« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

みさこ先生

Yamamoto_2 わたしは、偏屈だし 人間みな同じ・・と思ってるから、人に向かって 「先生!」 なんて言葉ははとんどつかわない。

しかし踊りの師匠・・とみれば心底「せんせい・せんせい」の連発・・・

で、このすこしは虫類のような方こそ、この国で原屋がこよなく尊敬する琉球舞踊の先生なのです。

この国の日系人の7割が沖縄・・そして先生は50年まえの移民・・・なんと、みるからに朴訥な人柄そのままに、いまやどこか本土化された沖縄県の踊りと違って、50年まえの踊りりの原型で踊られるのです。

以前、沖縄からテレビ局が昔のおどりのすがたを撮りにきたことも。

土曜日の夕方、子どもたちだけにボランティアで教えておられる場面に時たま遭遇すると、一番後ろで手振りをすこしまねたりしているのです

| | コメント (0)

ボカをよろしく

Toyotahai_2 今日4回目のブログにむかっています。 このITは、大家さんが貸しているIT屋からランをひっぱっています。

昨夜から、何回も店の都合で切ったりするのでUPのときに・・エラー・・の繰り返し・・それで、4回目・・いささかモーローとしています・・(怒るわけにもいかないし)

昨日は障害児のプール指導をしている施設に見学にいきましたが、その話で、もう2度も文章をつくってエラー・・で、もう書く気がうせました。

かわりに、昼間街中でこんなのが・・・(このネタも2時間まえに、2回エラーにあっている)  12月に世界のクラブチームのトヨタ杯・・というのがあります。

舞妓さんと写真の選手について色々さっきは書いたけど、これも もうやめます。 ともかくアルゼンチンの 《ボカ》 チームをよろしく。

さてさて、突然ですが・・ふってわいたような情報があるのです。

この国で目立たないように、南米の福祉の民間活動をいくつも、一人で支援されているすごい方がおられ、わが・ひとねっと・とも交流のある方ですが、その方の口利きで、南米のある国に近いうちに視察にいくことになりそうなのです。

その方の名前や、国名は今は遠慮させてください・・・   ただ、その国の 「名前」 が原屋の心を止めずらいほど興奮させています。 何とかしてぇー~~~

| | コメント (0)

《2ヶ月駅》・・通過

Nekozyrasi 夕べと、けさ Enterキー にふれただけで、ブログがUPしてしまい、変なタイトルが二つはいってしまいました。

今も、いつ変なことになるかと・・・ともかく短く・・

気がつけば 《2ヶ月》 の駅を通過していました。・・一週間めで・・3ヶ月たったような・・一ヶ月目で半年たったような・・と悲鳴をあげていたのに

今の気分は・・四ヶ月ぐらいたった感じ・・なんだかだんだん現実に近くなっている。

まずまず、ペースがすこし安定してきたのかもしれません。

でも、2月ごろ一回日本に帰りたい(1~2ヶ月でいいけん)・・きょうはこれにて・

| | コメント (0)

(

| | コメント (0)

大理石-効

| | コメント (0)

ビルおばさんと原屋

Pikuniku 昨日は、この国の年金者のためのピクニックに同行。 

友人の比○さんのアパートに、ビルフィーニヤというおばさん (ほんとはおばあさん) が住んでいて、お祭りみたいなときになると、原屋を引っぱりだす。

小さな施設に着くと朝ご飯 (といっても、三ツ星ホテルでもパンと砂糖あまいカフェだから、日本人にとってはだだのお茶)

それから、だらだらと昼を待ち・・それから、肉料理(例のアサード)

それから、庭でだらだらと夕方になるまで、日向ぼっこをする人・・と、ダンスにのぼせる人に分かれる。

とうぜん、原屋はダンス ・・いきなり写真のおばさんが、怪しげな踊りを始めた・・ 「遅れをとってはならぬ」・・「日本人」は闘牛の格好をしてとりあえずつかみはOK

それから、なんだかんだと2時間以上おどりつづける。

夕方またお茶が出て・・7時に出発地に着いて解散・・7年前あたりだと、途中で腹がたってきたりしたものだが、今は適当にながせるようになっている。

なんで 「ビルおばさん」 がこの日本人を連れて行きたがるのか・・それは、だれとでも差別しないで踊るから・・と、比○さんにきいたことがある。

この国では、今 流行らないラジカルの活動家と思える「ビル」・・気のせいか、以前の元気さはすこしないが2週間さきには、別口のピクニックに同行の予定・・

《温泉のないこの国では・・なにもしないでいる・・ことが一番のレクレーション ・・と解っていても、この内容で12時間はなかなか覚悟がいります・・・、やれやれ!》

| | コメント (0)

超・お屋敷

Pasu昨日はスペイン語の野外授業・・

先生の引率で・・

行き先は、フロリダ通りのちかくの、130年前 「パス家」 が建てた御殿。

表側の写真なら、セニョーラさんも解るけど、これは裏庭。

中はヨーロッパ中(一部アフリカ)から持ってきた大理石のオンパレード・・・

ガイドのおねえさんの、流暢なカステジャーノを1時間半聞けたのが収穫。 唯一・・下の写真の壷を 「い・ま・り・」 と言ったときだけ、この日本人の方を見た。

そして、今日は朝早くから 「ピクニック」 というものに引っ張り出されて、これから出かけます。・・比○さんにさそわれて・・・のつもりが、結局70人ぐらいの外人の方(高齢者)・・の中に原屋一人・・・。  どういうことになりますやら・・・

Imari 

| | コメント (0)

昨日という日

Misuzu 七年まえ、大家さんが山口の方で「金子みすゞ」の詩集をさしあげた話は、初期のブログでふれました。

もう一人それこそ高校時代、仙崎で過ごした・・と言われるな七海(ななみ)さんが、先日もっとしりたい・・と言われる。

加○さんに事情を話して、昨日、朝のうちに借りに行った。

Kabe5 それから、地下鉄の壁を写して JICA事務所で 所長さんと2ヶ月の活動の様子・・・ということで面談し・・

それから、1時間かけてダンスサ-クルへ行き(きのうはストレッチ)・・夜10時に地下鉄の乗換駅にいくと、ストップしていて・・

危ない夜道をひどい寒さのなか、めずらしく綺麗な満月を背に ・・3キロ歩いて ・・11時にかえりつきました。

それにしてもあの控えめな加○さんが別れ際に 「あの・・原屋さんがおかえりになられるときでいいですから・・詩集の方・・かえしてもらっていいでしょうか・・」 と小さなこえで言われた。

4センチと、6センチほどの小さな詩集・・やっぱりかわいがってもらってるんだ・・

なんとなく色々あった一日・・でも、どこか気持ちのいい眠りにつきました。

| | コメント (0)

街中のマエストロ

Kuruma オンボロ・・と言う意味でなく、いかにも手作り・・なんともいい味・・

車屋・・か?・・と覗いてみた。

すると奥に枯れ枝のようなおじいさんが座っている。 たった一人の職人が、 50年くらいまえの写真や優勝カップも撮れ・・と勧めるMaesutoro

なるほど解りました・・数十年前、このおじいさんが若いころ、この国の有名な自動車競走のドライバーだった・・と、そういうわけですね・・

( 両手をひろげてズゴイ!みたいなポーズを 礼儀だし!)

このクルマボンネットがしまっている時もう一回撮ろう。

そうか?!?

人のおねえさんは撮れないが、おじいさんなんかならだいじょうぶか・・・

| | コメント (0)

準備のしすぎ・・?

今日はイプナ職員の発達学習会(第二回目)

20~30歳の障害の方の発達と、斉藤公子氏のメソッドをどうつなげるか ・・・正直いって、相当 考えをめぐらして準備してきた。その集大成が写真の「絵で見る斉藤メソッド」 ・・Rirakusu 

昨日、半日しっかりかけてモデルがいないから自分でああなったり、こうなったりしながら (容易に想像できるでしょう) 作成した。

今日も職員は真剣に、(そして、原屋の講座だから笑いも織り交ぜて)・・やっていた。

でもなにかいま一つ足りない・・結論からいうと準備のしすぎ。。 (なんていうか ・・7割ぐらいの準備で本番にのぞみ ・・後の3割はその場のパフォーマンスと 新たなひらめき・・というのが原屋のスタイルかな?)

ま、わけの解らないアセスメントはともかく、文字が基本的にまったくない 「絵でみる・・」 シリーズを、もうこの4倍ぐらい製作していく予定 ・・元は十分とれてます。

それ自体が、来年の4月に向けての準備だし、 そして 《ひとねっと》 のHPが、将来 「絵で見る・・」の原屋漫画で満開になる為の準備なのですから・・

それにしても、ひどく暑い中部屋の中で撮った写真・・原屋の足が写ってなにか寂しそう・・

(イプナの職員と笑顔の集合写真を!・・とシャッター押してもらったら、電池切れ・・今日はそんな日・・今夕方の7時40分 セルベサ(びーる)でも買いに行こっ・・と!)

| | コメント (0)

なんとなく「晴れ」の1日

Seibo2 片道2時間・・地下鉄や電車が15分ぐらいはいつでも止まる・・そのことを考えると、3時間まえには出発

すぐ近く・・高速道路下のセイボもようやく咲いた・・(カシャ)Tango 

地下鉄の車両のなかで4人の若者がタンゴを演奏してる・・200円もチップをやって・・(カシャ)Shakarita 

乗り換えのラクロッセの駅からむこうのほうが薄紫にもやっている・・・

アララ・・ハカランダが、なんてて見事なもんだがね・・(ちょっと10日ほど遅かったがね・・) (カシャ・カシャ)

考えてみりゃ・・ここはこの街1(エチ)番の 公園墓地 ・・チャカリータ があーとこだがね・・

《 ・・さてさて、目的の幼稚園では自閉症・・のつもりが斉藤公子氏のメソッドについて2時間ほど3人のスタッフにレクチャー・・来年4月から10ほど連続学習会・・という話に 》

えらい気分よーにして、帰りの電車で美人のお方に、「写真を1(エチ)枚」・・なんてて言いとこだったがね・・・  ・・乗り換えの駅で・・みぃちのコップのどれに玉がはいちょうか 当てたら金がもらえる賭け事をしちょうがね・・わしが2回も当てて、1万円をごさかとすーけん・・「のお・のお」てて言いて、あわてて逃げたがね・・

《 というのが昨日の様子です なんとなく晴れでした・・以上 》

| | コメント (0)

考えてもみたまえ ・セニョーラさんよ

Sarta (治安情報的会話)  6年前、ともに旅をした サルタ・フフイの地・・

スサーナ先生が勉強のためにと、ワインの記事の載った雑誌を・・そこに雨の災害でいけなかった、カファジャテの写真が・・

いずれにしても不毛の地がつづく ・・ 4000メートルの駅についた汽車に金ほしさに群がった、子供をふくめた人々は 汽車が動き出すと、目の前のはげ山を ケーキにむらがる蟻のように はいずりあがった。 

・・・ 30分後、汽車が終点についたとき・・さっきの連中が山を越えてまた汽車にむらがる・・・

胸がつまるような光景だったが、 子供のときはいい・・・しかし彼らが青年になった時、彼らに生業となりうる仕事があの地にあるのだろうか・・

むらがった子供たちのほとんどがブエノスへ流れ込む。Gomibako

さてこれは、アパートの前のゴミ箱・・・朝から晩までじつに様々な人間が 手をつっこんでいろんなものをあさる・・

セニョーラさんよ ・・ このゴミ箱をジーと見てると、あの汽車に群がった人々の姿が見えてこないか

あの、サルタの山々とこの箱は 「同義語」 なのだ・・・

(エッ!!あのとき高山病症状で3500メートルから先の出来事はなにも記憶にない・・だと ・・・) (チョット・たのんよ!)

| | コメント (0)

自閉症を学ぶ

Kabe5 今日はこれから、片道2時間のところへ出かけて自閉症の学習会です。

ネットで調べて、とてもいい資料がありました。「あたらしい自閉症の手引き」 というタイトルです。

とても冷静な資料で、皆様ものぞかれることをお勧めします。Kabe6 

時間が足りないので今日はこれで・・

いってきます

| | コメント (0)

ゴミだらけの国・・

Aruku ただいま・・と心でつぶやいて部屋に帰ると、まず手を洗います。

あの原屋が手を急いで洗いたくなるほどの汚れがあるのです。 

日本人には想像できない世界 、人々は手に持ったものをそのまま放してしまうのです。

ちょうど2歳児がつぎのおもちゃが欲しいとき、それまで手にしていたおもちゃを自然にを放してしまうように・・・

街中はゴミだらけ・・そして犬の糞だらけ・・・おまけにアパートは高速道路から60メートルしか離れていないから、そこからの粉塵も・・

でもでも・・なぜだかちっとも怒りがわいてこないのです。この国のゴミ問題はいたって単純なはなし・・・自分たちで汚して、自分たちが汚れる・・・・ 

いっぽう、わが日本といえば (アー・もう怒りがふつふつとしてきた) 自分たちは とっても綺麗 ・・ でも地球をあともどりできないほど汚す  

・・おまけにこのアルゼンチンあたりの空に穴を開け(オゾン層)、 ぶがわるいとみれば、税金できれいな空気の外国にお金を渡してチャラにする・・というパソコン打ってても震えが来るほどの汚さ・・

たしかにこの国は日本の100倍きたない・・・しかし日本はこの国の100倍不純だ!

 

| | コメント (0)

ロペス先生との出会い

ミシオネス・続き・Ono

市役所でインディオのことならロペス医師に・・と紹介してもらい、こじんまりした医院にむかう・・きけば古庄さんのアミーゴ(友人) 政府の要請で、日常的にインディオの集落に医者として入っている方。

ロペス氏によると、ミシオネスのインディオは86のグループで5000人ほど・・しかし、近年政府が入っていて、随分ようすがかわってきている。

しかし、となりのチャコ州は10倍の50000人もいるのに、なにも手がはいっていない。 どんどん人が死んでいっている・・ と。

来年、条件がととのえば、チャコへの同行をたのみこむ。 

一方、ミシオネスで気になっているブラジル国境近くの白人系(ブラジルからの難民)の障害児についてたずねると・・・「意図的に親が餓死させている」・・と言う話。

私の作ったスペイン語のパンフをみて、おおいに興味をしめしてくれたドクトル・ロペス ・・この亜熱帯の地で我がNGOが活動をするうえで、かかせない人物に是非なっていただきたい。

Niwatori 午後、ロペス氏の紹介状をもってインディオの集落をたずねる。

土色の川で当然のことながらはだかんぼうの子供たちがおよいでいる・・とてもあかるい感じののんびりした集落・・

人はあまり撮らないように・・とニワトリを写そうとしていたら、少女がこちらに向かってきた・・

もちろん、はだしで・・・

| | コメント (0)

もう帰ってきました。

Douro 2~3日の滞在・・とならず、1日でミシオネスから帰ってきました。

以前書いたように、写真のように、山のような丘のような土地が続く。 大地の赤い土が道路まで赤っぽくしています。

めざす町の市長の秘書と面談。 来年までに障害はあるがリハビリや学校に行っていない子供のリストを作ってくれることに。

そして、次はロペス医師との(ひょっとして運命の)出会い・・これは明日報告します。

たった1日の滞在・・でもこれくらいでちょうどいいのです。 最初から武勇伝満載では必ず先細りしますから。

それにしても、レテーロのバスターミナルはすごい(またその話ですか)。。1番から100番ぐらいまで出発口が先が見えなくなるまで、続いています。

ともかく、アテンドしていただいた、古庄さんに大感謝です。。。071116_070441  

| | コメント (0)

いざ・ミシオネスへ!

今日2本目のUPChevallier

すこし延びていたミシオネスへの出張が、急に今夜の夜行バスで・・ということになりました。

今、レティーロのバスターミナルへ行って、予約をとってきました。(ついでに写真も)

このバスセンターの大きさも とてつもない大きさですが、市内をはしるバス(コレクティーボ)のぽんこつぶりと違い、日本の夜行バスの2倍はあろうか・・という大きさ (名前もオムニブス)

なにしろ7年前、最初に乗ったとき、新幹線が路上を走ってると思えたほど堂々としたはしりなのです。 専門的にはわかりませんが、土台のシァーシ(というのかな?)が日本と違うかんじ・・

Viavariloche 話がミシオネスの仕事(調査)の話でなく、このオムニブスに乗れることではしゃいでいる?

そのとうりでございます。  下の写真のうしろの、ビアバリローチェに今夜8時に乗ります。

今度ばかしはブログが2~3日UPできないかもしれません。。。。と言いながら、明日現地からUPできたりして・・(むろん、パソコンかついでいくわけではないですが)

ではでは、いってきます・・

| | コメント (0)

「デシール」 の攻防

3日前・・明日はスサーナ大明神(いや、すさーな先生)の授業の日・・

まだ、覚えきっていない・・どうする・どうする・・

とにかく紙に向かう・・Decir (言う)の活用 ・・一人称が ディゴ ・・二人称が デシィス ・・3人称が ディセ ・・一人称(複数)が デシモォス ・・三人称(複数)が ディセン

くそ!!全然頭に入らない・・

いつもなら、気分転換だ! (まる暗記なんて名がすたる) ・・といくところ・・しかしそのままひたすら・・ディゴ ・ デシィス ・ ・ ・  「40分」 かけてとうとう頭に入った。 (そう、ただのまる暗記)

たった5パターンの活用を覚えるのに40分・・・すごい・・というよりある意味贅沢な話でもある。

しかし、その話ではなくそのあと、ほかの覚えきっていない動詞の活用が、すらすらいくではないか・・

翌日の授業も 「ムイ ビエーン」 (イイワヨ!) の連発・・

自分の中になにか、筋肉が一つ追加された・・。

Kabe4_2

| | コメント (0)

ひさしぶり・・治安情報

Keitai このほほえましい写真・・ママのケイタイを持たせてもらって、嬉しさ一杯の男の子・・

なにやら、思わせぶりな・・・何が治安情報なの・・

いま、この国もご他聞にもれず、ケイタイでフィーバーしています。6年まえ・・私の履いている靴に若者がするどい視線をあびせたものです。

私はただのスニーカー・・でも靴ほしさに足首から切断されそうな雰囲気も・・

それが今度は写真代わりに使ってるフォーマに熱い視線が。

時には若者がわざわざUターンして来て 「クソ!いいケイタイを使ってやがる・・スキあらば・・・」 ・・と言う状況です。

ですからはぼ毎日撮っているHOTも物陰でセットして前後左右を確認して・・シャッター押したら・・すぐ隠して・・といろいろ作法があるのです。

でも、その時間がどうゆうわけかホット一息みたいな、自分がリフレッシュできるひと時となっているのです。

というわけで、今日もドアを一枚

Kabe3

| | コメント (0)

これがハカランダの花です

Hakaranda1 ブエノスの一等地・・さん・まるてぃん広場あたりのハカランダです。 うす紫なので、写真では意外とらしさが出ない・・ (せにょーらさんが・・ 「アーココ・ココ!」 と言う声が聞こえそう)

日本の桜に代わる花。

帰りにアパートの近くに冴えない枝ぶりの木が ・・ なんか、このほうが色が出てる・・

Hakaranda2 ところで、もう一つ 花を紹介 ・・

といっても、つぼみ・・近くの高速道路の高架下にひっそりと・・ じつはこの花が、この国の 「国の花」 ・・で、セイボ といいます。

なんでも、猟虐された、インディオが流した涙の形だとか・・

明日は「こころぐ」のメンテナンスの日で、UPが難しいので、今日2本UPしておきます。  

(だれかいねー。。先月、チョットYAHOOさん しっかりしてごさん・・ ・・なんてて騒いだのは・・月がかわると 、こげに落ち着きはらって・・どげしたこと・・?) ・ ・ ということで明日はおやすみです。

Seibo

| | コメント (0)

カステジャーノ!

Yoparainoki_2 ふーーおわった・・ スサーナ先生のスペイン語のレッスンがさっき終わりました・・・

この一週間・・きつかったぁ・・(泣)

ところで、アルゼンチンでは、スペイン語・・というとあまりいい顔をしません。 自分たちは、カステジャーノを話している・・と。

スペインの中央部にカスティージョ(ジャ)地方があり・・自分たちはそこの言葉だ・・というのが自慢なのです。

まあ日本語・・でなく東京語を話せるんだ・・みたいな感じ。

で、 この木は 「 よっぱらいの木 」 説明するのが恥ずかしいくらいのそのまんま・・

そうそう、日本を出る前・・いまブエノスは紫の花がさいているはず・・と書きましたが・・ようやく今頃咲いてます。寒い春でうんと遅くなったようです。

今日の午後あたり写真とれそうです。

| | コメント (1)

アルゼンチンに四季はあるの?

日頃、いろいろな方からメールをいただいて有りがとうございます。ほんとうに励みになっています。

Corientes_2 そして、深まりつつある秋の様子も伝えていただいています。

そんな中、アルゼンチンに四季はあるの・・という質問が複数の方から・・・

結論からいって、四季は《あるような・・ないような》・・となります。 一応、春・・夏・・秋・・冬・・ はありますが(自称・・気象予士・としては舌足らずな説明ですが) 

しかし、人々の関心は、 今!・・ この後!・・ 天気がどうなるか・・ に注意をはらう毎日です。 真夏のような日の次の日は、真冬のような天気。 真夏のような午前が、晩秋のような午後に・・ 真冬の7月でも半そでの日も。

出雲地方の言葉 「 弁当忘れても、傘忘れるな 」 をかりれば「弁当忘れても、タンペーラ(上にはおるもの) 忘れるな 」 の毎日です。 

ですから、こうした空を見上げても・・(あー秋だなー)・・みたいな気分で見ようとするのは日本人ぐらいかもしれません。

(松江の○田さんより、ブログのHOTをダブルクリックすると、適正な大きさのHOTに一発でなりますよ・・との情報いただきました。みなさんにもおすそわけ・・)

では、出かけてきます・・ちょっと気乗りがしないまま・・こんなとき、メールでもくるとなーー (愚図愚図)

 

| | コメント (0)

のし袋をよろしく

Nosibukuro ずいぶん前に、のし袋に ケ・リンド!(すてき)  というブログをUPしましたが・・いまだにフィーバーしています。

いろんな人がぜひ買わせてほしい!!!の声多し・・自分で値段をつけるのもできないので、○○さんにたのみました。

日系人のなかでも、さすがに熨斗袋をつくる人はいなく 日本から誰か来て教えてくれないかしら・・の声も・・ (まさか倉敷の方をつれてくるわけにもいかないし・・ すみません・内輪のネタでした)

みなさん使用済みの熨斗袋・・原屋宅までおねがいします。 こちらでは第一級の美術品として取り扱われることとなりますので・・

さて、今日はここまで・・11時からと夕方5時からの2回・・例のNHKの脳ビデオの第2回目の学習会の日ですので。

| | コメント (0)

朝鳥が鳴きはじめた・・

Kabe2 今日はイプナと、M さん宅の訪問・・

イプナの方は打ち合せ・・と聞いていたが行ってみると、現場スタッフが8人ぐらい障害の青年(女性)を真ん中に部屋に集まっている・・

何をしたいのか・・と聞くとスタッフを全員集めたから教えてくれ・・みたいな話・モデルはこの前靴を放り投げた○○ちゃん・・・

急遽、「人間らしい手・ 人間らしい足!」をテーマに40分

皆さんが希望なら月に一回ぐらい・・と言うと・・「毎週でも来てくれ!」・・で・・2週間に1回の学習会・・ということになりました。 

でも彼らの雰囲気が、いかにも現場の人間だなーって感じで、どこかなつかしかった。

Kabe 一方、M さんは意外にも穏やかな状態でホットしました。 以前の彼女は、しょっちゅう転んで体中傷だらけでしたが、今日は傷は少しだけ。なんとリハビリにも通っているとのこと。(障害は最重度です)

70歳のママもすっかり白髪に・・そして パパは難病で入院中・・5年まえに訪問したとき、「昔、マルデルプラタの近くの、人が誰もこない海を探して、この子をうんと泳がせてやりました・・・」と目をほそめてなつかしそうに話されていたパパ。

海までは無理だが、日系人でプールを自宅にもっている方を知っているので、この夏、家族だけでつかわせてもらえないか頼んでみます・・と約束して帰りました。(実現させてあげたいなー)

( 障害の方の写真は あまり写さないことにしていますので、・・ 例によって壁 《また壁ー》 ・・ でも人が入っていないと、どこか寂しいもんだね )

と、・・これを明日の昼にUPする予定・・が、イプナでの学習会のやり方(20~30歳の障害のケアに生かせる学習内容は・・) などと考え始めたら寝付けなくなって・・もう鳥が鳴きはじめて朝の5時・・ウーーーン・・もうUPします。 

(今日の夕方、ダンスサークルだけど大丈夫かいな。)

| | コメント (0)

ようやく紹介できます

ブエノスの地下鉄・・ A(ア-)線がようやく紹介できます。

なにしろ木造なのです・・

へたに寄りかかっていたりすると、ギシギシしたひょうしに挟まれたり・・でも、なんとも捨てがたい雰囲気があるのです。

もう一つの写真は・・ C(セー)線・・

日本の払い下げでしょう・・「禁煙」・の文字が・・

これからまだ何十年も使われていくでしょう・・

(写真が、ちょっと、どこへ行ったかいなー?)

(今週はいろいろあって、手抜きはしないつもりですが、文字数が少しスリムなのです

TikatetuKinen_2

| | コメント (0)

手作りの国

Gakkiya ブエノスの観光地・・サンテルモにほど近い場所にFANAの事務所があり、(FANAの説明は省略させてください)・・週1回ぐらい、ITから資料をプリントアウトしたり、スキャナーを使わせてもらったりしている。

Syokunin ちかごろ、あまりの日差しの強さに大通りを避け裏通りを最近歩いていて、この店が気になっていた・・

昨日、中を覗いてみると「弦楽器の修理屋さん」 こりゃ入るしかないでしょ!

奥の工房でまさに教科書どうりに職人(マエストロ)がせいをだしていた。

Gakki

この国は、靴の直し屋があったり、 服の直し屋があったり・・ と修理して使い続ける・・文化が残っている。

手前の太った方が2階の薄暗い部屋も案内してくれた。(写真・・大きくして見て上げてください。)

マエストロ・・グラシアス!

| | コメント (1)

トロピカルなアビタシオン(部屋)

Apaato いろいろお騒がせな屋上の部屋・・壁がトロピカルからか、中までトロピカル・・

雨漏りはもう慣れてきた・・(大家さんは業者をもう2~3度呼んで応急処置をするがまだ直らない・・)

こんどは、猛烈な暑さ・・ちょうど写真にクーラーらしき物が写っているが、コード自体が切れたまま・・

今、午後の一時半・・部屋の中で帽子をかぶってUP中・・さすがトロピカル・・という感じ・・

それにしてもスペイン語のスサーナ先生・・3課までを完全にマスターしないと先に進ませない気配・・

フングラ(ジャングル)に突入中は、わかるが・・ダ ズ ゲ デ ーーーー!!

| | コメント (0)

街角の楽しみ

Doa2 テクテク・・テクテク・・毎日なんだかんだとよく歩く、 そのブエノスの街の楽しみが、壁面のアートやらくがきに加え、 「ドアー」 です・・・まあ、ごらんあれ・・

パターンは同じなんですが、一つとして同じものはなく、みんな手作りなのです。

なぜこんなに大きく高いか・・・について民俗ガクッ者(なにしろよくガクッ・・となる)の原屋氏の考えは・・馬に乗ったまま入る大きさ・・と見ました。

Doa_2 そんな講釈よりほんとは美人をみるのに忙しいんでしょ・・  ハイハイたしかにビジュアル的には、日本の50倍もマネキン顔です。 

そしてたまに目が合うとアクビをよくされます。 ほんとに・・!  そしてシンシンとしたわびしさが身を包みます・・・

ということ^~^~^~^~♬  

| | コメント (0)

ちょと、なかなかのもんだねー

Uvanokabe2 ゆうべ夜中の12時すぎてからITで中島みゆきの歌なんかにはまってめちゃくちゃ寝不足・・

来週いくところの下見。 ひとつ手前の駅で降りてしまって、片道3キロのテクテク・・・ でも

とちゅう、こんな壁面が・・ 大学の裏通り・・ Uvanokabe 

この国のデザインや描画の力はなかなかのもの・・ (もちろん平面でなくコンクリの半立体です)

| | コメント (0)

すずかけの木

この木は鈴掛の木です。  といっても皆さんあまりなじみがないと思いますが・・

日本だとこれから冬になると、葉っぱが落ちて・・文字どうり鈴を2~3個ぶらさげたような、かわいい姿がみられます。  松江南校のグラウンドと県道の間にそこそこりっぱな木が見られますので1度足を運んでみてほしいです。

