後 久しぶりの嵐(大雨)・・。

直ったと思った天井から雨は漏るし・・ PC速報の、箱根駅伝では 母校がシード権ぎりぎりで・・朝の3時までCK・・.

すこしボンヤリしたまま 今日もでかけます。

| | コメント (0)

My・避暑地!

Jujuy_2 ありゃ・・ 久しぶりにミスってしまった。 

ま、とにかくこれが、今 毎日かよっている私の避暑地です。

最寄の地下鉄の入り口。 なんか、以外にきれいに撮れてる。

部屋は、何回も説明しているように、トタンぶきのトロピカル構造・・外は38度ぐらいか・・。

Benti

そして、ここなら1時間は過ごせる。

1時間したら、地上に上がってカフェ屋で・・

そして帰りにまた地下鉄のベンチで・・

昨夜、松江から、箱根駅伝のメールが・・

近年 原屋の母校も常連校・・PCでCK・・4区ぐらいまでまあまあ・・

あさ起きてCKしたら、7~8位。

アー もう・・・・息が出来ないくらい暑い!(部屋が)

途中で うちきって、避暑地へでかけます・・・では・・

| | コメント (0)

もう一回おめでとうございます

Yoru8zi 一日おくれの元旦・・。 もう一回おめでとうございます。

おもうに、このブログは、私だけのものでは決してありません。 ほんとに、皆さんと一緒に作ってきた と思っています。

今年も、楽しい(ぐるしい)ブログをまた一緒に作っていきましょう!

さて、これは昨日 大晦日の夜8時、アパートから・・。 サマータイムがはじまったので、夜8時でこの調子。

頭の中では(と言ってもほんとは夜7時だ)・・ みたいな計算をいつもしていなくてはならない変な感じ。

今日開いてるカフェ屋があるかな? と心配しつつ、地下鉄で・・・。 奇跡のように一軒ほどあいてる。 帰りに 公園で木登りをしてる子どもたち・・Kinobori 

どれどれ・・アジアのおっちゃんが・・・ 手本を・・ といっても、アララ! スペイン語のなんやかんやが入った カバンを下げたまま・・・ すべって登れんだったがね・・。

そうそう、なにげに地下鉄が90円に上がってた。 これからもう一度午前中行ったカフェ屋へ・・・ 明日からまた忙しくなります。

| | コメント (0)

あけましておめでとうございます。

Syougatu と、ハラヤにしては平凡なタイトル・・ ほんとに、今年もよろしくおねがいします。

松江の方は雪の天気予報 ・・ なにしろ大家さんのテレビはHNK(海外放送)しか映らないので。

で、何かそれなりの写真でもあるか・・ と、PC内をさがすけど・・ で、日本から持ってきてた めでたそうなものをさっき写して。。

さて、予告していた紅白歌合戦・・まあ、そんなに悪くはなかったけど。。 こちらの朝の9時ごろに下に下りると、ママは「 わけの解らんのばっかり 」・・と すでにむくれていました。

そんな中、この人も○○の病気で休んでいたことがある・・ ア この人も・・ ア この人も(徳永英明とか・・) の話が一番もりあがったりして・・。 まあ、「ハラヤノート」 にある、無病息災ならぬ、「 一病息災 (ひとつぐらい病気があったほうが かえって長生きする) 」というところでしょうか。

さてさて、いよいよ真夏・・昨日は37度・・ 今日もそのぐらいか・・。

こちらの暑さの特徴は・・日本はもちろん蒸し暑い・・という感じでしょうが、この国のは表面ではなく、なかの脳みそがとけてしまうような感じの熱さ。

これから夜まで・・ Syougatu2 どこで過ごそうか・・ とりあえず部屋から逃げないと・・?

で、エーイ 正月だ !もう一枚! どじゃ・・

来る時、トランクにすきまが・・さしたる理由もないのに 気がついたら紛れ込んでいた・・。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »