山岳の縦走・・(2019/12/01)

   ブログのソフトの調整がいまだ~@;:でして、なんとか新年には写真でも貼付けたいものです。
⛄ さて先日、最寄りの公民館の高齢者向けのウオーキング企画に夫婦で参加しました。 こんなことはまったく始めてです。 場所の説明は割愛するとして、落ち葉が重なった山岳の道を(ほぼ平坦か下り坂)1時間ほど歩きました。 これはアリです。↑ 🎶 家に帰ってからも身体がホカホカする・・もちろん落ち葉の上を歩いたことによるものでしょうが、もう一つ・・生科学の学徒としては、600メートルの山と平地の気圧の差が血液の流れにいい効果をもたらしたのでは・・と思考しました。 近いうちにまた体験したいものです。

💦 テレビで(エート・・チコチャンに叱られる・・とかの番組で)子どもは何故肩がこらないか?・・というテーマで、子どもは「無駄な動きが多いから・・」とのこと。 苦笑してしまいました。。 この爺めはなんと「無駄な動きが多い」ことか。 100歳までこの調子で「躍りながら歩く」ことにしましょう。  以上です。 👓👓




| | コメント (1280)

ブログ、月一回へ。。(2019/11/14)

・・今、このブログの読者の方も全国で〇人程度かと思います。 以前のソフトが使えなくなり、以前のアドレスも変更しており・・以前の・・以前の・・。 そしてここへきて、拙著「絵で見る斎藤公子のリズムあそび」を無謀にも無謀にも無謀にも・・翻訳を自分でする・・という境遇と相成りました。
脳が腫れている状況がこれから1~2年続くかと思われます。 読者の皆さんにはご迷惑をおかけしますが、当面・・月に一回のブログのアップとさせてくださいませ。(月の始めに・・)
●●・・脳の腫れ具合をちょっとのぞいてくださいませませ。。昨日、今日の取り組みを添付してみます。
12頁・準確定 ■■ ①  赤ちゃんの背骨のゆらし (英訳 Swaying the spine of the baby  ( コメント・・① 揺らすは他にshakeswingもあるが、ここではswayを選択している。 ただswayは自動詞。 この頁の援助では他動的に「ゆらしてやる」場面だが、他の場所では自分で「ゆらす」場面もあり、「 ing 」 を加えて名詞的な用語として選択している。 

■■  ( 金魚運動 ) (英訳 Goldfish movement  

■■ ③ オヘソのすこし下あたりを、片手を大きくひらいてあなたの肩や腕の力を完全にぬいて、ごく自然な感じでゆらします。 → ここも2つの文に分割してみた⇒ 

《A》そしてヘソよりほんの少し下あたりに手を置きます。(英訳

And, put your hand slightly below the navel.  コメント・・① slightlyの前littleを入れなくても意味は通じると判断している。  ) 

《B》 同時に、肩と腕の緊張を完全にゼロにします。(英訳  At the same time, the tension of the shoulder and arm is completely zero.   コメント・・ At the sameはandやnextを排して選択している。  shoulders and armsと複数形にする必要は無いと考える。   ofはonを排して選択している。  pull outでは「抜く」などの意味で間違いではないが、まわりくどくなるので、10歳の読者・・ということで、ここではあえて単純にzeroとしている。   

■■ ④ 首が十分にすわりきっていない時は、バスタオルを巻いたものなどを脇の下にいれます。⇒ 首がすわる」という言い方は日本的表現と考え、次の文にしてみた。⇒〔 首がグラグラしない程度に育った時は、バスタオルを巻いたものなどを脇の下にいれます。 〕 (英訳→) When the child's neck grows to the extent that it doesn't sway, put a rolled bath towel under the armpit.  ( コメント・・ ① 日本文では「バスタオルを巻いたものなど・・」としているが、実際はバスタオルのみを推奨しているので、英文ではsomething「・・ものなど・・」という語は採用していない。  ② 冒頭に〔下向きの場合〕などの言葉を入れるか迷ったが、いわゆる・・・
◉◉・・まあこんな具合です。 実際の画面はもっとカラフルですが。 でも中学1年の少年が親の仕事を突然継ぐはめになった・・みたいな状況です。

 

| | コメント (2154)

「終」学旅行・・(2019/11月/1日)

 某大学のゼミの同窓の「友がら」・・が年一回の旅行会をしていて「ブンちゃん」が参加しないのは・・うんぬん・・と。 とうとう今回初参加しました。 東京から九州・・・飛行機の割引のある都会と違い、彼らの3倍もの旅費を使い・・。 今回は南九州の人吉と球磨川。 人吉については高校生の時からの~でしたので、次回あたり別途書きます。
◉◉ 球磨川の球磨村に一個下の同窓のT氏の古里案内。 身に染みました。 圧倒的な自然のなかで、そのわずかな隙間にヒトが。 
   【 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%90%83%E7%A3%A8%E5%B7%9D  】・・貼付けてみました。
 まあ例えが不謹慎ですが、子どものころ衣服の縫い目のわずかな隙間に潜む【 蚤(のみ)】を兄弟で取り合ったものですが、そんな印象を。。
もちろん私にはストライクそのものでした。 T氏のガッチリした肩幅に【これは?】と聞くと・・子どもの頃、炭俵を背負っていたので・・と。 ますます良いぞ!!
 漢ジイ・・は今回お休みです。


 

 

| | コメント (3142)

台風お見舞い申しあげます。・・(2019.10月15日)

 漢ジイ・・遠江を《とうとうみ》と読む・・なるほど。で地理屋としては遠州かと。 しかしそれで終わらずネットを探ると・・大井川から浜名湖あたりが遠州とのこと。 なるほど・・。 そして語源は古くは、浜名湖を《遠淡海=とおつあわうみ》と言い、琵琶湖を《近淡海=ちかつあわうみ》と呼んだところからきていると。 なんかいい話だ。 @ 閂は(かんぬき)と読む。貫の木(かんのき)が語源とのこと。 まあ素直にそのままの話だけど・・。
 台風・・お見舞い申しあげます。 地理屋としては言いたいこともありますが遠慮します。 さて、筋肉バイトと 図書館がよいと  ~と *+と・・これらがほとんど1キロ圏内で収まる感じです。 ふと・・「北大(北海道大学)」のキャンパスの半分程度だろう・・と、ネットで調べると、やはりそんな感じでした。 結局北大のキャンパスのなかをウロウロしている・・という中高年にふさわしい動線です。 もっとも北大の管理する土地は演習林や海外の土地や、はては皇居の中の土地までで日本全土の500分の(いち)・・ぐらいとのこと。 
 ところで実は・・東京の●●大学のゼミ仲間から同窓会旅行を強く誘われ・・今月末・・卒業後50年近く経っての初参加の予定です。 正直どんな顔して参加すればいいのじゃろうか??

 

| | コメント (2726)

肌年齢・・(2019・10月1日)

◉ 市の(保健推進なにやら)の研修が3回あって真面目に受講しました。 あまり座学に重きをおかず、飽きさせない運営でした。その中で『肌年齢』を計るコーナーがあって、ジイも計測しました。 おそらく10歳ぐらい若く出ると思っていましたが、結果はホボホボそんな数値でした。 ホラネ!!💨 ✨ 理由はヨガダンス(9割がストレッチ)やボイストレーニング(9割がストレッチ)もですが、やはり《ぬいぐるみを着て街を歩きまわる筋肉バイト(公称そういうことにしていますので)》のお陰と思います。Nec_0020



 

◉ 漢ジイ・・家の掃除も週一回のノルマ。『はたき』も少し使います。 で『はたき』の漢字を調べると『叩き』とのこと。 何かの間違いのようだがこの字だそうです。 鰹の『たたき』も『叩き』と同じ字です。 @テレビで教養人のタレントが新盆(にいぼん)を『しんぼん』と読んでいました。 「そんなバナナ」とやり過ごせないのが今の境地。 気になって調べると『しんぼん』とか『あらぼん』と読み俳句の季語などに使うとか。   ・・写真とコメントの正常化・・来月あたり業者さんにお願いしてみます。

| | コメント (2461)

「月」・・(2019年9月15日)

● 50年前に人類が月に到達した瞬間から月は「ツキ」に見放され、本気の科学者が目指す天体ではなくなりました。 「アレ! 夕べの仲秋の名月見損なった」と奥方が2~3日前につぶやかれ・・@:;^。、と思わされました。 で月の後は火星です。 何故かの理由はまたいずれ・・。
●● 漢ジイ・・「気持ちが逸る」というネットの文字を見て・・はて何と読む??・・と調べるに「はやる」と読むとのこと。 語源(その漢字を書いて、成り立ち)と入力すると成り立ちをわかりやすく解説してくれます。 右側の兔が十字路ではねる・・というのが語源とのこと。 逸材とか秀逸も(飛びぬけている)様を内包しているようです。
●●● 世界おもろ音楽芸能祭・・今日はスペイン語の表示ですから~あたりでしょうか。 ともかくラテンの気分満載。 最初画像がいまいちなので1分すぎぐらいからをお勧めします。https://www.youtube.com/watch?v=4-Eq-gA4iU4
@@コメント回復・・と書きましたが、嵐の攻撃を受けているようで10000件以上のどこの国か解らない文字が入っています。 近いうちに業者さんに・・。なのでコメント・・少し待機してくださいませ

 

| | コメント (2998)

出川英語・・(2019。9月1日)

 スマホデビュー・・なんてまったく書きたくないですが、【ガラケーはあと5年で使えなくなります】【ガラケーの方がスマホより高くつきます】・・などと業者に脅されて数日前にスマホにしました。 まだまだ、まだまだおっかなびっくりです。 が翻訳?らしきことに挑戦中のジイにとって【音声認識(翻訳)】はアリかも・・とゴソゴソしてみますがスマホが認識してくれません。 とんでもない日本語や「認識出来ません」の表示ばかり続きます。。クソッ💢 そんなに滑舌悪いかなぁ。。 でもこれを5年も続ければ【ネイティヴ】の発音になっていたりして。。
●● 漢ジイ・・です。@ 斉一説(せいいつせつ)と読み、【さいいつせつ】とは読みません。科学の分野の言葉でして本日は説明を省きます。 @暇(いとま・ひま)・暇乞い @痣(あざ)やまいだれに志を書くのですか?
●●● 毎月、月末近くに元劇団四季の先生から【ヴォイストレーニング】(数名で月いちですが)を受けていますが、80%が筋トレとストレッチですので、翌日(今日)はグッタリです。 写真やユーチューブも今日はご勘弁を。 
●●●● ところで一年以上【コメント】が出来ない状態でしたが、先日業者さんに再・再・再・再度 診てもらって恐らくコメントが入るかと思いますので、慈悲深いお方がありましたらトライしてみてくださいませ。 早々・・🎧

早々。
 

| | コメント (2146)

二分の一の回復か?(2019。8月15日)

 新しいハラヤハウス(施主は奥さん)の初めての夏は天井から熱波が。 私だけは室内で帽子をかぶる時もあります。坊主だからなのでしょうか。 かといって不満ということは無いのです。 これからの地球・・温暖化・・というおんぼら(あれ?方言? のんびり・・)とした言葉が懐かしくなるほどの《 熱球 》になって行く趨勢にあるからです。 「科顎?者」然とした能書きは置くとして拙著・・「絵で見る斎藤公子のリズムあそび」の英語版に向かっての日々が少ーし軌道に乗ってきた感ありです。 もちろん出口は90%未定ですが。。。
 その昔、他の同級生が文学書を読みふける時、私だけは上の兄弟の世界地図などを真っさらな紙(厳密に言うと、60年前の山奥の農家=同じ屋根の下に牛と人間が一緒に暮らす環境にそういうものは絶対に無いのですが、何かの紙の裏・・という意味です)にひたすら写す・・という日々が良かったのか(もちろんあまり良く無いのですが・・)いまさら自分を過去に戻すわけにもいきませんし。・・ただどういう心境か、中間テストなどの前の晩になりと柄にもない文学書を何時間も読んだり・・あれなんですかね。 で、いま英語・・・のはずが前回のブログで10年は漢爺ノートは止めます・・と言ったはずなのになんとなく漢字に目が行ったり・・で、@ 漢爺ノートです。 (わくらば)・・病葉・・ですね。 でもそこで辞書らしきものに当たると《 邂逅 》という漢字も(わくらば)と読むとのこと。 解説にはとんでもなく難しい中国の歴史の一端が披瀝されていましたが、読みこなすことは止めました。 邂逅・・は普通(かいこう)と読み・・思いかかけず出会う・・という使い方をするわけですが?? @ 労(ねぎら)う @真っ新(まっさら)・・新は(さら)ですね。
@@ユーチューブはお休みにして写真(2割がた回復か)にトライしてみます。???あれ!4日前に業者さんに特訓してもらったはずなのに・・。??あれ・・。写真はやめてYouTubeにします。 張り付けば・・この間の「世界おもろ音楽と踊りのフェス」・・から今回は離れ【 フランスの『 エディト・ピアフ』さんです】47で亡くなられたとか・・その数か月前あたりの映像と思われます。 彼女になろうとして越路吹雪はちょうどパリにいた時亡くなられたとか。 もっとも爺はピアフを『ピラフ?』と発音していたかもしれませんが。・・【 https://www.youtube.com/watch?v=0F1Vbwt60qk 】 はたして・・。
 

| | コメント (1993)

テスト・・回復へ向かって

https://youtu.be/0F1Vbwt60qk

ながらくお待たせしました。 もう少しで回復かと思います。

◎ 写真はどうかな?  Nec_0180 うーーん まだかなぁNec_0179

| | コメント (1883)

無題・・(2019.8月1日)

● 今回も・・いつの間にか・・2週間もたっていました。 何が頭をぼんやりさせているか。 それは・・翻訳作業・・と言えるようなレベルではありませんが、、。 例えば This desk is big. なのか This desk is large. なのか。 この判別に何日もかかるような日々です。なので漢爺ノートのメモも一字もありませんの漢爺ノート・・半年から数年の休憩に入ります。 とにかく脳内が腫れたような・・熱中症の症状のような日々が続いています。 漢字につづいてこのブログも月2回(一日と十五日)にさせてください。 
●● 今日8月3日は松江は湖上花火大会で一万発が上がります。 近年では家族も気付いてると思うのですが、この日は私にとって毎年ひどく憂鬱な日なのです。 子どもの頃、母の里の花火は3発ほどでした。 それも年によっては2発で終わることもありました。 よく分かりませんが、2発でもう筒が壊れたのでしょうか。 誰かが(きっと~~~したんだわ)と小声で発語して、もう誰も明日からの秋へのことを考えている風でした。 私にとって花火とは寂しいもの・・という刷り込みが子どもの頃しっかりと植え付けられたのでしょうか。 だから1万発はわたしには拷問なのです。はっかきり言って嫌です。ほんと言うと逃げたいです。
●●● さて怪しい写真の貼り付けは無しにして今回もYouTubeの紹介です。 今回のはとりわけ痛快です。 ブラジルのポルト・アレグロという港町かと思います。 ブエノスアイレスの人にとって日本人の釜山とかウラジオストックとかの感じです。では。
【 https://www.youtube.com/watch?v=LRS2yIatxGk  】・・私が目指す最後の芸風もこうありたいものです。

| | コメント (1704)

«いつの間にか・・(2019年7月21日)