Suzukake2 ブエノスの街路樹の半分以上はすずかけ・・いま鈴のような玉が散って歩道にまでつもっています。 でも、そのことよりもこれで樹齢が30年程度・・というのが今日の主題。

特別に肥沃な土地と、特別に強い日差しと、そして以外に多い雨とで植物の成長は日本の5倍くらい(かな)

ですから樹齢80年くらいだと、おとなが4~5人いるほどの幹になります。 高校あたりの地理でアルゼンチンの草原地帯をパンパ・・と習うのですが・・・・・・・・・

途中ですがやめます。地理おたくの原屋さんのアドレナリンが興奮しかけています。・・こういうネタは止まらなくなるのです。

(マ とにかく えっかい みなみこーとこへ えってみて! ほんね かわいげなよ )  ではまた、明日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kitineruセニョーラ(妻)がこのネタを待っていると思うので、簡単に報告します。

セニョーラがひいきにしているキチネルが左・・そして笑顔で右手を挙げているのが、新しく・そして初の女性大統領となった、クリスチーナ・・

彼女はキチネル氏の奥さんなのです。 そしてこの国の決まりで・・大統領は2期まで・・ま、そうゆうことです。

最近にしてはめずらしく人気のあったキチネル。 ですからどこか信任投票みたいな感じもあって盛り上がりもいまひとつ・・

だだセニョーラがキチネルはラジカル(左派系)・・と思ってたふしがあるけど、スペイン語のスサーナ先生によると、彼も奥さんも、こてこてのペロニスタ(20年前の大統領)の過激な運動家だったとか。

彼が民族主義者のため、アメリカ・・とくにブッシュに対抗的なところが、ラジカルにみえた・・ということかな・・

さて、3日前あたりに・・Yahooのバカ!!・・みたいにしかも出雲弁で、大声をだしていたのは誰かいねー

早速、わかるとできる松江城北校の室長より、たしなめのメールが入りました。  (こころぐ)がメンテナンス中だっただけのことで、Yahooにはまったく関係がないこと・・

ちょうど原屋さんの松江の自宅が電話の工事中でかからない・・それをNTTに電話して・・NTTのばか!・・みたいな話になるので・・原屋さんのお手つきですよ・・だと

おべましたがねーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フングラ(じゃんぐる)に突入中!!

スペイン語でフングラとはジャングルのこと・・今私のスペイン語はまさにそれ。

Supeingo この奇妙な写真・・なんだか立体絵本のような・・ (えんや・・はらやさんのことだけん・・かねをうかせーために・・ふんどしでもつくらとされちょりゃへん・・) ゴホン!

斉藤公子氏のメソッド風に言えば「原始生命にヒレが誕生した」ような・・ ・・(私の手作りの学習グッズです)

2週間前あたりは 発音 ・・カフェバルで、店員がコップをカラン・・とぶつけても・・今のはLではなくだった・・と瞬間思ってしまうほど、1日何時間もRの発音の繰り返し・・

でもそのころが懐かしい・・今はスペイン語の魔界・・「文法」・・この青木が原を無事に出れるだろうか・・

気がついたら授業も週2回に・・今日も先ほど終わったばかり・・みかねた先生が「少しペースダウンしましょう・・」 とドクターストップがかかりました。 (まー、そげでも せにゃー よーね みみから血がでーやながね・・) 以上 終わり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はひまわり幼稚園にいってきました

Himawari_2 ブエノスから1時間・・ずいぶん田舎だけど、ずてきな環境でした。

Urasaki_2 17人のこの国の子供たちの「シュタイナー幼稚園」 ・ ・園長の浦崎さん。(顔が入りませんで、すみません)Kutu 

ステキだった毛糸のくつ(もちろん手作り)

庭の杉の木・・登りたかったけど・・・シュタイナー教育で、木登りなんかしていいのか迷ったので、黙っていました。

斉藤公子氏の保育空間を見て、シュタイナーとそっくり・・・と言う人がよくいます。 今日のところは「確かに空間はとてもにてる」・・までの記述にします

ここでなにかして!・・・と写真のようなにこやかな顔でいわれるので・・12月に 「原屋さんと遊ぶ」 というイベントをすることになりました。

(写真と文が変かな・・)Ki 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »